FC2ブログ
2019_05
05
(Sun)09:30

史跡から学ぶ天皇家(第2回)~奈良時代~




10日間続いた大型連休も、

残り少なくなりました。

淡路島にも沢山の観光客が来島していますが、

兎に角、人が多すぎて

本来の島の良さを体験していただけるのかしらと、

ちょっと心配しています。



先月の19日に、

スイス在住の友人が上のお嬢さんと、

大阪在住のお姉さん夫婦と一緒に来宅されました。

彼女のところへは、

十数年前にお邪魔したことがあります。

その時は、彼女の家を足場にして、

スイスハイキングを堪能したものでした。

その旅行に、途中から合流したSさんにも声をかけ、

東京から彼女とお嬢さんに会いに来てもらいました。

その時はまだ2歳だったお嬢さんも、

18歳の素敵な女性に変身!

随分年月が経ったんだな~って

改めて実感したものでした。







その後、東京のSさんは我が家に残り、

21日のバス旅行に一緒に参加しました。

Sさんが東京に引っ越されたのは

あの阪神大震災の直後でしたので、

奈良は、とても久しぶりだったそうです。








若草山

麓の古都屋で、早めの昼食をとってから

講師の先生と合流します。








ツアー仲間の人たちが

鹿せんべいを持っていると、

鹿が押し寄せてきます。

ちょっと怖そうでした。








新しい角が生えかけていますね。












東大寺東塔院跡

古都屋から東大寺までは

徒歩で行きます。


この小高くなった所に、

七重の塔をを再建する計画があるそうです。








鏡池

東大寺の建物が見えてきました。








東大寺は、奈良時代の中ごろに

聖武天皇の発願により創建。

大和の国分寺として建てられました。








大仏殿(東大寺金堂)

創建から2度にわたって焼失。

鎌倉と江戸時代に再建されました。

建物は、創建時より縮小されましたが、

それでも、世界最大級の木造建築だそうです。


ノートルダム大聖堂の火災を思い出します。

日本でも、国宝級の建物が

沢山火災に遭っているそうですが。








唐破風(からはふ)の端から端までと、

参道の幅と同じだそうです。

点線を引いてみると、そうだと分かるのですが

遠くから見ると、そうは見えませんね。








毎年、大晦日から元旦に

正面唐破風(からはふ)下の観相窓が開かれ、

大仏さまのお顔を外から拝しながら

新年を迎えることができるのです。








大仏 さま(毘盧遮那仏)








座高の三分の一が頭になっています。

これは、遠近法を利用して、

お顔が身近に感じられる様になっているのです。








大仏様の前の左右に、大きな花瓶。

蝶々の足が8本になっています。

ちょっと不思議です。








東大寺西塔院跡



東大寺については、

以前のブログで詳しく書いていますので、

今回は、この辺で止めておきます。












法華寺門跡

東大寺が総国分寺に対し、

法華寺が総国分尼寺になります。


光明皇后が皇后宮としてお住まいになられ、

その後、「総国分尼寺」とされた後も、

お住まいとされていたので

門跡寺となります。








ここは、平城宮の東北に位置し、

藤原不比等の邸宅だったところ。

その後、不比等の三女だった光明皇后が

住むようになったそうです。








薬師堂








鐘楼堂と本堂

とても広い境内です。








国史跡 名勝庭園

御所のお庭を客殿と共に移築したと伝えられる庭園で

これを「仙洞うつし」というそうです。








花しょうぶの咲く頃は、

さぞかし奇麗でしょうね~~~☆彡








マンサクでしょうか・・・








八重の桜








本堂








放生池に浮かぶ護摩堂








華楽園へ・・・








1年を通じて

四季折々の花々が楽しめるようになっています。








白い藤の花が見頃です。








光月亭

奈良県月ヶ瀬村の民家を移築したもの。

18世紀中頃の茅葺の建物です。








浴室(からふろ)

光明皇后が病気の人等の沐浴のお世話をした所。

珍しい蒸風呂です。












奈良市役所駐車場でバスを降りて

平城宮跡まで歩きます。












こちらは、何かの史跡を復元していると聞いたのですが、

私が覚えているのは、

講師の先生がプロポーズした場所だという事。








第二次大極殿などの跡。

円柱形のツゲの木で

柱を表しています。







復元された第一次大極殿

うっかり写真を撮っていなかったので、

前のブログから持ってきました(^-^;








大極殿 中央には、「高御座(たかみくら)」が…

天皇の玉座です。



今回の即位の礼では、

昭和天皇や上皇の時と同じように

京都御所の紫宸殿にある高御座

使用されることでしょうね。








朱雀門








朱雀門から復元建設中の南門を見る。








朱雀門















復元された遣唐使船とせんとくん








古都屋でのランチ

柿の葉寿司は食べ切れなかったので、

帰りの夕食の足しにしました。







もうすぐ次女一家がやってきます。

お正月以来久しぶりなので、

とても楽しみに待っています♪






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。


スポンサーサイト
2019_04
27
(Sat)20:40

明石海峡公園のチューリップアイランドパーティー




大型連休が始まりましたね。

年金暮らしの我が家は、一年中連休。

こういう時は何時も、外出を避け

家の中でのんびりと暮らします。



最近、ブログの更新に熱が入らなくて、

庭の花々の写真や、外出先で写した花の写真などは、

お手軽にFacebookやインスタにUPするだけで、

ブログの方はスルー。

でも、先日行ってきた「史跡から学ぶ天皇家」の2回目

どうしても記録に残したいので、

久しぶりにブログ日記を書こうと思い、

ブログ用のフォルダーを開けて見ました。

で、そこから

画像処理をした明石海峡公園の写真が出てきたのです。

そうだった・・・

更新しようと思って忘れていたのでした。

2週間も前の写真なのですが、

そういう訳で、簡単にUPさせて戴きます。










毎春、長女は

明石海峡公園のチューリップを見にやってきます。

今年は、今月の第二週目の土曜日でした。








「ポプラの丘」のチューリップ








「月のテラス」からは、

「大地の虹」に広がる

雄大な花風景が一望できます。








「花の中海」に沿って

たくさんのチューリップが咲き乱れています♪








チューリップに近づいてパチリ!








チューリップの根元にはネモフィラ








今頃は、チューリップが終わり、

一面ネモフィラの絨毯になっている筈です。








雲一つない青空・・・

2,3日前までは肌寒かったのですが、

一気に春がやってきました。








気兼ねなく写真が撮れるようにと、

開園と同時に入園。








お陰で、見学者は少ないです。















アヒルの母子のトピアリー








「大地の虹・北花壇」








「陽だまりの丘」のリビングストンデージー








夢ハッチ号

トラムに乗って楽々移動できます(有料)。








「移ろいの庭」の階段花壇








「花の谷」のシバザクラ








「陽だまりの丘」のセイヨウスイセン








「陽だまりの丘」

昨年まではここに、

可愛い風車小屋が立っていたのだけど・・・

1番の見ごろの時に行った、明石海峡公園のチューリップ
(↑クリック!)








向こうに見える建物は

ウェスティン・ホテル

2002年のワールドカップサッカーの時に

来日したイングランドチームが宿泊。

偶々10階のベランダからファンに手を振っている

ベッカムを見かけたという

ラッキーな思い出のあるホテルです(*^^)v








左上に見えるのは

本州と四国を結ぶ高速道路








土曜日ということで家族連れが多く

花の中海のスワンはフル活動です。








「大地の虹」南花壇








車を止めた駐車場の関係で

連絡口ゲートから入って、

「花の中海」の周りを時計回りに一周















正面ゲートではタコさんがお出迎え















一周して、連絡口ゲートまで戻ってきました。








遅咲きの桜でしょうか・・・

青空に生えて素敵です~~~☆彡








Plants Cafe コハルビヨリ でランチ








その後、あわじ花さじきへ行ったのですが、

いつもの入り口が工事中

横のほうから少し覗いただけで帰路につきました。







にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。



2019_04
12
(Fri)21:00

北陸33観音巡りの旅(第1回)




マタマタ久しぶりのブログです。

その間、いろいろな行事がありましたが、

以前のようにブログに熱が入らなくなり、

「ま、いいか・・・」と、

ブログに載せないで終わってしまいました(^-^;

桜の花が咲き、我が家の庭の花々も

今を盛りと咲き誇っていますが、

こちらの方も、毎年のことだからと、

写真は撮っているものの

ブログのほうはスルーしています(^^ゞ



ただ、今月から始まった北陸33観音巡りは、

後で見直すことが出来るように

頑張って記録に残したいと思います。







今回のツアーに参加して1番驚いたことは、

メンバーの3分の2の人たちが

中国観音巡りでご一緒した人たちだっという事。

「まるで同窓会みたいね」と

お互いに、久しぶりの再会を喜びあいました♪









第1番 青葉山 中山寺(あおばさん なかやまじ) 真言宗御室派
・・・ 福井県大飯郡高浜町中山 ・・・




仁王門








仁王門の金剛力士像

鎌倉時代の作で国の重要文化財








本堂は、標高100mの所に立っているので

仁王門を潜った後、

久しぶりに石段を上っていきます。








青い空に満開の桜の花が映えますね^^

最高のお花見日和です(^^♪








本堂(重要文化財) 鎌倉時代

檜皮葺の屋根が

美しい曲線を醸し出しています。







<↑中山寺のHPより拝借>

ご本尊の馬頭観音菩薩像(鎌倉時代)も重要文化財。








美しい高浜和田海岸が一望

「高浜」といえば原発を思い出しますが、

この近くなのでしょうか・・・








茶室 望洋庵

以前の茶室は、20年前の台風で崩壊。

平成22年、ご本尊・馬頭観音の御開帳を記念して

裏千家今日庵に設計を依頼。

鵬雲斉千玄室大宗匠により

「望洋庵」と命名されたそうです。








中は、立礼茶室になっていました。








中国観音巡りの時から利用していた

私たちの観光バス

トイレ付なので、長距離でも安心です(*^^)v










第2番 本光山 馬光寺(ほんこうざん まごじ) 高野山真言宗
・・・ 福井県大飯郡高浜町 ・・・




若狭の苔寺と言われています。








この長い石段を登るのが

正規のルートなのですが、

苔で足が滑って危ないので、

もう少し上のほうまでバスで行きました。








創建は仏教文化が花開いた飛鳥時代

聖徳太子が開祖と伝えられています。








苔むした風情のある石段です。

上る時は大丈夫でしたけれど、

降りる時は、ちょっと怖かったかな?








観音堂







<↑北陸三十三観音巡りのHPより拝借>
ご本尊は、このお寺も馬頭観音でした。








石仏群

鎌倉から江戸時代のもの。

木漏れ日を浴びながら

静かに歴史を語りかけています。








扇石

山門をくぐると扇の形をした石があります。

末広がりで縁起がいいので、

これを踏むといい事があると言われています。












昼食は、四季彩の宿 花椿で。

大満足~~~✨












小浜公園

お花見をしています♪








ここは、バスを降りて、

次のお寺に行く道中なんです。

私たちも、歩きながらお花見です(*^-^*)








第4番 青井山 高成寺(あおいさん こうじょうじ) 臨済宗南禅寺派
・・・ 福井県小浜市 ・・・



足利尊氏が1339年に若狭小浜に建立した安国寺です。


安国寺とは

足利尊氏・直義の兄弟が、国家安穏を祈願し、

南北両朝の戦没者供養のため、

日本の各国ごとに建立させた禅寺の事。








楼門








本堂

ご本尊は、千手観音立像です。















八重の桜が素敵~~~☆彡








空を覆うかのような大木








又歩き花見をしながら

駐車場まで戻っていきます。








素晴らしい青空でしたが、

翌10日は、打って変わったような

冷たい雨が降る日・・・

私たちは、付いていました(^^)v












若狭フィッシャーマンズワーフでお買い物。

建物前の蛸壺らしきものが面白かったので

パチリ!










第3番 岩屋山 妙楽寺(いわやさん みょうらくじ)高野山真言宗
・・・ 福井県小浜市 ・・・




駐車場から仁王門へ向かう途中

素敵な花々に迎えられます♪








馬酔木








あなたはだあれ?








そして、可憐なあなたの名前は?








仁王門








本堂

鎌倉建築の様式を残している

寄棟造り檜皮葺きの本堂は

県内最古の木造建築物の一つで、

重要文化財に指定されています。








千手観音立像(重要文化財) 平安中期

僧行基の作と伝えられています。

24面の千手観音は珍しく、

又、みんなに救いを差し伸べる手は

名前通り、ホントに千本あるそうです。








地蔵堂








本堂横の高台に

薬師堂とお大師さま








駐車場にあったお手洗いでさえ

桜の花に彩られて素敵な建物に見えます(*^-^*)







北陸33観音巡りの第1回目は

好天気と桜の花に恵まれ、

思い出深い素晴らしいツアーになりました。

次回は来月・・・

楽しみが一つ増えました。





にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。


2019_03
23
(Sat)17:00

史跡から学ぶ天皇家(第1回)~飛鳥時代~




今までに、「教科書でもう一度習う日本史」

「奈良大和路あるき」の2種類に参加した事のある

奈良語り部の会の山崎先生の歴史シリーズ

新たに始まったので、早速申し込みました。

今回は、年号が変わる年にちなんで、

天皇家の事をお勉強します。








一回目の初めの見学地は、

日本史シリーズの1回目と同じ

甘樫丘(あまかしのおか)へ。

前回の時は5月だったので、

坂道を歩くと汗をかいたのですが、

この日は、真冬に戻ったかのような

凄く寒い日・・・

歩いていると、寒さを忘れました(苦笑)



天皇家のご先祖は天照大御神

先日お参りした伊勢神宮のご祭神にもなっていますが、

「天皇」という称号は何時出来たのでしょうか・・・

天武天皇の時代に「天皇号」があったのは

資料で分かっているそうですが、

使われ始めた時期は、推古天皇まで遡る

という説もあって、

ハッキリとは分かっていないそうです。

取りあえず、天武天皇、推古天皇ゆかりの

飛鳥時代からお勉強することになしました。








甘樫丘(あまかしのおか)

参加者は、バス満席の48名。

山崎先生のツアーは、毎回大人気なんです。







 クリック! 拡大画像 

飛鳥京の絵図です。








飛鳥京があった所








飛鳥寺が見えますね(*^-^*)

この後行きます♪








こんな立派な屑籠が2個もありましたよ。






反対側を見ると、藤原京跡があり、

有名な大和三山が並んでいます。




畝傍山(うねびやま)

その奥のふたコブの山は二上山








耳成山(みみなしやま)








香具山(かぐやま)








大和三山の写真を撮っていた時

講師の先生が都塚古墳の内部の説明をされていました。

聞き逃しました(^_^;)

残念!








飛鳥川

甘樫丘の麓にそって流れています。












飛鳥寺

蘇我馬子が発願し、推古天皇が創建された

日本初の本格的寺院です。







ご本尊 飛鳥大仏

日本最古の仏像なのですが、

撮影OKでした(^^)v

「多分、もう少ししたら撮影NGになるでしょう」

ど、講師の先生。








創建当時の飛鳥寺 復元図

とても広大でした。

ここを、聖徳太子も歩いていたのでしょうね。








中庭








金堂

元あった金堂は、

1196年の雷火で塔と共に焼失。

幸いにも、飛鳥大仏は無事だったそうです。








金堂礎石

現在の建物よりも、はるかに大きいです。








塔の跡







八重の紅梅が綺麗~~~☆彡








都が平城京へ移るとともに、

飛鳥寺も現在の奈良市に移転し、

元興寺(がんごうじ)となりました。


元興寺については、

ならまち散策で、山崎先生に案内して頂きましたが。








蘇我入鹿首塚と伝えられている五輪塔

大化の改新の時、飛鳥板蓋宮で

中大兄皇子らに暗殺された

時の権力者・蘇我入鹿の首が

ここまで飛んできたそうです。








向こうに、最初に行った

甘樫丘が見えます。



五輪塔の後ろの田んぼでは、

大化の改新を起こした中大兄皇子と中臣鎌足が

蘇我入鹿の暗殺計画をしていたのだとか。

前の時は、

最初に出会った場所だって聞いたのですが・・・








白のジンチョウゲを後に

次の目的地へ・・・












国営飛鳥歴史公園館

今回は、中尾山古墳に行くために

駐車場を借りただけで

建物の中には入りません。








最初、ただの大きな石だと思ったのですが、

よく見ると・・・








高松塚古墳の壁画が刻まれています。












中尾山古墳

聖武天皇の父君の文武天皇陵と言われていますが、

宮内庁は違う処を指定しているので、

定かではないそうです。

尾根の上に造られているので、

位の高い天皇のような人のお墓になります。








石室内部








柵が八角形にめぐらされていますが、

墳丘も 三段築成の八角形墳です。








このホームベースのような形の石は

八角形の内角・135°を表しています。








木の葉が落ちた今の時期だけ

こちらから高松塚古墳が見えます。








駐車場への帰り道、向こう側の

高松塚古墳へ続く道をパチリ!












キトラ古墳へ・・・








キトラ古墳

現在の墳丘は、発掘調査の成果をもとに、

上段・下段とも築造時の大きさに復元しています。








キトラ古墳の地形復元模型

尾根の上ではなく、少し下にあるので、

皇子のような身分の人のお墓になるそうです。






キトラ古墳壁画体験館 四神の館




原寸大石室模型







石室模型の入り口にあった壁画 朱雀


実際は東西南北の四壁の中央に

四神の青龍、白虎、朱雀、玄武が描かれています。








誰が埋葬されているかについては、

天武天皇の皇子という説や

百済の最後の王の子などの説があるそうです。








1983年、最初に発見された極彩色の壁画玄武

高松塚古墳に次いで2例目となる

大陸風壁画古墳として注目を集めました。









四神の館 天井の天体図

石室の天井には

三重の円同心(内規・赤道・外規)と黄道、

その内側には北斗七星などの星座が描かれ、

傾斜部には西に月像、東に日像を配した

本格的な天文図があります。

これは、現存するものでは

東アジア最古の天文図になるそうです。








渡来人の家の模型

この時代は、

渡来人がもたらした文化に

大いに助けられたそうです。







 クリック! 拡大画像 










植山古墳(うえやまこふん)



植山古墳公園

向こうに畝傍山(うねびやま)が見えます♪








2種類の柱列がありますが、

これは・・・








古墳の内部と外部を隔てる

塀のようなものがあったと考えられています。

現在は2辺しか見つかっていませんが

内角から考えて、

八角形であったと思われます。



二つの石室があり

推古天皇と子の竹田皇子の墓との説があります。








植山古墳は、現在整備中で、

ブルーシートで覆われていました。








残念ながら古墳は見られなかったので、

参考になるかもと思って、

傍に立っていた案内板を写してきました。








こんな感じで発見されたのでしょうね。








帰りがけに空を見ると、

うっすらと虹が出ていました。

この日は、真冬に逆戻りしたかのような

ものすごく寒い日でしたが、

天気予報の雨というのが外れて

傘をささなくてよかったのが

せめてもの救いでした。



次回は奈良時代

どんなお話が聞けるのか楽しみにしています(^^♪







昼食は、柿の葉寿司ヤマトで

柿の葉寿司付き大和弁当

寒かったので、

暖かいお素麺がおいしかったです。

その他は・・・(^-^;







にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。


2019_03
19
(Tue)20:20

伊勢旅行 2日目(観光列車「青の交響曲」乗車体験記)




前回の旅日記の続きです。

ホテルで快適な眠りにつき、

朝起きてみると、残念ながら雨・・・

天気予報の予想通りです。

こういう事もあるんだと気を取り直して出発!

最初に、二見ヶ浦へ行きました。








二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)の鳥居

潜り抜けて行くと・・・








有名な夫婦岩です。

夏至の日には、

この夫婦岩の真ん中からご来光が見られるそうです。








こちらから参拝するようになっています。








二見興玉神社

伊勢神宮への参拝は、外宮→内宮という順序を守るのが、

古来からの習わしになっているのですが、

その前に、こちらでお参りするのが

理想的な順番なのだそうです。








天の岩屋

天照大神が隠れられた処(日の入処)のひとつ、とされています。








お役目の終わった夫婦岩の大注連縄











 クリック! 拡大画像 


伊勢神宮 下宮

この頃には雨が上がってきたので

ホッと一安心!








正宮

約1週間前にお参りした時は

参拝客がいっぱいでしたが、

今回は平日(月曜)だった為

お参りしやすかったです。








多賀宮(たかのみや)に通じる長い段も、

人が少ない・・・








多賀宮(たかのみや)

前回は、お参りする人たちが

あまりにも長い列を作っていたので、

諦めて横からお参りしたのですが、

今回はこんな感じ。



下宮は、前回のおさらいを兼ねて、

ゆっくりと参拝しましたが、
 
内宮の方は、何度も行っているので省略しました。












おはらい横町








白鷹の店先には、杉玉の他、

しめ縄が飾られています。

伊勢では一年中ずっと飾るのだそうですよ。








こちらも、人が少なくて歩きやすい♪

やっぱり、観光は平日がいいですね(*^-^*)








おかげ横丁








前回と同じ「はいからさん」でランチ

夫はカキフライ、長女はエビフライ

そして私はハンバークを頂きました。

3人共大満足~~~☆彡








食後のデザートは赤福で。








赤福餅を頂きました。

やはり、作り立ては美味しいです(^^)v








おはらい横町に戻ってきました。








五十鈴川カフェで、








五十鈴川を眺めながら

ネルドリップで入れたコーヒーを楽しみました♪








2時間あった自由時間ですが、

今回は長女も一緒だったので、

横町歩きが楽しくて、

内宮にはお参りしなかったのに、

あっという間に時間が経ってしまいました。










次は、「青い交響曲」に乗るために

吉野までバスで移動





途中、トイレ休憩で立ち寄った道の駅で、

看板の上に並んだ可愛いワンコの置物を発見!








3月4日だったのですが、

まだ吊るし雛が飾られています。








可愛いですね~~~☆彡












吉野駅に到着!







私たちが乗る電車は、16:04発








Blue Simphony(青い交響曲)








「Blue Symphony」と記されたエンブレム








横から見た感じもクラシカルでお洒落♪

ワクワクしながら乗車!








車内の様子

前日に乗ったしまかぜとは、

雰囲気が全然違います。








ちょっとサロン風

青い交響曲は、

真ん中にダイニングカーを挟んだ

たった3両連結のこじんまりして列車です。

ちなにみ、しおかぜは6両連結でした。








可愛い図書コーナーもあります。








頂いたコースターの裏に

乗車記念スタンプ








下車後に窓から写したダイニングカー

沢山の人が記念にと押し寄せていたので、

私たちは行きませんでした。







今回は、観光というより、

観光列車に乗るのを目的としたツアーでした。

2週続けて伊勢神宮へいくというハプニングもありましたが、

次女が一緒だったので、

又違う楽しみもあって、

思い出深い旅行になりました。

「ななつ星」のような超高価な列車は

我が家にとっては高根の花ですが、

こういったお手軽観光列車には、

機会があれば、また挑戦したいと思いました。



***** おしまい *****







にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。