2017_05
27
(Sat)21:10

ブロ友さんとミニオフ会 1日目 大塚美術館へ




久しぶりの更新です♪

楽しい行事が次々とやって来た5月。

山口県での中国観音33ヶ所巡り、京都の大路小路を歩く、

そして、姫路でのユトリロ展鑑賞など、

まだ日記に書かなければならないことが山積しているのですが、

PCの横に積み上げられた、それらの資料を横目に見ながら、

先にホットなうちにと、

楽しかった先日の体験を書くことにします(*^-^*)






ブロ友の 青い月さん のご紹介でお知り合いになった ゆみちゃん が、

今月の24日からお友だちの Jumiちゃん

2泊3日で淡路島にいらっしゃいました。



1日目には 鳴門の大塚美術館 へ行く予定だったので、

終日ゆっくりと鑑賞するために、彼女たちは神戸で前泊。

淡路島まで高速バスでいらして頂いて、

我が家からの最寄りのバス停で合流。

夫の運転で、美術館へと行きました。



大塚美術館

大塚グループが創立75周年記念事業として徳島県鳴門市に設立した

世界初の陶板名画美術館で、

原寸大の西洋名画が1000余点展示されています。








先ずは10:30からのボランティアガイドによる鑑賞ツアーに参加。

集合場所は、システィーナ礼拝堂です。








バチカンのシスティーナ礼拝堂の天井画

ミケランジェロ は教皇ユリウス二世の命を受け、

1508年5月からわずか4年で、

礼拝堂天井に、この大フレスコ画を描き上げたそうです。



さぁ、これから美術鑑賞ツアーのスタートです♪








「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」

フェルメール









最初にB3の環境展示から見学していきます。








崩れ落ちた壁も、そのまま再現されています。








「スクロヴェーニ礼拝堂壁画」 イタリア








天井の青色が素晴らしいです♪

静かなバックミュージックが流れていて

私の大好きな場所です(*^-^*)








「受胎告知」 レオナルド・ダ・ヴィンチ


みんな陶板で出来ているので、

手で触る事が出来るし、

ノーフラッシュなら写真撮影もOK(^^)v

片っ端から取って行った写真の

ごく一部をご紹介させて頂きます(*^-^*)








「小椅子の聖母」 ラファエロ

こんなに間近で作品が見られる美術館は、

他ではないでしょうね。








「ヴィーナスの誕生」 ボッティチェッリ


実際は、もっと素晴らしいのですよ。

カメラから、それが伝わらないのがちょっと残念です(涙)








「春(ラ・プリマヴェーラ)」 ボッティチェッリ








「大公の聖母」 ラファエロ








「美しき女庭師」 ラファエロ








「ドーニ家の聖家族」 ミケランジェエロ








「バベルの塔」 ブリューゲル

今、東京の美術館に来ている話題の1点♪







 クリック! 拡大画像 

「最後の晩餐」 レオナルド・ダ・ヴィンチ








「洗礼者ヨハネ」 レオナルド・ダ・ヴィンチ








「ラス・メニーナス(女官たち)」 ベラスケス








「キリスト昇架」 リュベンス

アニメ・フランダースの犬の最終回では、

アントワープ大聖堂にたどり着いたネロとパトラッシュが、

ルーベンスの絵画の前で静かに力尽きるシーンが描かれています。







「ルイ14世の肖像」 リゴー








屋外にある環境展示 モネの「大睡蓮」の所でツアーは終了。








1Fの Restaurant GARDEN で昼食

パレットランチ のお皿の形が面白かったのでオーダー

お子様ランチっぽかったのですが、

ボリュームたっぷり!







 クリック! 拡大画像 

「ゲルニカ」 ピカソ







 クリック! 拡大画像 

「皇帝ナポレオン1世と皇后ジョセフィーヌの戴冠」 








「モナ・リザ」 レオナルド・ダ・ヴィンチ








B2から見たB3にある システィーナ礼拝堂

素晴らしい天井画が間近に見られます。








「ムーラン・ ド・ラ・ギャレット」 ルノワール








「落穂拾い」 ミレー








ゴッホの幻のひまわり

第二次世界大戦の折に焼失し、

二度と見ることができない通称"芦屋のヒマワリ"を

原寸大の陶板で再現








「オフィーリア」 ミレイ・ジョン・エヴァント








「1808年5月3日:プリンシペ・ピオの丘での銃殺」 ゴヤ








クリームソーダ “印象 日の出”

歩き疲れたので,、Cafe de Giverny でちょっと休憩!









カフェは、モネの「大睡蓮」の周りにある

池に面しています。

画面のコンクリートの壁の向こうには、

大睡蓮が描かれています。







休憩後も閉館の5時まで作品を見て回り

沢山の写真を撮ったのですが、

もう疲れたし、これ以上長くなるとご迷惑なので、

UPするのは止めておきます。


世界的に有名な作品の数々。

ゆみちゃん&Jumiちゃんも、楽しそうに写真を撮っていいましたし、

私も、海外旅行で行った美術館で出会った思い出の作品とも再開でき、

思い出深い1日になりました(*^-^*)








夕食は、私のお気に入りのお店・カサブランカ

そして、みんなで我が家に帰り、

「ちょっと食べ過ぎたわね」って苦笑しながら

就寝につきました。

翌日は、淡路島のお花めぐりです♪



***** 続く*****






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。





スポンサーサイト
2017_05
18
(Thu)21:40

薔薇の花の咲く「Garden 東の谷」へようこそ♪




昨日(5/17)、幼馴染の エッチャン&アッチャン

姫路市立美術館へユトリロ回顧展 を見に行って

楽しい1日を過ごしてきました。

そのお話も載せたいのですが、

その前に、見ごろになった我が家の薔薇たちを

先にご紹介したいと思います。



  








我が家の正門の方へと歩いて行くと、

最初に アンジェラ が見えてきます。

その左側には、 プリンセス・テンコーとトットちゃん がありますが、

こちら側には映っていません。








その左横には、クレマのロコーコラ、

ピエール・ド・ロンサール・パレード、ヴェルティージュ









写真の右手にある正門から中へ入ってきました。








最初に載せた アンジェラ が

こちらまで伸びてきています。








カーポートの反対側に絡ませた マダム・イサーク・プレール








玄関から駐車場方面を見た風景

左手前にあるのは ピンク・アイスバーグ

今日は、もっと沢山のお花が咲いていました。








メインガーデンにあるアーチ&ベンチ

咲いているのは、ホシキキョウ、シャクヤクとジキタリス

アーチの左側の ローズ・ポンパドール は、

既に1番花が終わってしまいました。

アーチ右側に絡ませている レッド・カスケード は、

蕾をいっぱい付けて次の出番をまっています♪








シャクヤク が青いベンチに映えて綺麗です(^^)v








スパニッシュ・ビューティー








メインガーデン








パレードが絡まったアーチ を潜り抜けて・・・








左側一帯は、夫が管理する家庭菜園になっています。

菜園が、我が家の特等席なんですよ。

新鮮で美味しいお野菜って嬉しいですものね(*^-^*)








突き当りのボロ小屋に絡ませた アンジェラ

根元には星キキョウ

前回の日記にUPしたピンクのクレマは、

存在感を無くしてしまいました(涙)








左側へ回ると・・・

アンジェラの左にあるのは リッチ・フィールド・エンジェル








菜園の井戸小屋の前のアーチに絡ませているのは

サー・クロー

この時は、上の方だけお花が咲いていたのですが、








少し経つと、下の方まで咲いてきました。

右側の白いバラは アイスバーグ

手前のアスパラ用の支柱がちょっと邪魔ですが(滝汗)








裏庭です♪








バフ・ビューティー








バレリーナ








ジャーマンアイリスの後は、

シラン が見ごろを迎えています。








オールド・ブラッシュ







アンジェラ

父が陶芸をするのに使っていた小屋を

国道の法面から写しました。



ちょっと駆け足のご紹介になってしまいました。

先日行ってきた中国33観音の旅行記もまだ書いていないのですが、

明日は、トールのお稽古で、

明後日は、又京都の大路小路を歩くの3回目があります。

毎朝の薔薇の花柄摘みもありますし、

11月に次いで忙しく、

嬉しい悲鳴を上げています(苦笑)





にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2017_05
16
(Tue)11:00

我が家の庭でGWの頃に咲いていた花々




薔薇の花が見ごろになりました。

これからは、毎日の花柄摘みに追われそうです。

「綺麗に咲いてくれてありがとう!」

薔薇たちに、そう語りかけながらの作業です。

時間のある時には、写真も撮っているのですが、

その前に、ゴールデンウィークの頃に撮り貯めしておいた

薔薇以外のお花をUPしたいと思います。








ジャーマンアイリス








ジャーマンアイリス

この頃は、未だ蕾が殆どでしたが、

今はもう、咲き終わってしまいました。








オダマキ

ミヤマオダマキもあるのですが、

写真を撮る前に終わってしまい、

この子は、多分西洋オダマキだと思います。

今朝、花柄を全部切り取りました。








頂きものなので、名前は分かりません。

オステオスペルマム の一種でしょうか。


あなたはだあれ???









姫アヤメ

今は、もう咲き終わりました。








フリージア

コープさんの個配で買った

「植えっぱなしでOK」と書かれていたフリージア。

でも、植えっぱなしにしていたら、

増えなくて、反対に貧弱になってきました(涙)








淡いピンク色のシラン 

妹の所からお嫁に来ました。








駐車場横の花壇

この時は、未だ薔薇は蕾でしたが、

今は咲いて華やかです(^^)v








駐車場横の花壇








駐車場横の花壇








メインガーデンの一部

モッコウバラが見頃です♪








黄色のモッコウバラ








メインガーデンの一部








メインガーデンの一部








メインガーデンの一部








メインガーデンの一部








ガザニア&ミニグラジオラス








スパラキシス








スズラン








裏庭の一部

左から時計回りに オダマキ。シラン、ジャーマンアイリス


GWの最後の方に撮った写真ですが、

1週間前と比べると、ジャーマンアイリスが満開になっています。








家庭菜園の横

これから咲く薔薇の根元には

ガーベラ、ネメシア、ノースポール、ワスレガグサ








バイカウツギ

上の写真で後ろの方にチラッと写っている木。









家庭菜園の横








オステオスペルマム








平戸ツツジ








きしょうぶ (黄菖蒲)








アヤメ








白のモッコウバラ








シラー・ベルビアナ(オオツルボ)








コバノランタナ








古い火鉢の中の水草は、

名前がちょっと分かりません(^-^;

淡いピンクの紫蘭と共に・・・








ジャーマンアイリス

GW前、蕾の時に近所の方が、

「沢山増えたので、花好きの人に育ててもらいたい」と

持ってこられました。



  



この後は、我が家のクレマチス色々






H.F.ヤング








H.F.ヤング








名無しさん

現在は、アンジェラに埋もれてしまって

存在感を無くしてしまった可哀想な子です。








名無しさん









ロコーコラ








ロコーコラ







名無しさん

お花がH.F.ヤングに似ていますが、

直径が18cmもある大輪です。








名無しさん

プロペラのような形の花びらが、」ちょっと珍しいかな?

花びらが4枚と6枚のがあります。








ガンジークリーム

この子は、1番先に咲き始めたので、

今はお花がありません。








ベル・オブ・ウォーキング



今は、 白万重や、プリンセス・ダイアナ、プリンス・チャールズ 等も咲き始めていますが。

この子たちは、次回薔薇をUPするときに一緒にお披露目したいと思っています。






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2017_05
13
(Sat)22:20

母の日のプレゼントと知人のお庭訪問




今日は、太極拳の合宿の1日目。

午後1時半から4時半まで、3時間みっちりと練習。

夜はホテルで親睦会があって、楽しい時間を過ごしてきました。

明日は、午前と午後に2時間ずつの練習があります。

少しでも上手く出来るようになれたらと思っています。



  



明日は母の日ですね。

昨日、次女夫婦からプレゼントが届きました。








箱に、「博多あまおう 花いちこのアイス」と書かれています。

急いでふたを開けました。








中には、アイスクリームらしい小袋と

カーネーション付きのメッセージカード








カーネーションと3種類のアイスを取り出して記念写真♪








お花の形に切られた苺の中に

練乳、苺、モンゴーのアイスが入っている、

こんな可愛いアイスクリームが出てきました(*^-^*)








「博多あまおう 花いちこのアイス」で検索するとヒットしました。

結構お高いのでビックリ!!!

次女夫婦に、

「こんな高価なアイスをありがとう!」ってメールをすると、

「お父さんとお母さんは、量より質だと思ったから」と。

孫二人の塾代などで、結構お金が掛かるみたいなのに

頑張って奮発してくれたのね。

Qちゃん、Hちゃん、どうもありがとう!



  




一昨日(5・11)、知人から

「庭の花が見ごろなので、如何ですか?」

と、お誘いの電話がありました。








お邪魔した先は、

車で10分位の所にある旧家です。








昔の純和風住宅ですが、

今は空き家になっていて、

知人がお家とお庭のお世話に通ってらっしゃるようです。








彼女のご主人は、私の同級生の弟さんで、

そのお父様は、私の父のゴルフ友達でした。








紫蘭や・・・








アヤメが、和のお庭や建物と見事に調和していて、

センスの良さを感じました。








とても広いお庭は、綺麗にお手入れされていて、

ここまでされる大変さは、

同じガーデナーとしてもの凄く分かります。


ホント、好きじゃないと出来ないですもの。






















ピントが他の所に行ったみたいで、

カラーがピンボケになってしまいました(^-^;



  



Tさん、この度はお庭へのお招き、

どうもありがとうございました。

我が家の薔薇たちも、そろそろ見頃です。

お時間のある時に覗きにいらして下さいね。











にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2017_05
11
(Thu)20:30

千年の都「平安京」の大路小路を歩く 第2回



今日は、とってもいいお天気♪

実は、私の誕生日なのですが、

夫は朝から地方史研究会の催しで出かけて、

夕方まで帰ってきません。

一人でノンビリと過ごしています。

・・・とも言えなくて、

一昨日から一泊二日で中国33観音巡りで山口県まで行っていて、

昨夜遅く帰宅したものですから、

庭の手入れと洗濯もの。

そして先日帰淡していた孫一家のお布団干し等々
<今まで干す暇がありませんでした(^^;)>

しなければならない事が満載!

花が終わったツツジの剪定を終えて、

干していたお布団を取り入れた後、

今(3時過ぎ)、家に入りホッとしています。



薔薇の花も留守中に大分咲き進んでいました。

今の薔薇の様子もUPしたいのですが、

先月に行ってきた「京都の大路小路を歩く」の

2回目の更新が未だなので、

記録の為に、先にこちらを更新したいとおもいます。

次々とスケジュールが入ってきて、

更新の方が追い付けない状態なんです(滝汗)







二条通 時代を切り開いた志士の足跡めぐり

平安京の東西路線としては最大級の51m。

平安京大内裏の南限にあたる通りで、

禁裏と世間を隔離する役割もあったそうです。



最初は、二条通より少し南にある河原町御池からスタート!

北へと向かいます。








長州屋敷跡 ・ 桂小五郎像

長州屋敷は、広大な敷地を占め、

幕末には尊王攘夷の歌劇派も頻繁に出入りするなど

政局の中心を担っていました。








高瀬川

1611年頃に角倉了以(すみのくらりょうい)が開いた運河

京都らしい風景です。








高瀬川一之舟入(たかせがわいちのふないり)

この運河を運行する舟の荷物の上げ下ろしをする

船溜所を「舟入」と言って、

舟入は、この一之舟入を初め、数か所に設けられ

最盛期には百数十艘が上下し、

大阪などの物資を運び入れていました。


現在は、江戸時代の交通運輸の遺跡として史跡に登録されています。








島津製作所 創業の地

島津製作所の創業の地であるとともに、

明治初め、京都府が欧米の最新技術を導入した実験所や工場など

多くの産業諸施設を設立した近代科学発祥の地でもありました。








舎密局跡(せいみきょくあと)

明治維新期における化学技術の研究・教育、

および勧業のために作られた官営・公営機関。

「舎密(せいみ)」とはオランダ語「シェミー」の訳語で、

「化学」を意味します。








明治天皇行幸所 木戸邸

木戸孝允が病に伏せている時、

明治天皇がお見舞いに来られたそうです。

これは、とても異例な事で、

二人の親交の深さを物語っています。








木戸孝允 旧邸

もとは公家の名門五摂家のひとつ・近衛家の下屋敷で、

周辺一帯が敷地でした。


明治2年、明治新政府の高官となった木戸孝允(桂小五郎)は、

近衛家から土地と建物を譲り受け京都の別邸としました。


明治10年に病気療養中の木戸に

明治天皇の行幸がありましたが、

翌月に亡くなられました。享年44歳。








達磨堂

木戸孝允邸と、同じ敷地内にあります。

木戸孝允の息子・忠太郎さんが大正12年に

木戸邸の改修と併せて新築したコレクションルームです。

忠太郎さんは木戸の妻・松子(幾松)の妹の子どもとして生まれ、

3歳の時に木戸の養子となったそうです。

忠太郎さんが生涯に渡ってこだわり、

コレクションしていたものが達磨でした。








達磨堂の内部には、

忠太郎さんが50年以上かけて集めた達磨コレクションが、

隙間なく収められています。








ここにも、木戸孝允旧跡の石碑

敷地が広大だったことが分かります。








木戸屋敷跡に建てられているのが

「石長松菊園・お宿いしちょう」で、

修学旅行生の宿泊所になっているそうです。

「石長松菊園」の「松菊」は、木戸孝允の雅号に由来しているのだとか。








途中、トイレ休憩で立ち寄った公園の藤棚。

藤の花が綺麗でした。



その後、家具のまち(夷川通)から二条通へ・・・








薬祖神祠

薬にまつわる神様たちをお祀りしています。

この通りには、昔50を越す薬問屋や薬局などが並んでいました。

江戸時代から薬の町として栄えてたのです。

今は、それらしきものは殆ど見られませんでしたが。








ガラスが貼られた拝殿越しに中を見ると、

奥の方に本殿が見えます。








三井越後屋京本店 跡

江戸前期の豪商・三井高利は、

屋号を越後屋(後の三越)として

巨額の富を蓄え三井財閥の基礎を築きました。



NHK朝ドラ・「はるが来た」の主人公はるの実家は、

ここの親戚筋になるそうです。








こぬか薬師

ご本尊は、平安時代、最澄が刻んだという薬師如来

当初は美濃国に祀られていたのですが、

織田信長が上洛した際、こちらに祀ったと言われています。








こぬか薬師

1230年に京都に疫病が流行った時、

この薬師如来様が住職の夢に現れて、

「一切病苦、わが前に来たらば難病ことごとく除くべきに来也(こぬか)、来也(こぬか)」

と告げて病気を治したことから

「こぬか薬師」 とよばれるようになったそうです。


説明をして下さった住職の奥様が、

雨の中、ずっと私たちを見送ってくださいました。








唐 門

ゴールの 二条城 に到着!

雨が激しくなってきましたが、

中に入ればOK!








二の丸御殿

修学旅行でしょうか・・・

生徒さんたちも沢山見かけます。





中は撮影禁止なので、

二条城パノラマウォーク でもどうぞ(*^-^*)








外から見た 二の丸御殿








釣 鐘

京都所司代屋敷で、

家事などの緊急事態を周辺に知らせるために使われていました。

所司代が廃止sされた後、事情上に移されたと考えられています。








二の丸御殿は、東南から北西にかけて

6棟が鴈行形に立ち並ぶ御殿です。









二の丸庭園 へ・・・

下の方からも枝が出ていて、

まるで盆栽のような素晴らしい姿の松の木です。








二の丸庭園

池の中央に蓬莱島。左右に鶴亀の島を配した書院造庭園。

1626年の後水尾天皇行幸のために改修されました。


二の丸御殿の大広間、黒書院、行幸御殿の

3方向から鑑賞できるように工夫されています。












神泉苑(しんせんえん)

平安京造営時に営まれた広大な禁苑で、

常に清泉が沸きだしえいることから「神泉苑」と名付けられました。

日照りが続いても神泉苑の水は枯れることがなく

この時ばかりは庶民も立ち入りを許されて、

お水が分け与えられたのだそうです。









法成橋

この橋は、心に願いを念じながら渡り

その思いを橋の向こうにある善女龍王様にお願いすると

叶うと言われています(願いはひとつ)








善女龍王社

弘法大師空海様が

雨乞いのために北インドからおまねきになった神様です。

善女様は池の中にお棲みになっておられます。








歳徳神(さいとくじん)

恵方(その年の幸運の方角)を礼拝する社です。

毎年土台の石を回して、

方角を変えてお祀りする日本唯一の社。








鯉塚と亀塚

それぞれ、鯉と亀が彫られています。








昼食は からすま京都ホテル 入舟 で








夕食はオプションで わらびの里のお弁当(1000円お茶付き)

このお弁当は、予想していたより美味しかった(^^)v

帰りのバスの中で頂き、午後7時前に帰宅。

その後、7時半から始まる太極拳の練習に行ってきました。

充実の一日でした。






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。