fc2ブログ
2021_11
07
(Sun)17:13

黄金色に染まる高原!砥峰高原ウォーク




マタマタ久しぶりのブログです。

新型コロナの影響で、

今年は一度も旅行をしていませんでした。

旅行好きの私たち夫婦にとっては

とても珍しい事でした。



感染者が少なくなってきたので、

今月の4日に

久しぶりに神戸新聞旅行社のバスツアーに参加しました。

場所は、県内のススキで有名な砥峰高原です。








峰山高原ホテルクラシア前から

ウォーキングスタート!

ここは、峰山スキー場です♪








スタート地点は標高800m位なので

紅葉が始まっています。








お目当てのススキも見えてきましたが、

ここは、まだ序の口。








地元のボランティアガイドさんの案内で、

大河内高原をウォーク!








歩き始めた時は曇り空でしたが、

青空が見えてきました。

ラッキー!








山道は、所々に木の根が出ています。

注意して歩いていた筈なのに

躓いてスッテンコロリン!

骨折しなくてよかったと冷や汗をかいたものでした(滝汗)

やはり、気持ちは若くても年齢には勝てない(涙)


実は、一昨年の9月に

九州を観光列車に乗って旅をするツアーに参加したのですが、

その時にも転んで右手首を骨折。

帰宅して手術をしたという

苦い経験があるのです('◇')ゞ








標高が1000mちょっとある

見晴らしの良い所でランチタイム!

みなさん、ソーシャルディスタンスを保っています。








2時間近く歩いた後だったので、

おにぎり弁当は、とても美味しかった(^^)v








砥峰高原に出てきました。

見渡す限りススキの丘陵が続いています。








この辺りは、枯れ尾花ですね^^








お弁当を食べているとき、

足元に小さなリンドウを見つけたのですが、

(直径が1cmくらい)

歩いていると、至る所でみかけました。

ガイドさんに名前を聞いたのですが、

お手持ちの冊子には、

ただ、「リンドウ」としか書かれていませんでした。








矢印の先は、Goal地点の

とのみね自然交流館です。








お日様の光が当たると、

ススキの穂がキラキラと輝いて、

とっても素敵です♪








実は、以前1度来たことがあるのですが、

その時は、あいにくの雨・・・








それから、曽爾高原へススキを見に行った時も

やはり雨・・・

ススキにはご縁がないと思っていたのですが・・・








今回は、リベンジを果たすことができました(^^)v








一面ススキで覆い尽くされた大景観の中にある絵のような池。









この素晴らしい景観は

毎年行われる春の「山焼き」で維持されているそうです。








ゴール地点到着!








映画「ノルウェイの森」、

大河ドラマ「平清盛」、「軍師官兵衛」のロケ地になった所です。









90haに及ぶススキの草原が広がる高原。

(とのみね自然交流館前から撮影)








バスに乗る為の駐車場へ行く道から

ススキと紅葉にサヨナラをいいました。



この後、温泉に入って疲れをいやし、

帰路につきました。



帰宅して万歩計を見たら、

17,000歩以上歩いていました。

でも、大自然の中の風景を楽しみながら歩いたので、

そんなに歩いたという実感はありませんでした。

不覚にも転んでしまった以外は、

とても楽しいウォーキングでした。






にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。


スポンサーサイト



2021_06
21
(Mon)15:00

花友達と紫陽花で有名な神戸森林植物園へ




今月の17日に

花友達と神戸森林植物園へ行ってきました。



神戸市立森林植物園は、

六甲山地の一角にある自然と一体になった

総面積142.6haの広大な植物園です。







 クリック! 拡大画像 


見ごろの紫陽花を楽しみに行ってきました。








紫陽花の背景は新緑の木々








将に、森林の中の植物園です。








前日までは、雨だったので

紫陽花も木々も生き生きしています。








森林植物園へ行ったのは、

今回で3回目でしたが、








前回は、2回とも雨の中を散策。








紫陽花の季節は梅雨なので

仕方がないのですが、








今回は、梅雨の中休みの貴重な一日。








少しくらい暑くても、

やっぱりお天気のほうがいいな♪








色とりどりの紫陽花を楽しみながらの

森林浴!








黒軸アジサイ(?)

















アナベルも、

こんなに沢山咲いていると壮観です。

カメラには入りきれません。








いろんな種類のたくさんの紫陽花が植えられているので、

HPで確認してみましたら








ガクアジサイ・ヤマアジサイ・エゾアジサイ

タマアジサイ、中国系アジサイなど

25種350品種・約5万株の

アジサイの仲間が見られるのだとか。








よくも、こんなに沢山集められたものだと

感心したのと同時に、

花後の剪定が大変だろうなと

他人事ながら思いを巡らせたものでした(苦笑)








島外へ出たのは、

ホントに久しぶり!









運転を担当してくださった

Sさんのご主人

ホントにありがとうございました。

お蔭さまで楽しい一日を過ごすことができました。









お昼は、弓削牧場で。

弓削牧場おすすめランチセット¥3,960(税込)

ホエイシチューを始め、弓削牧場のおすすめメニューを

色々と楽しめる限定ランチセット

本日のチーズ盛り合わせ

地鶏のハーブ焼きの一皿

キャラウェイシード入りミッシュパンまたは牧さんのもち麦ごはん、

ミニホエイシチュー

季節のミニアイス&ドリンク



以前、一度このメニューを戴いた事があり

とても美味しかったので、

もう一度行ってみたいと思っていたので

ラッキーでした。

何しろ、車じゃないと行くのが大変なところなので…







にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。


2021_05
17
(Mon)11:00

2021年度のあわじオープンガーデン




80歳になって初めてのブログです。

ブログ村でも80代の仲間入り♪

これからよろしくお願いします。



今月の15,16日は、あわじオープンガーデンの日でした。








緊急事態宣言中なので

ちょっと迷いましたが、

綺麗に咲いた薔薇たちをお披露目したくて決行!








こんな立て札も立てました。

お友達がいらしたときは、

日傘で距離を保ちながらのご案内でした。








国道から入ったところにある

駐車場横には、ウエルカムボード








ガレージの屋根には

手前がサンセットグロウ

奥がアンジェラです。








メインガーデンの右側に咲いているのは

スパニッシュ・ビューティ

この子は一期咲きなので、

今しか楽しむことができません。

アーチには、レッド・カスケードを絡ませていますが

まだ蕾。

小さくて可愛い濃い赤の🌹を

枝一面に咲かしてくれるんですよ。








メインガーデンから菜園へと抜けるアーチには

パレードが満開を迎えています。








井戸小屋に絡ませているのは、

赤がサー・クローで、白がアイスバーグ








菜園側からアートチを振り返って。

左のピンクの薔薇はイングリッシュ・ヘリテージ








もう少し離れて、アイスバーグ越しに・・・

左側には、匂いバンマツリバイカウツギ

香りを放って見学者さんをお迎えしています。








裏庭には、右・バフ・ビューティ

左のバレリーナ

その左側には、クレマチスのダイアナ

ポンポネッラがあるのですが、

写真を撮った時はまだ蕾。

今日は、先始めていますが、

雨なので写すのを諦めました。



今年は、桜の開花に始まって、

薔薇の開花も早かったので、

オープンガーデンの時は、

ピークを1週間くらい過ぎていました。

にも拘わらす、皆さんに楽しんでいただけて

嬉しく思います。


昨日から梅雨入り。

今日の薔薇たちは、雨で痛めつけられ、

花弁がいっぱい落ちて目も当てられません。

その前に、オープンガーデンが終わって

今はホッとしているところです。





にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。





2021_04
29
(Thu)16:54

モルタル造形つくり




今月の7~9日と14~16日に、

花工房花夢花夢(←クリック!)の

吉村先生ご指導の下

あわじオープンガーデン友の会の会員対象の

モルタル造形の講習会がありました。







 クリック! 拡大画像 

昨年の11月上旬に5日間にわたっての講習があり、

その時は、武田邸の物置の

コンクリートの壁を造形しました。



今回は、写真の右側に少しだけ見える

ブロック塀にモルタルアートを施します。








今回、2度目の講習に行ってみると、

シャッターが壁の色に合うようになっていました。







残念ながらスマホを忘れていったので

最初からここまでの工程の写真がないのですが、

薄くモルタルを塗り、

その上にネットを張って、もう一度塗り重ねます。

そうすると、モルタルが剥がれ落ちなくなるそうです。



半乾きの時に、レンガを形付けします。

壁に貼り付けているツボは、

ドーナツ状に切ったスタイロホームを重ねて壺状にし、

半分に切ったものを壁に貼り付けて

モルタルがくっつく様にエマルジョンを塗ります。








スタイロホームをランダムに手で割り、

石状の形にしてエマルジョンを塗り、

モルタルを塗り重ねます。








漆喰を塗り重ねます。

壁のイメージは、

レンガつくりの土台に漆喰が塗られていて、

その漆喰が所々剥げ落ちている感じ。








塀の上に、先ほど作った石状のものを並べます。

この石は、コッツウォルズ ストーンのイメージだそうです。








シーラーを塗った後、色付けに入ります。








いろいろな色を塗り重ねて、

本物らしく仕上げていきます♪








最後に、色落ち防止のトップコートを塗って出来あがり!

前回の壁とマッチしています。








お花を飾ります♪

吉村先生曰く

「お花があってのモルタル造形です」








コーナーには多肉植物を植えて

素敵です~~~☆彡








塀の上も、多肉や小物類で

可愛くなりました~~~☆彡








反対側の壁用のネームプレートを作ります。

これも、スタイロホームに

モルタルを塗って作ったものです。








同じように、レンガの形を描きます。








漆喰を塗ります。








ネームプレートを付けます。








シーラーを塗って、最初の色付け。








いろんな色を塗りこんでいきます。








完成です♪








こちらの壺にも植物を入れました^^








何の変哲もないプラスチックの鉢に

エマルジョンを塗ってモルタルを重ね、

色付けします。








用意されていたお花を

みんなで寄せ植えしました。








この植木鉢、

プラスチックだったと思いますか?








みんなの寄せ植えを

モルタル造形の壁の前に飾りました。








先生が言われる様に、

お花を置くと、

壁もお花も、両方が映えるんですね^^







 クリック! 拡大画像 

スマホのパノラマ機能で映しました。



翌日と翌々日はオープンガーデン。

見学者の方たちは

喜んでくださったことと思います♪









にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。


2021_01
24
(Sun)16:00

「明智光秀の足跡をたどる」第2回 比叡山と西教寺




NHK 大河 ドラマ「 麒麟 が くる 」も

終盤を迎えてきました。

初めは同じ方向を向いていた信長と光秀

これから二人のの考え方の相違が

次々と出てきて、

本能寺の変へと向かっていくのでしょうね。



***


投稿が遅くなってしまいましたが、

今回は、昨年の11月に行った

「明智光秀の足跡をたどる」第2回です。




NHKの「麒麟がくる」が始まって間もなく

5回シリーズの

光秀の足跡をたどるバスツアーの募集がありました。

早速、5回一括で申し込んだのですが・・・



第1回と2回は、新型コロナウィルスの影響で延期。

9月になって、やっと第3回から始まったのですが、

その時は、もう「本能寺の変」でした。

そして、第4回は安土城跡で、

最終回の5回目は、天王山のハイキング。

光秀の最後のお話でした。



今回の講師のお話は、初めの方に戻って、

信長の比叡山焼き討ちのお話から始まりました。







比叡山延暦寺




延暦寺を開かれた最澄上人の教えで、

この世の全ての人びとが

安泰(平和)で幸せであるようお祈りをされ、

「一隅を照らす、これ即ち国宝なり」

という教えをお示しになりました。








大講堂








根本中堂は修復中








根本中堂の中に、修学ステージがあってので

修復の様子を見学。








根本中堂の屋根の高さまで登って

その様子を見ることができます。

今だけの特権!








鐘楼

梵鐘は、「開運の鐘」と呼ばれています。




比叡山麓の大津市坂本へ・・・・











昼食会場の芙蓉園本館へ入る時

ちょっと気になった洞穴








夫と二人の席でもソーシャルディスタンス








比叡湯葉御膳

はい♪美味しゅうございました(*^^)v












昼食後は、

比叡山から流れる川水を引き入れた

池泉回遊式庭園を散策。

食事をした人だけの特権です。







富士山を模った築山に掘られた洞穴。

江戸初期に作られたもので、

飢饉を救うために多くの飢人を雇って築いたそうです。








洞窟の中は通り抜けられます。












昼食後の自由時間に旧竹林院

延暦寺の僧侶の隠居所である里坊のひとつです。








母屋1階の客間








客間から見えるお庭








母屋2階の客間

お庭に出てみました。








これも蹲踞(つくばい)でしょうか。

土瓶が面白いので、思わずパチリ!








露地門から入っていきます♪








向こうに、先ほど見学した母屋が見えます。








小間「天の川席」と呼ばれる

入口母屋造りカヤ葺きの茶室








大宮川の清流

園内をかけめぐっています。










光秀が眠る西教寺




総門

坂本城の移築門といわれています。

坂本城は秀吉に焼かれてしまったので

光秀が生前に寄進していたこの門だけが

唯一残っているのです。








訪れたのは晩秋。

少し色あせた紅葉のトンネルが素敵でした。








石段を登っていくと・・・








唐門

ここから見る琵琶湖の風景は素晴らしいのです。

(逆光だったのが残念!)








光秀と一族の墓








その向かって左側には

妻・煕子のお墓がひっそりと建っています。

光秀は、煕子のお葬式に参列したそうですが、

夫が妻の葬儀参列するのは、

当時としては異例のことだったそうです。








本堂








本堂の中を見学することが出来ました。








手水鉢の中にキラキラするののが・・・








なんと、ビー玉がいっぱい!








書院庭園








裏書院庭園








大本坊庭園(枯山水平庭)








けやき坂

織田信長の焼き討ちで全消失した

西教寺ですが、

唯一当時から残っているものだそうです。










坂本城跡




比叡山焼き討ちの際の褒章としての坂本城

本丸跡は、キーエンス社の保養所の沖にあり

湖底(矢印のところ)に石垣が沈んでいるので、

普段は見られません。








坂本城から見た琵琶湖

ここは、琵琶湖の重要な起点でした。

「麒麟がくる」では

光秀と煕子が天守の上から琵琶湖を見ているシーンが

何度か見られました。








明智塚

坂本城跡の近くにあります。








坂本城址公園








ちょっと可愛い光秀像



第1回のバスツアーは、

今月初めの予定だったのですが、

コロナの影響で中止になってしまい、

とても残念なのですが

光秀ゆかりの地を、いろいろと巡ってきて

彼の思いを直に感じられたような気がします。



これからの「麒麟がくる」では

本能寺の変に至るまでの光秀の心の動きが

どんな風に描かれていくのか楽しみです。






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。