2017_10
21
(Sat)17:30

海外在住のふたりの友人からの嬉しいプレゼント



大型台風が近づいてきているようです。

明日は、神戸で

第28回武術太極拳フェスティバルがあるのですが、

未だ、中止とか延期の連絡はありません。

兵庫県下の100チーム以上が参加し、

朝9:30から午後5時過ぎまでかかる一大イベント

大丈夫かな~と、心配しながら過ごしています。







一泊二日のミステリーツアーから帰宅した翌日、

「平安京」の大路小路を歩くの7回目の

七条通界隈を歩きに京都へ行ってきましたが、

その整理をする前に、

嬉しいことが続いたので、その事を先に書きたいと思います。







先日、思いがけなくスイス在住のSさんから荷物が届きました。

彼女からは、毎年クリスマス前に美味しいチョコレートが届くのですが、

今は未だ10月・・・

えぇ!っと思ったのですが、

どうやらご実家に帰国されているご様子。

久しぶりに電話でお話が出来て嬉しかったです。



実は、今から15年近く前になりますが、

友人二人と私たち夫婦の4人で

スイス在住のSさんの家を足場にしてスイス旅行を楽しんだ事があります。
(↑クリック!)

その時、小さかったお嬢ちゃんは、もう高校生で、

お腹にいた赤ちゃんは、中学生なのだとか・・・

時の経つ速さを、改めて思ったものでした。








Kambly と Wernli のお菓子

どちらもスイスを代表するお菓子

なんとも懐かしく、美味しいお菓子で、

早速夫と二人で頂いています。









ファー付きの皮手袋

身体が大きい分、足も手も大きな私・・・

サイズが合うか心配して下さったようですが、

誂えたようにピッタリ!

今年の冬の旅行が楽しみです(*^_^*)







その二日後、ブロ友のミモザさんからも贈り物が・・・

ヨーロッパ旅行へ行かれた時のお土産だそうです。








素敵なメッセージカードが添えられた四角い箱の中身は・・・








Sprüngli のトリュフチョコ

チューリッヒの老舗チョコレート専門店のチョコレートです。


私たちがスイスへ行っていたのは、

大抵6月末~7月初旬にかけてでした。

チョコレートは暑さで溶けるので、

帰りの空港の免税店でしか買いませんでした。


※以前5月に、ベルギーのブリュッセルで生チョコを買ったのですが、

帰宅して蓋を開けると、みんな溶けてしまって

一つの大きな塊になっていた悲しい思い出があります(涙)


秋だからこそ現地で買って送る事が出来たのですね。

ありがたく、少しずつ楽しみながら頂いています。








来年のカレンダー

表紙はマッターホルンです(*^_^*)








アイガー、メンヒ、ユングフラウ

スイスお馴染みの三山

この山々を眺めながら、高山植物が咲き乱れる中を

ハイジの様な気分で歩いたのも

懐かしく思い出されます。



※このカレンダーは、お役目が終われば、

写真だけ切り取って、絵はがきにすることが出来るみたいです。








2種類のスプーン









上がブタペストで下がプラハ

どちらの都市も行きたいと思いながら、

機会のないままに海外旅行を打ち切りにした

ちょっと残念に思う都市だったのですが、

ミモザさんご夫妻のお陰で、

スプーンだけでも手に入る事が出来ました。








実は、ミモザさんご夫妻が、

今年の3月に淡路島にいらした時

我が家で、このスプーンコレクションをご覧になり、

覚えていた下さったのだそうです。


もう、海外旅行へは行かなくなったので、

スプーンコレクションもお終いと思っていただけに、

まさに奇跡の2本になりました。







お友だちは、私の宝物

素敵なお友だちを持って、私は幸せ者だと思います。

Sさん、ミモザさん、

この度はホントにありがとうございました。

これからも、どうかヨロシクお願いしますね(*^-^*)




にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。
スポンサーサイト
2017_10
19
(Thu)11:30

天空のリゾートホテルに泊まるミステリーツアー 2日目



冷たい雨の降る日々が続いています。
10日程前に行った信州の好天気とは対照的。

旅行が今週出なくてラッキーでした(^^)v

では、好天気に恵まれたミステリーツアーの2日目です。



  



朝の散策を楽しんだ後、ホテルを9:30に出発!




バスの両サイドに一面ススキヶ原が続く道を進んでいきますが、








添乗員さんは、今どこを走っているのか、

何処に向かって走っているのかを

全然教えてくれません。

次の目的地のヒントは、「マイナスイオンの浴びられる所」だそうですが。








でも、車窓の雄大なススキの風景を見て

以前、砥峰高原や曽爾高原に行った時、

運悪く、どちらの時も雨だったので、

ススキ鑑賞のリベンジが出来たと喜んでいました。


ススキの穂がお日様の光に当たってキラキラ輝いているのです。

やはり、ススキには、青い空とお日様の光が似合います(*^_^*)












着いたのは、横谷峡でした。






 クリック! 拡大画像 


この地図は、蓼科中央高原観光協会のHPから頂いたものなのですが、

当日手渡されたのは、白黒の簡単な地図のコピーでした。

それを見ながら歩いて行きます。








乙女滝

ここまでは添乗員さんが案内してくださいましたが、

これから先は自由散策。








自由時間は、約40分

そんなに遠くまでは行けません。








こんな所にもケルンが・・・

歩くのが好きな人たちって、

石を積むのがお好きのようですね。








マイナスイオンを浴びながら

渓流に沿った遊歩道を進んでいきます♪








信州だという事で、寒さ対策をしてきたのですが、

この日は気温が上がって汗ばむ程。

川のせせらぎの音が気持ちいいです。








霧降の滝まで行って引き返す予定だったのですが、

滝が何処にあるのか分からなく、

時間も押し迫ってきたので、引き返すことにしました。








横谷温泉旅館の前の広場

ツアーグループの1人が、

以前、この旅館に泊まったことがあるのだとか。

私たちは、昨年バラクライングリッシュガーデンへ行った時、

入り口のパークホテルに泊まって、

朝食後に少しだけ横谷峡を歩いたのですが、

こちらの旅館の方がいいな~って思ったものでした。





横谷温泉旅館











バスは、伊那山地を左手に眺めながら

最後の目的地へと進んでいきます。

次は、「歴史ある〇〇へ」という事ですが・・・












松源寺

NHK大河ドラマの「おんな城主 直虎」ゆかりのお寺なんだそうです。

ここは、ガイドさんが案内してくださいました。








庭 園

直虎のいいなずけだった亀之丞(井伊直親)は、

父が今川義元に謀殺され、彼の命も狙われたので

いいなずけの直盛の娘を残して

渋川の東光院へ逃れたのですが、そこにも追手が迫ってきたので

ここ信州の松原寺へと落ち延びてきたのです。

その事情を知らないいいなずけは出家して

次郎法師と名乗りました。








本 堂

二十歳になった亀之丞は、井伊谷に戻り、

井伊直親を名乗って嫡子虎松(後の直正)を儲けますが、

27歳で非業の死を遂げました。


そこで出家した次郎法師が、

おんな城主直虎として虎松を後見し

井伊家の危機を救ったのだそうです。


私は大河ドラマを見ていないのでよく分かりませんが、

ガイドさんのお話は、多分こんなだったと思います。

間違っている所があったらお許しくださいね。








門前にあったエドヒガン

幹の周り 335cm 樹高 20m







松源寺も敷地内にあったという松岡城跡へと向かいます。

松岡城は平安時代にまで遡る松岡氏の居城でした。

実際に築城されたのは、南北朝時代と見られていて、

現在の遺構は戦国時代に完成されたものと推測されています。








三の堀

その後、二の堀→一の堀と続いて

松岡城本丸跡へと歩いて行きます。








一の堀








ちょっと汗ばむような陽気だったので、

木立から吹く風が心地いいです♪








お城の跡です。








歩き進んでいくと、

向こうの方が行き止まりの崖になっています。







二の丸にあった説明板の鳥瞰図

松岡城跡は、南東には天竜川が流れ、

北東に間ヶ沢、南西に銚子洞と

2つの深い谷に挟まれる形の半島状台地の先端にあり、

天然の要塞でした。








本丸の東南端まで来ました。








本丸からの展望

天竜川と、その向こうに伊那山地。

そして、その向こうには南アルプスの山並みが見えます。








城址碑



  



今回初めて参加したミステリーツアーは、

車山高原や霧ケ峰高原のススキは初めて見たし、

白樺湖には行ったことがありますが、リフトに乗ったのは初めて。

松岡城跡も知らなかったので、

絶対自分たちでは行かない所。

宿泊したホテルも、予想よりもずっと良かったし、

結果的には、参加してよかったと思える旅でした。



最後の添乗員さんの挨拶で、

「慣れていないので、至らない所が沢山あったと思いますが、

どうぞお許しください。

私自身、いっぱい勉強させて頂きました。

これから、もっともっと精進して、

何時か成長した姿を皆さんにお見せ出来たらと思っています。

どうもありがとうございました」と。

車内から大きな拍手と「頑張れよ!」との声。

実は、あまりにも説明がないので、

旅行中は、ちょっと不満の声も出ていたのですが、

みなさん、優しいなって、私まで嬉しくなり

後味のいい旅行になりました(*^_^*)





にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2017_10
16
(Mon)13:10

天空のリゾートホテルに泊まるミステリーツアー  ホテル編




前日から冷たい雨が降っています。

今日、ホットカーペットを出しました。

先週行ってきた信州は、最高気温が26℃位あったし、

帰宅した翌日に行った京都の最高気温は30℃。

その後のこの寒さ・・・

身体がビックリしているとはこの事でしょうね。

では、ミステリーツアーの続きを書いていきますね。



  


1日目の観光を終えて、ホテルに着いたのが18時頃


ホテル リゾリックス車山高原




ロビーでウエルカムドリンクを頂いた後、

お部屋に荷物を置いて直ぐにバイキング会場へ・・・

混まないうちにと急いで行ったのですが、

私たちのグループ内では1番乗りでした。







<※ホテルのHPの画像を拝借しました>

夕食後、お部屋に戻り、

8:30から星空観察に参加。

久しぶりにキラキラ輝くお星さまを見た後

温泉に入り眠りの途に就きました。








翌朝、6時前に窓の外を見たら、

夜が明け始めています。

蓼科山と八ヶ岳の稜線がクッキリと空に浮かんでいて、

天気予報では、午後から下り坂との事でしたが、

私たちが観光している間は、何とか持ちそうです。








7時になったので、朝食会場へ・・・

やはりバイキングだったので、写真は撮りませんでしたが、

窓の外は、紅葉が始まっていて綺麗でした。







 クリック! 拡大画像 

出発時間が9:30で時間に余裕があったので、

お部屋にあった地図を見ながら、ホテル周辺を散策することにしました。








スタートはホテルのテラスから。








朝の清々しい空気の中

白樺林の中を歩いて行きます♪








紅く染まった葉っぱが

お日様に透けて綺麗~~~☆彡








途中、クイズが書かれた立て札があります。

4ヶ所あった全部に正解すると、何かプレゼントがあるのかも。

スマホがあれば、直ぐに答えを調べられるのでしょうけれど

残念ながら、私たちはガラケイ。

参加するのを諦めました(^-^;








美味しそうなキノコ発見!

食べられるのかしら???








見上げると、緑と青のコントラストが綺麗です(^^♪








東屋まで行って引き返し、

途中、ホテルの裏側の路の方へと歩いて行きます。








あっ!富士山です!!!

前日に見た時は、ボンヤリだったけれど、

今回は、くっきりと見えますよね。








富士山を見ると幸せな気分になるのは

私だけ???

いいえ、大抵の日本人はそうですよね~








すれ違う人たちに話しかけます。

「東屋まで行くと富士山が見えますよ」

みなさん、嬉しそうに足取りを速めてらっしゃいました。








美しい黄葉や紅葉見ると嬉しくて

何枚も写真を撮り続けました。








真っ青な空です。

雨に濡れた木々もいいけれど、

やはり青天には敵いませんよね~








こちらにもキノコが・・・

群生しています。








ススキの穂の向こうに見えるのは蓼科山

昔夫が、八ヶ岳縦走をした時、

最終日にお天気が悪くなって、

蓼科山だけ上るのを断念したのだとか。

今は、もう登山を止めてしまったので、

ついに登る機会のなかった思い出の山のようです。








ホテルの正面玄関に戻ってきました。








赤い実

何の実でしょうか・・・








私たちのバスが待機しています。

駐車場にバスは1台だけ。

他は、みんな乗用車だったので、

団体客は、私たちのグループだけのようでした。








見えますすか?

お月様が出ていました(*^。^*)








駐車場から見た蓼科山








ロビーラウンジから見た八ヶ岳



  



ホテルのいたる所から蓼科山・八ヶ岳が見え、

温泉もお部屋もお料理も、まあまあ良かったし、

朝の散策コースも素晴らしかった(^^)v

それに、館内のお掃除も行き届いていたし、

スタッフの方々もおもてなしも良かった!

機会があれば、又泊まってみたいと思うホテルでした。







ホテル リゾリックス車山高原






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2017_10
14
(Sat)14:50

天空のリゾートホテルに泊まるミステリーツアー 1日目




クラブツーリズムの旅行案内に

「標高1600mの高原リゾートホテルに泊まるミステリーツアー」

というのが載っていました.。

今までミステリーツアーというものに興味があったのですが、

1度も参加した事がありませんでした。

何処へ行くのかしら?

そう思って、キーワードに「高原リゾートホテル 標高1600m」と入力

検索して見ましたら、ヒットしました(^^)v


ホテル リゾリックス車山高原

HPを見ると、ホテルの外観、お部屋、大浴場など

旅行案内に載っていた写真と全く同じでした。

車山高原だったら行ってみたいわね~

という事で、早速申し込みました。







明石を8:30に出発!

「ミステリーツアー」というだけあって、

どの方面へ行くのかも教えてくれません。

でも、私たち夫婦は、信州方面へ行くのだと確信していました。

広い高原の秋の風景を見るのを楽しみにしながら・・・








私たちを乗せた観光バスは、予想通りの進路を走って行きます。

多賀SAで速弁を買って車内で昼食。

諏訪ICで高速を降りてビーナスラインに入りました。








正面に八ヶ岳が見えてきました。

旅行を申し込むときに、プラス1000円を払うと、

前から3列目までの席が確約されます。

私たちは、1日目は1番前、2日目は2列目でした。









蓼科山も見えてきました。








木々も色づき始めています。








霧ケ峰高原へ入ると

ススキの穂が太陽の光でキラキラ輝いています。








先ほど、下界から見た蓼科山を見ると、

私たちの目線が大分高くなってきたのが分かります。








霧ケ峰高原の「霧の駅」に到着!








ここで自由散策になったので、

向かい側にある蛙原(げえろっぱら)という

ちょっと不思議な響きのエリアを散策。

見渡す限り、一面のススキ野原です♪









グライダーエリアには、

2機のグライダーが待機しています。








向かって左が蓼科山

その右側が八ヶ岳連峰です。








霧鐘塔(むしょうのとう)

霧ケ峰は霧が多く、

時には何も見えなくなるほど濃い霧に包まれる事があります。

その中で道に迷う事のないよう、

方向を音で知らせる設備として

昭和34年にこの塔が立てられました。

現在では、霧ケ峰のシンボル的存在として親しまれているようです。


又、「この鐘を鳴らすと幸せになる」との声が聞かれるようになったと、

案内板に書かれていました。








関東の富士見百景








矢印の先に、うっすらと富士山が見えたんですよ。

でも、こうやって見ると分かりにくいですね~(^-^;

よ~く見ると、微かに映っているのですが・・・








先ほど待機していたグライダーが飛び立ったようです。

まだウインチ曳航をしている所なので

機体は、電動モーターが付いたワイヤーロープで引っ張られています。












霧ケ峰高原にお別れして

次の目的地に行くのですが、








「ミステリーツアー」という事だからでしょうか、

一体何処へ行くのか、今どこを通過しているのか

添乗員さんから何の説明もありません。








大分下の方へと下りてきましたが、

ここで道路標識を見て、白樺湖に到着したと分かりました。


先にオプションで「○○リフトに乗る 料金900円」というのがあって、

添乗員さんが、「申し込んだ方がいいと思います。」と言われるので、

私たちは、てっきり車山リフトに乗るんだと思ったのですが、

白樺湖の黄金アカシアの丘へ行くリフトでした。








両サイドに黄金アカシア

足元には、お花が咲き乱れています。








コルチカムの群生

自然に咲いているのではなくて、

人工的に植えられたようです。



山頂駅に着きました。







 クリック! 拡大画像 


私たちの添乗員さんは、新人さんらしく

ホントに何も教えては下さいませんでした。

もし、上の様な地図でも用意して下さっていたのなら、

帰りは歩いてお花や山々を楽しみむことが出来たのに・・・

知らなかったので、山頂駅の辺りだけ散策して

帰りもリフトに乗って下り、

その後、集合時間まで暇を持て余しました。

今思うと、お花好きの私たちには、ちょっと残念です(>_<)









フクロウの社








コスモスいろいろ








帰りのリフトも

両サイドの黄金アカシアや








足元のコルチカムを楽しみながら下へと行きました。








ナナカマドの赤い実がギッシリ!








集合時間まで余裕があったので、

白樺湖畔を散策。

ここは、もう秋でした(*^-^*)








夕食は、バイキング

食べ過ぎないよう、少しだけ取るつもりだったのですが、

やはり、こんなにありました(苦笑)



夕食後は、星空観察

ホテルのスタッフさんのお話では、

こんなに沢山のお星さまが見られたのは

久しぶりなんだそうです。

ラッキーでした(^^)v



その後、温泉に入って眠りにつきました。



***** つづく *****







ホテル リゾリックス車山高原






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2017_10
07
(Sat)16:20

神無月の庭に咲く花々・・・




10月の声を聴くと、めっきり涼しくなり、

夜になると寒いくらいで、

慌てて羽織るものを探してしまいます。



お庭の方も、少し秋らしくなってきましたが、

何故か、金木犀の花は少ししか咲いてくれていません。

昨年は、見事に咲いてくれたのですが・・・








セージ バンビューティー

夏の終わりの頃から咲き始めていたのですが、

目立たない所にあるので、

今年は未だ紹介しないでいたものです。








セージ バンビューティー

これから初冬まで、ずっと咲き続けています。








シマススキ

葉っぱが縦縞になったススキ








タカノハススキ

こちらは、葉っぱに矢羽の模様が入っています。

どちらも生け花に重宝するのですが、

株が大きくなり過ぎるのが、欠点といえば欠点。









ローズマリー

この子も、樹形のお行儀が悪くて、

カットの繰り返しです(苦笑)

お料理に使えばいいのでしょうけれど、

私には使い切れていないのです(苦笑)









シュウメイギク ダイアナ

今がシーズンですね(*^-^*)

ピンクの濃淡2色咲きの品種です。








シュウメイギク 桃色








シュウメイギク 白

この子は、蕾が上がってから大分経つのですが、

未だ開花していません。








ムラサキシキブ








吾亦紅



***** ここまでが秋の花 *****








オステオスペルマム セレニティ

咲き始めと終わりで花の色が変わり

そのグラデーションが素敵です。








宿根ネメシア

夏の間お休みしていたのですが、

涼しくなるにつれ、又咲き始めました。








ガザニア








ガーベラ








ガーベラ








ガーベラ



ここまでは、涼しくなって返り咲いたお花たちですが、

これから後は、

夏の間からず~~~っと咲いていたお花たちなので、

変わり映えがしませんが・・・








コダチバーベナ








オキザリス 白








ジュランタ宝塚








八重 ムクゲ








カクトラノオ(ハナトラノオ)








ヤブラン








メドーセージ








ニチニチソウ








ルドベキア








アスクレピアス(サマーピアス)








ジンジャー








メランポジューム








アメジストセージ








シバザクラ 白








シモツケ








ケフィア








ハイビスカス 赤の一重









ハイビスカス オレンジの八重








ヘメロカリス(?)








ガウラ(白蝶草) ピンク








アブチロン チロリアンランプ








ノウゼンカズラ ピンク








ボロ小屋の屋根の隙間から

ノウゼンカズラが顔を出しています。

本来なら、屋根を傷めないように即撤去なのですが、

何しろボロ小屋なので、そのまま楽しんでいます^^








ルリマツリ







今年の夏は夏バテしてしまって、

薔薇の方は放ったらかしでした。

お陰で、いろんな虫にやられて散々です。

今年の秋バラは、お見せできるようなものではありません(涙)

でも、自分の歳(76歳)を考えて、

それも仕方がないと諦めています(苦笑)






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。