FC2ブログ
2021_01
24
(Sun)16:00

「明智光秀の足跡をたどる」第2回 比叡山と西教寺




NHK 大河 ドラマ「 麒麟 が くる 」も

終盤を迎えてきました。

初めは同じ方向を向いていた信長と光秀

これから二人のの考え方の相違が

次々と出てきて、

本能寺の変へと向かっていくのでしょうね。



***


投稿が遅くなってしまいましたが、

今回は、昨年の11月に行った

「明智光秀の足跡をたどる」第2回です。




NHKの「麒麟がくる」が始まって間もなく

5回シリーズの

光秀の足跡をたどるバスツアーの募集がありました。

早速、5回一括で申し込んだのですが・・・



第1回と2回は、新型コロナウィルスの影響で延期。

9月になって、やっと第3回から始まったのですが、

その時は、もう「本能寺の変」でした。

そして、第4回は安土城跡で、

最終回の5回目は、天王山のハイキング。

光秀の最後のお話でした。



今回の講師のお話は、初めの方に戻って、

信長の比叡山焼き討ちのお話から始まりました。







比叡山延暦寺




延暦寺を開かれた最澄上人の教えで、

この世の全ての人びとが

安泰(平和)で幸せであるようお祈りをされ、

「一隅を照らす、これ即ち国宝なり」

という教えをお示しになりました。








大講堂








根本中堂は修復中








根本中堂の中に、修学ステージがあってので

修復の様子を見学。








根本中堂の屋根の高さまで登って

その様子を見ることができます。

今だけの特権!








鐘楼

梵鐘は、「開運の鐘」と呼ばれています。




比叡山麓の大津市坂本へ・・・・











昼食会場の芙蓉園本館へ入る時

ちょっと気になった洞穴








夫と二人の席でもソーシャルディスタンス








比叡湯葉御膳

はい♪美味しゅうございました(*^^)v












昼食後は、

比叡山から流れる川水を引き入れた

池泉回遊式庭園を散策。

食事をした人だけの特権です。







富士山を模った築山に掘られた洞穴。

江戸初期に作られたもので、

飢饉を救うために多くの飢人を雇って築いたそうです。








洞窟の中は通り抜けられます。












昼食後の自由時間に旧竹林院

延暦寺の僧侶の隠居所である里坊のひとつです。








母屋1階の客間








客間から見えるお庭








母屋2階の客間

お庭に出てみました。








これも蹲踞(つくばい)でしょうか。

土瓶が面白いので、思わずパチリ!








露地門から入っていきます♪








向こうに、先ほど見学した母屋が見えます。








小間「天の川席」と呼ばれる

入口母屋造りカヤ葺きの茶室








大宮川の清流

園内をかけめぐっています。










光秀が眠る西教寺




総門

坂本城の移築門といわれています。

坂本城は秀吉に焼かれてしまったので

光秀が生前に寄進していたこの門だけが

唯一残っているのです。








訪れたのは晩秋。

少し色あせた紅葉のトンネルが素敵でした。








石段を登っていくと・・・








唐門

ここから見る琵琶湖の風景は素晴らしいのです。

(逆光だったのが残念!)








光秀と一族の墓








その向かって左側には

妻・煕子のお墓がひっそりと建っています。

光秀は、煕子のお葬式に参列したそうですが、

夫が妻の葬儀参列するのは、

当時としては異例のことだったそうです。








本堂








本堂の中を見学することが出来ました。








手水鉢の中にキラキラするののが・・・








なんと、ビー玉がいっぱい!








書院庭園








裏書院庭園








大本坊庭園(枯山水平庭)








けやき坂

織田信長の焼き討ちで全消失した

西教寺ですが、

唯一当時から残っているものだそうです。










坂本城跡




比叡山焼き討ちの際の褒章としての坂本城

本丸跡は、キーエンス社の保養所の沖にあり

湖底(矢印のところ)に石垣が沈んでいるので、

普段は見られません。








坂本城から見た琵琶湖

ここは、琵琶湖の重要な起点でした。

「麒麟がくる」では

光秀と煕子が天守の上から琵琶湖を見ているシーンが

何度か見られました。








明智塚

坂本城跡の近くにあります。








坂本城址公園








ちょっと可愛い光秀像



第1回のバスツアーは、

今月初めの予定だったのですが、

コロナの影響で中止になってしまい、

とても残念なのですが

光秀ゆかりの地を、いろいろと巡ってきて

彼の思いを直に感じられたような気がします。



これからの「麒麟がくる」では

本能寺の変に至るまでの光秀の心の動きが

どんな風に描かれていくのか楽しみです。






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。



スポンサーサイト



2020_12
06
(Sun)17:30

宮古島2泊3日の旅



先月の16日から2泊3日で

沖縄の宮古島に行ってきました。

今回も、神戸空港発のスカイマーク。

10:40発で、13:20には

10月末に開校した宮古市の下地島空港に到着!

LCCだけど、コーヒーのサービスがあり、

快適な乗り心地でした。



待っていた観光バスに乗り、

最初に通り池の観光に向かいました。












佐和田の浜

(車窓から)

江戸時代中期の大津波で、無数の大岩が打ち上げられました。

この辺りに、こうのとりが丹後から飛来して

住みついているのだそうです。

「日本の渚百選」にも選定されています。












通り池

別々に存在するふたつの池が底で海と繋がっています。

神秘的なスポットとして

ダイバーの人気スポット。








海に向かって左側の通り池

この日は、生憎の曇り空でしたが、

お天気がいいと、

水の色が素晴らしいとの事です。








右側の通り池












渡口の浜

伊良部島を代表する海水浴場












牧山展望台

伊良部島に渡ってくる鳥のサシバをかたどった

真っ白な展望台。

島の最も高いところにあります。








オオゴマダラ

大きな蝶です。

日本に生息するチョウの中でも

最大級と言われているそうです。













牧山展望台から見た来間大橋

宮古島と来間島を繋ぐ大橋

浅瀬に架かる橋なので、

運が良ければウミガメが見られます。








対岸に見える私たちが泊まった

宮古島東急ホテル&リゾーツ

展望台からズームで・・・








ねむの木の種かしら?

アチコチでよく見かけました。












ホテルに到着!

窓からの風景です♪





***** 2日目 *****




翌朝、ホテルのプライベートビーチを散策。

向こうに来間大橋が見えます。








ホテルの窓から見たお庭












「シースカイ博愛」半潜水水中観光船に乗って

海中のお魚たちに会いに行きます♪

後ろは、シギラリゾートとドイツ村








今まで沖縄でお魚を見たときは、

船の底を覗いていました。








でも今回は、窓を見るので、

動く水族館の様で楽しかったです♪

タダ、私が座ったのと反対側の窓の方が

カラフルな魚がたくさん見られたので、

ちょっと残念だったかな(涙)












「ユートピア博愛」

ハイビスカスやブーゲンビリアを見学。








バナナも成っています♪












砂山ビーチ

砂山を登って見えてきた景色。

ちょっと歩きにくそうだけど、

頑張って波打ち際まで行ってみます。








青い海と白い砂に思わず疲れも忘れるほど

美しい景色が見えてきました。

頑張って降りてきてよかったです(^^)v



11月中旬なのですが、

暑い日だったので海に入っている人が!!!








波の浸食によって出来たアーチ状の岩

白い砂浜に魅力的な造形美を与えています。

この日は、夏のように暑い日だったので、

日陰で一休み♪












伊良部大橋から見える海の色

素晴らしいです~~~☆彡








伊良部大橋

宮古島市の宮古島と伊良部島とを結ぶ橋で

2015年(平成27年)に開通

通行料が無料の橋では日本一長い。












ホテルのお部屋から見た夕日







2日目の夕食

三線と歌の生演奏がありました。

1日目は、ビュッフェ形式だったので画像はなし。





***** 3日目 *****




イムギャーマリンガーデン

入り江を利用した遊歩道が整備されています。








丘の上の展望台から見た

美しいサンゴ礁の海








入江で遊んでいる人もいます♪








2日目はお天気が良かったので

水の色が最高!!!












東平安名埼








東シナ海と太平洋が合流








美女マムヤの墓


宮古島にいたと言われている絶世の美女『マムヤ』。マムヤは東平安名崎近くの保良村に住んでおり、美しい美貌だけでなく宮古上布で有名な機織りも素晴らしく上手で、体からはニフニリの香りがしたとのこと。多くの役人が求婚に来ていましたが、マムヤはすべてを断っていました。それでも土地の妻子持ちのお偉方に見初められたため、結婚せざるを得なくなりました。しかし最終的に捨てられてしまい、自ら断崖絶壁の海に身を投げてしまったという悲しい伝説のあるお墓になります。










駐車場から

灯台へ行く途中に

ススキの群生地があったので、

思わずパチリ!












佐和田の浜

空港に着いて、

1番最初に車窓から見た風景ですが、

最後の昼食会場は、その前にありました。







昼食後、ゆっくりと散策。

矢印の先に見える飛行機は、

10月末に開港した下地島空港

私たちは、ここから離発着しました。



そして、14:10発のスカイマークで

神戸空港へと向かいました。



お天気に恵まれた4日間。

海の景色を思いっきり楽しんできました(^^)v








にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。


2020_12
01
(Tue)14:30

「明智光秀の足跡をたどる」第5回 天王山ハイキング




ハウステンボスから帰宅して

翌々日の7日に、

今年の春に申し込んでいた

「明智光秀の足跡をたどるツアー」の

5回目(最終回)で、山崎の方へ行ってきました。








最初に訪れたのは

公園として整備された勝龍寺城跡








明智光秀の娘玉(細川ガラシャ)の

お輿入れのお城
です。








中では、勝龍寺城で新婚時代を過ごした、

玉(細川ガラシャ)と細川忠興の

二人にゆかりの品々の写真パネルと共に、

玉の生涯を紹介していました。








忠興と玉の像

結婚した時は、二人とも16歳。

とても仲が良く、幸せに暮らしていたそうです。








綺麗に手入れされたお庭を散策。








木々が色づき始めています♪








石垣などに転用された石造物

石材不足を補うため、

また、お城を守るためとも言われています。








本能寺の変の後、「山崎合戦」に敗れた光秀は、

この城に逃げ込み、最期の夜を過ごし、

ここから退出していきました。

そして妻子がいる近江の坂本城へと向かうのですが、

途中、竹やぶの中で落ち武者狩りに会い、

竹槍に刺されて重傷を負い、その場で自刃して果てました(涙)



光秀は、忠興に援軍を頼みましたが、

信長を尊敬していた秀興は、

それを断ったそうです。







玉は、父を見捨てたという自責の念に悩み、

信仰への道に進んだといわれています。








紅葉がとても綺麗!

知らない間に秋がやって来たのですね。








今回の昼食は、珍しくお弁当でしたが、

これが、意外にも美味しかったです。



昼食後、山崎へと向かいます。








妙喜庵(みょうきあん)

この庵には、国宝の茶室「待庵(たいあん)」があります。

待庵は、日本最古の茶室建造物であると同時に、

千利休が作ったと信じうる唯一の現存している茶室だそうです。

(阪急 山崎駅前にあります・・・車窓からの写真)








いよいよ天王山トレッキング(秀吉の道)の開始です。

秀吉と光秀による山崎の戦いで知られる天王山。

神戸から京都へ行くときは、

何時も天王山トンネルを潜りますが、

山に登るのは初めてです。



舞台となった天王山は、

気軽に登ることができる標高約270メートルの山

と言うことだったのですが・・・








最初から階段が続きます(滝汗)







宝積寺(ほうしゃくじ)

天王山が山崎の戦いの舞台となった時、

宝積寺に 秀吉の本陣が置かれました。








三重塔(重要文化財)








秀吉 出世石








寺額には大きく「天王山」と書かれています。








マタマタ上り階段が延々と続きます。








青木葉谷展望台

見晴らしのいい展望台に到着!

ちょと一休み^^








「秀吉の道」陶板画

ハイキングコースの6ヶ所に設置された陶板画は

秀吉の天下取りの物語を解説しています。








山崎の合戦

光秀は、諸武将に援軍を頼みましたが、

彼らは、本能寺の変の後に信長の遺体が見つからなかったので、

信長は未だ何処かで生きているかもしれないと思い、

みんな、信長を恐れて助けてはくれなかったのです。








山崎合戦の地の石碑








十七烈士の墓

禁門の変(1864年)の時、

戦いに敗れ天王山中で自刃した

隊長真木和泉守以下十七名の眠る墓です。

※天王山は、幕末の禁門の変でも知られています。








自玉手祭来酒解神社(たまてよりまつりきたるさかとけじんじゃ)の横にある

神輿庫は、板倉形式では日本最古








山崎城の井戸跡








山崎城の天守閣跡

山崎の合戦で勝利した秀吉は、

ここに山崎城を築城。

大山崎を城下町としました。



やっと天王山の頂上です。








最後の陶板画です。



下りに向かい、

途中来た道と違う道を通ります。








山崎聖天(やまざきしょうてん)

江戸時代には、大阪商人の熱い信仰を得ていましたが、

幕末の禁門の変で全焼。

明治になってから復興しました。







住友吉左衛門友信が寄進した大灯籠



今回の天王山ハイキングは、

急な坂や階段がずっと続き、

高さ270mを、ちょっと舐めていました(苦笑)

結構きつかったです(滝汗)



明智の足跡をたどるツアーは今回が最終回ですが、

1回目と2回目がコロナで中止になり

3回目から始まって、

2回目は、先日(11/28)比叡山へ行ってきました。

折しも、「麒麟が来る」で比叡山焼き討ちが放映された頃。

説明を聞くのにも気合が入りました。

そのお話は、次回に・・・







 クリック! 拡大画像 




にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。


2020_11
25
(Wed)10:20

ハウステンボスへの旅・・・3日目




ハウステンボスの最終日は、

朝一番に

シアターやショーを見学することにしました。


歌劇 ザ・レビュー(←クリック)




ホライゾンアドベンチャー・プラス(←クリック)
800tの本物の水を使った大洪水体験!!




Kirara (キララ)(←クリック)
愛・地球博で人気を博した

『三菱未来館@もしも月がなかったら』が、

ハウステンボスIFXシアター「Kirara(キララ)」となって登場



みんな、普通なら長時間並ぶものばかり。

でも、今回はサッと入れました(^^)v








お土産を買い行く途中、

アートガーデンの薔薇たちにお別れを言いに来ました。








今回の第一の目的は、

秋バラを見に行くことでしたから。








3年前、孫たちも一緒に家族旅行 をしたのですが、

その時は、チューリップがいっぱい!

夫は、「今度は薔薇の季節に行きたいな~」って言ってたので、

今回、長女が彼の夢を叶えてくれたのです。








観覧車に乗ることにしました。

夜は、イルミネーションを見るために

長蛇の列が出来ていたのですが、

昼間は、並ばなくてもOK!

アルコール消毒をして

私と夫はふたりで、長女はひとりで

観覧車に乗りました。

ここでも、ソーシャルディスタンス!








上から見たローズガーデン

夜は、青一色の光の海になります。








ここは、上から見たのと違うバラ園。

すぐ隣にあります♪


イルミネーション用のカップ等は

昼間は邪魔ですね(苦笑)









光に包まれた風景も素敵だけど、

やっぱり、お花は心を和ませてくれます♪

帰ったら、我が家の薔薇たちも

頑張って手入れをしなくてはと思ったものでした。








ゴンドラ遊覧

季節の花々やヨーロッパの街並みを眺めながらの遊覧

これだけは、残念ながら

時間が合わなくて乗れませんでした(涙)


でも、カナルクルーザーは、

園内の足として何度も利用しましたよ。

船に乗る前に、スタッフさんたちは、

毎回椅子やテーブルを消毒していたので

頭が下がる思い。



午後3時、長崎空港へと

ホテル前出発の送迎バスで向かいました。



今回の旅行は、何から何まで長女のお世話になりました。

彼女は、私たち夫婦の私設添乗員とガイドをしてくれたので、

のんびりと楽しむことができ、

思いで多い旅行ができました。

アキちゃん、ほんとにありがとう!










ランチは花の家






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。



2020_11
24
(Tue)10:00

ハウステンボスへの旅・・・2日目



ハウステンボス滞在2日目は、

宿泊しているホテル・アムステルダムだけ園内にあるので、

開園前の静かな時間に

大好きな薔薇を見に行くことにしました。








途中、可愛いミニチュアハウスを見つけました。

可愛いサンタさんが梯子を使って

煙突に上っています。








ワインのお店の前なので、

周りには、ワインの空き瓶がいっぱい!








アートガーデン

人の少ない中、ゆっくりと散策しました。








前日の夜は、イルミネーションが輝いていました♪

後ろにランプが見えますよね^^








後ろに見える塔は

シンボルタワーのドムトールン








アンブレラストリート

約1000本のカラフルな傘が頭上を彩っている

昼でも夜でも映えるスポットです。








3年前に行ったときは、こんなにカラフルでした。

今のほうがお洒落かな?






9時半開演前に VR-KING(←クリック!) へ

前に行ったときは長時間並んだので、

今回は、最近出来たというファストパスを買う予定だったのですが、

幸運にも来場者が少ないので

必要がなく、すぐに乗れました。


バーチャルで体験するジェットコースター

帰宅して、夫に「何が一番良かった?」

って聞いたら、

薔薇ではなくて、VR(バーチャルリアリティー)でした。








クリスマスタウン








プレゼントをいっぱい積んだクラシックカー








マウリッツの泉

願いを込めてコインを投げれば、

愛の神キューピッドが願いを叶えてくれるのだとか。








サンタさんたちの間に入って、

同じポーズで写真を撮ってる男性を

何人か見ました(*^-^*)








ここにもサンタさん。

園内には、いったい何人のサンタさんがいるのかしら???








ツリーもずらっと並んでますよ(^^♪








フラワーロード








昼間はビオラの花壇ですが

夜はイルミネーションで変身します♪







ちなみに、3年前に行ったチューリップの時は

こんな感じ^^








ランチは、

DAMの佐世保バーガー(←クリック!)をテイクアウト

ホテルのお部屋で、休憩を兼ねて

ゆっくりと頂きました。



ちょっと疲れたという夫をホテルに残し、

長女と又散策開始!







ドムトールンの展望台からの風景です。








ファンタジアストリート

カラフルな街並みに心が躍ります♪








ローマの真実の口がここにも!





前日に3人で体験した

ワンダーホイール(←クリック!)

並んでいる人がいなかったので、

もう一度体験!

重心移動だけで前後に動いたりカーブしたり。

面白かったですよ (^^)v








夫のいない間に、

ショコラ夫人の旧邸(←クリック!)でモンブランを。

量が多いので、二人でシェアしました。













ギヤマンミュージアム

このシャンデリアは、世界最大級!



夫の待っているお部屋に帰って、

3人で夕食を取りに出かけました。

イタリアンのピノキオ (←クリック!)

いっぱい歩いてお腹が空いていたので

写真を撮るのを忘れていました(^-^;

人気店なのですが、

今回は並ばなくても良かったんですよ。


今までの写真を見てもお判りでしょうけれど、

ホントに入場者が少なかったのです。








夜のフラワーロード








ウォーターマジックショー (←クリック!)

音楽に合わせ光の噴水が躍動!








ホテルの前のスタッドハウス

帰ってきたと実感!



この日の歩数は、18、000歩を超えていました。

知らない内によく歩いたものです(苦笑)






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。