2017_04
24
(Mon)15:00

古希記念の同窓会&翌日に行った国営明石海峡公園




絶好の行楽シーズン到来で、

楽しいイベントが目白押し。

嬉しい悲鳴を上げています。

ブログの更新もなかなか追いつけなくて、

また、少し前の日記になってしまいました。







前日の台風のような荒れたお天気とは打って変わって、

見事な好天気に恵まれた翌日(4/18)に、

舞子ビラ で、恩師を囲んで、

高校の3クラス合同の同窓会がありました。








太平洋戦争が始まった1941年生まれの私たちは、

今年古希を迎えました。

それを記念して、懐かしい級友たちが集まったのです。



物故者に名前を連ねた人たちや、

闘病中で参加できない人も沢山いましたが、

そんな中、元気に参加できた幸せを

改めて感謝したものでした。







夜は、仲良し組で舞子ビラに宿泊。

翌日は、有志8人を大好きな国営明石海峡公園へ案内しました。








10日程前に行った時と比べて、

花壇の色合いが、優しくなっています。








チューリップが咲き終わり、

その株下に植えられていたネモフィラが

次の主役になろうとしています。








白チューリップ バラードホワイト








大地の虹(北)エリア








大地の虹(北)エリア

ネモフィラの淡いブルーが優しく、

10日前のカラフルな花壇とはまた違った魅力になっています。








未だチューリップの花が残っているところでも、

ネモフィラが顔を出していて、

これも又素敵です♪








そういえば、前の時は曇り空だったのですが、

今回は、素晴らしい青空が広がっていました。








夢ハッチ号

私たち女性陣は足取りも軽く、

花から花へと歩いて行ったのですが、

男性陣は、夢ハッチ号に乗って園内を回ったそうです。








この公園は、2000花博の時に作られたのですが、

大きな石組が随所にある素晴らしい公園なんです。

チューリップの咲いている時は、

お花に気を取られて、つい見逃してしまいますが・・・








公園の上の方を走っているのは、 神戸淡路鳴門自動車道

二つの海峡(明石海峡と鳴門海峡)を渡って

本州と四国を結んでいる高速道路です。








明日(4/25)、芦屋の友人と又ここに来ますが、

その時はきっと、このチューリップは咲き終わって、

殆どネモフィラの海になっていることでしょう!








陽だまりの丘 リビングストン








前来た時は、お花はまだチラホラと咲いている程度でしたけれど、

今回は、見ごろを迎えていました。








花の谷  ピンクや赤・白色のお花が絨毯のように広がる  シバザクラ








シバザクラ

間には百合の株が見え、

次の出番を待っているようです。








ベニバナマンサク

やはり、お花を撮る時は、

バックが青空の方がいいですよね(*^-^*)








白 フリージア








月のテラスからの眺め








手前の淡路島の地図も一緒に・・・








こちらは、前回の 月のテラスからの眺め

どちらの方がお好きですか?








これは、前回写した荷車の寄せ植えですが








今回は、こんな感じでした。








そして、前回のチューリップの寄せ植えは・・・








こんな風に変化しています。

チューリップの花が終わると次の花へ・・・

スタッフの方たちの努力が伺えます。







明日は、芦屋の友人と又ここへ。

そして、明後日は京都ウォーキングで二条通を歩きます。

そのお話は、また今度・・・







にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






スポンサーサイト
2017_04
16
(Sun)19:50

あわじオープンガーデン “風の通る庭”




今年も あわじ オープンガーデン が始まりました。

4月は昨日と今日(15,16日)でした。

今年から当分の間、オープンガーデンへの参加をお休みさせて頂いている私。

第4週にあると勘違いしていたのに気が付いたのが今朝。

11時位に一か所だけでもと思って

歩いて5分くらいの所にある 風の通る庭 にお邪魔しました。








木製の素敵なゲートのあるお庭








お花に囲まれたトトロがお出迎えしてくれます♪








ファセリア(?)








西洋カタクリ








星咲きアッツ桜








ラミウム








オーナーのMさんが、

いろいろなお花の名前を教えてくださるのですが、

頭の悪い私には覚えきれません(^-^;








途中から名前を聞くのを諦めました(苦笑)








ジャノメエリカ

見上げるくらい大きな木になっています。

我が家にも以前あったのですが、

大きなカメに植えていたら、根が張り過ぎてカメが壊れてしまい、

エリカもダメになってしまいました。

やはり、地植えがいいのでしょうね。








クリーピングタイム

淡路瓦をMさんがご自分で敷き詰められた小路。

その両側で額縁のように咲いています♪








風の通る庭 は、ナチュラルガーデン








Mさんのセンスの良さが光るお庭です。








アリウム ミツカドネギ

Mさんに頂いたのが我が家にもありますが、

群生すると、又違った雰囲気で、

こういうのもいいなって思いました。








この素敵なチューリップは、

もしかしたら原種???








スパラキシス








ネモフィラ








沢山の種類のお花たちが、

広いお庭で咲き乱れています♪








ホントに、いっぱいのお花たち








このお庭をMさんがお一人でお手入れされています。








そして、そのお庭の様子を

毎日ブログ・風の通る庭に載せてらっしゃるのです。

もう、お見事としか言いようがありません。








ブルーベリーの花

毎年、Mさんから沢山の立派なブルーベリーを頂いています。

甘くて美味しく、そのまま戴いたり、

ジャムにしたり冷凍したりしてヨーグルトと一緒にと、

いろいろと楽しませていただいています。








お庭を見せていただいたお礼を言って帰りがけに

お庭の入り口の立派なマーガレットに目がとまりました。








そして、壁に掛けられた多肉の寄せ植え








リース にも。

M邸に着いた時は、早くお庭が見たくて、

通り道のオブジェには気が付かなかったのです。








玄関脇のお庭にあったこのお花の名前は何だったかしら?

以前、妹から貰ったことのある好きなお花なのですが、

ちょっと名前が出てきません(^-^;



↑このお花の名前は、「しらゆきげし」でした。

ブロ友のさくらさんに教えていただきました。

さくらさん、ありがとうございますm(__)m


*****



Mさん、素敵なお庭を見せて頂きありがとうございました♪

毎年、楽しみにしているんですよ(*^-^*)





にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2017_04
14
(Fri)20:20

桜の花を満喫♪ @諭鶴羽ダム公園




このところずっと、少し肌寒かったのですが、

昨日と今日は、久しぶりの好天気で、

気温も20℃以上に上がりました。

今度は、このままi一気に夏になるんじゃないかと、

我儘な心配をしています(苦笑)







長女と 明石海峡公園でチューリップを楽しんだ翌日(4/9)は、

朝起きると雨・・・

「今日は、お花見は無理みたいね」

と言いながら家で過ごしていると、

10時過ぎに薄日が差してきました。

「やった~!お花見に行ける!」

急いで支度をして、諭鶴羽ダム公園 へ行きました♪









例年よりも開花が遅かったので、

タイミングよく満開の桜に出会えました。

周りのヤマザクラ も綺麗です♪








桜のトンネル を進んでいきます。


普通なら、花見客でいっぱいなのですが、

みなさん、雨で出足が遅いのでしょうね。









バックが青空だったら、もっと素敵なのですが、

雨が降らないだけでもラッキー!

文句を言ったら罰が当たるね。

・・・と言いながら進んでいきました。








この桜の木は、ソメイヨシノよりは白い花を咲かせていて

毎年目につく大きて立派な木。








淡路島の最高峰・諭鶴羽山のふもとにある

諭鶴羽ダムのダム湖の周囲約2kmの沿道に

ぐるっとソメイヨシノが植えられています。








ダム湖を右手に見て向かって進んでいきます。








約800本ものソメイヨシノ が、今を盛りと咲いています♪








所々に ヤブツバキ が赤い色を添えています。








対岸にも、ズラッとソメイヨシノが並んでいます♪








ダムが見えてきました。








巨大な石







 クリック! 拡大画像 

曽我兄弟の仇討ちの話 は有名ですが、

この地にも伝説が残っているのですね。

でも、どんな力持ちだって、持てないと思うのよね~

この大石・・・







ダムの上から見たダム湖

ソメイヨシノとヤマザクラの競演 です。








左側の桜並木は、

私たちが歩いてきたのと反対の方








そして、右側は、

今私たちが歩いてきた方です。

湖に小さな点が三つあるのが分かりますか?








カヌー なんです。

殆ど毎年、ここにお花見に来ているのですが、

カヌーを楽しんでいる人たちを見かけたのは初めてでした。








Uターンして、今度は左手に桜を見ながら

駐車場まで帰ります。








ちょっとキングサリに似た キブシの花 が咲いています♪



  



ここからは、又長女が写した写真です。








彼女は、この日はカメラを持ってこなかったので、

スマホで写しました。








やはり写し手が違うと、印象も変わってきますよね。






















建物は、宿泊等ができる 南あわじ市サイクリングターミナル

手前のテニスコートは、

夫が毎週テニスを楽しんでいる所です。


























これは、昨日撮った 隣の空き地の桜

先日来の雨でも散らずに、見事に咲いています。

やはり、青空がバックだと、

花の色まで鮮やかに見えますよね。



今日は、トールペイントのお稽古日だったのですが、

道中の桜並木は、今も素晴らしかったです。

この土日もお花見が出来ると思うのですが、

生憎、又雨のようですね。






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2017_04
12
(Wed)11:00

国営 明石海峡公園のチューリップ2017




「菜種梅雨」という言葉があっりますが、

今将に、そのシーズンの真っ只中のようですね。

先週の土曜日からずっと、霧雨が降ったりやんだりのお天気が続いています。

昨日は、中国33観音巡りの第2回目に行ってきましたが、

相変わらずのお天気(涙)

でも、本降りにならなかっただけラッキーと思わなくてはね。



先週末に、やっと満開になった桜の木・・・

心配していたのだけど、今隣の空き地の桜を見ると、

今も見事に咲いていました。

よかった! 嬉しい~~~☆彡

多分、今週末もお花見が出来ることでしょう。



  



先週の土曜日に、長女と明石海峡公園へ行ってきました。

チューリップの花が咲く頃に彼女が帰淡するのが

毎年の恒例になっているのです。








奇跡の星の植物館へ通じる連絡口から入って

突き当りにあるオブジェ

井戸の形になっていて、釣瓶には寄せ植え。

奥のボーダー花壇には、チューリップが咲き誇っています♪








左へ曲がると、先日UPした クリスマスローズガーデン

入り口の桜は、八分咲きくらいかしら・・・








左を見ると、チューリップとビオラの可愛い花壇








そして、ここまで歩き進むと、

大抵の人は、「ワォ~!}と歓声を上げます(^^)v








20日ほど前に淡路島にいらした ミモザさんご夫妻 に、

見てい頂きたかったなと思う風景です。








お二人がいらしたときは、

殆どが未だ青い蕾でしたから・・・








向こうに見えるのは、ポプラの丘

曇り空なのが残念ですが、本来なら雨の予報。

雨が降らなかっただけでもラッキーと思わなければ・・・








大地の虹(北)エリア








大地の虹(北)エリア

向こうに風車のオブジェが見えます。

チューリップといえばオランダ

オランダといえば風車ですものね(*^-^*)








花火鳥

震災からの再生と復活の祈りを込めた

高さ4m長さ30mの花火鳥

尻尾まで全部ビオラで出来ています。








花火鳥&チューリップ








チューリップの根元には ネモフィラ

チューリップが咲き終わったら、

ネモフィラが花壇を飾ります。








大地の虹(南)エリア








こちらは、チューリップの模様花壇(太陽と星と月)








変わった形のチューリップを発見!








チューリップ モンテビュー

まるで牡丹か芍薬のような豪華なお花です。








東浦口ゲートを入ると

タコトピアリー が出迎えてくれます♪








タコトピアリーの方から 花の中海 を挟んで、

今来た 大地の虹エリア の方を見ると

お花の形に植えられたチューリップが可愛い♪








連絡ゲートを入って、花の中海に沿って

時計回りに歩いて行ったのですが、

ここには、 すずらん水仙(スノーフレーク)

花やなかチューリップの陰でひっそりと

池の岸辺に並んでいます。








赤いチューリップと、ビオラ、ネメシアの寄せ植え








かわいい夢ハッチ号

東浦口ゲートと淡路口ゲートをむすぶかわいい園内トラムカー

2000花博の時から活躍しています♪








荷押し車の寄せ植え

お花の見ごろは、もう少し先のようです。








ラッパ水仙とルピナス

ルピナスを見ると、以前行ったプリンスエドワード島を思い出します。

懐かしいな~~~☆彡








花の丘道

黄色いエニシダが見事です♪

ずっとカラフルなチューリップを見ていたので、

こういう単色のお花を見るとホッとします。








ポプラの丘を通り抜けて陽だまりの丘







ミモザさんご夫妻と行った時、

見ごろだと思っていたのに、未だあまり咲いていなかった

セイヨウスイセン が見ごろを迎えていました。








例年なら、チューリップが咲く頃には

見ごろが過ぎていたセイヨウスイセン








今年は、初めて同時に楽しむことが出来ました(^^)v








桜の花も、淡路島ではこの日に

やっと満開を迎えました。








月のテラス から見た

こちらから、ポプラの丘、花の中海、大地の虹

花火鳥 も見えます♪








移ろいの庭

上のガセボの反対側は、階段花壇になっています。








もう一度 大地の虹(北)エリア

ちょっと分かりにくいのですが、

風車の右側に あひるの親子のトピアリー があります。








大地の虹(北)エリア から

花火鳥とホテル、ウェスティンが見えます。








ここも、大地の虹エリア







そして、これも 大地の虹エリア

何処を見ても絵になる風景

数えきれないほど沢山の写真を撮りました。








花の中海には スワンボート

ボートに乗って、大地の虹やポプラの丘のチューリプを見るのも

楽しいでしょうね(*^-^*)








この水路には、亀さんが沢山いたのだけど、

写真では分からないですね(*^-^*)







ここからは、長女が撮った写真です。

同じところを写しても、カメラアングルが違うと、

また違った印象になって面白いですよね。

























































アヒルの親子もトピアリー






















花火鳥








花火鳥


















































移ろいの庭 階段花壇








せせらぎ広場

向こうに見える高い陸橋は、高速道路です。















花の谷のリビングストン は、

まだ少ししか咲いていませんでした。

チュリップが咲き終わった頃に

毎年公園を彩ってくれています。





















今、淡路島国営明石海峡公園のHPを見ましたら

春の風景の動画ができました。

大地の虹からポプラの丘への、満開のチューリップ風景です。






思いっきり載せた沢山の写真を

最後まで見てくださってありがとうございました。

この後、 しまこや珈琲

そして翌日は、 諭鶴羽公園へお花見 に行き、

満開の桜を楽しみました(^^)v



***** つづく *****






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2017_04
09
(Sun)21:38

本格的コーヒー豆の専門店 「しまこや珈琲」の一周年記念と春の花々




今年の淡路島は、桜の開花が遅く、

春祭りの時は、まだ蕾のままだったのですが、

暖かくなった先週の金曜日に、一気につぼみが膨らみ、

今日(4/9)は、満開になりました♪








隣の空き地の桜

地元の人たちにも、あまり知られていない

隠れた桜の名所です♪

お花見をするのに最高の場所なのですが、

残念ながら中に入ることが出来ません。



早朝は、雨が残っていましたが

次第に天気が回復!







毎年、今の時期に西宮在住の長女が、

2000年の花博会場だった明石海峡公園のチューリップ を見に

淡路島に帰ってくるのですが、

昨日、現地で落ち合って、沢山のチューリップ見物を楽しんできました。

そして今日は、諭鶴羽ダム公園へお花見 に行ってきました。


どちらも見ごろで素晴らしく、

沢山の写真を撮ってきましたので、

今写真の整理中です。

出来上がったらUPの予定なので、

良かったら又覗きに来てくださいね。







明石海峡公園でチューリップを楽しんだ後、

家に帰る前に、この前、夫といった しまこや珈琲 へ行きました。

長女も珈琲愛好家なんです。








期間限定のブレンド『春薫る』 をオーダー

爽やかで清々しい感じのするお味でした。

コーヒーカップも素敵で、

黄色は長女ので、イギリスのAynsley(エインズレイ)

コーヒーを飲み干すと、

中に素敵なお花の絵が現れます。


そして私のは、かの有名な 皇室御用達 大倉のアレキサンドリーヌ

とても高価なカップなので、

恐々、でも一段と美味しくお味を楽しみました。



後で、こんなカップで出して下さったおもてなしに

お礼を・・・と思っていましたのに、

他の事でお話が弾んで、すっかり言うのを忘れてしまいました。

改めてありがとうございます!

お心を込めて焙煎し、丁寧に入れてくださったコーヒーは、

ホントに美味しかったです。









今回は、しまこやブレンド100gを購入したのですが、

一周年記念だという事で、

素敵な記念品を私たち二人に頂きました。








コーヒー豆が入った袋を外すと、

下にメッセージが・・・

は~い、二年目も美味しいコーヒーを楽しみに

又寄せていただきますね(*^-^*)








イラストは、プロの漫画家でもあるマスター作で

文字は、ママさんの作

デフォルメされたお二人の似顔絵は、

見ているだけで微笑ましくて、

末永く仲良くお幸せに・・・と、

つい、母親のような気持になって応援してしまいます。







お・ま・け

我が家の庭の花々




春水仙が咲き始めていますが、

みんな頂いたものばかりなので、

名前は分かりません(^-^;






















山茶花の生け垣が老齢で、

根元の枝が枯れて無くなってしまたので、

沢山増えたすずらん水仙の球根を植えました。








今が見ごろです♪








可愛いです~~~☆彡








レンギョウ

挿し木から育てたものです。








ユキヤナギ&レンギョウ

お似合いのカップルです(^^)v








ハナニラ(ブルー)








ハナニラ(淡ブルー)








ヒトリシズカ






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2017_04
04
(Tue)18:00

淡路島の春祭り




4月になりました。

春で~す♪

1月2月とおとなしくしていた私たち夫婦も

いよいよ活動開始!

今月は、沢山の楽しい予定が既に満載!

どうやって予定をやり繰りしようかと、

今、嬉しい悲鳴をあげています(*^-^*)







先週の日曜日(4/2)は、私たちの街の 八幡様の春祭り でした。

毎年、正午頃に町内の人たちが集まって

お花見を兼ねての楽しい宴会をします。

残念ながら、今年は桜の開花が遅く、

まだ蕾のままだったので、お花見は出来ませんでしたが・・・

東京は、既に満開というのに不思議です(?_?)


今年は、私たちの隣保がお世話のお当番。

また、輪番制の隣保長が私の番だったた為、

宴会の写真を撮る余裕はありませんでしたので、

ずっと前に日記に書いた分 をリンクしておきます。

もし、ご興味がおありでしたら覗いてみてくださいね。








宴会の後片付けもそこそこに、 なないろ館前 へ。

地区のだんじり(16台) が、ずらっと並んで、

お神輿を待っています。








お神輿の到来!

今まで、「トンテントン」 と鳴り響いていた だんじりの太鼓のリズム が、

お神輿を迎える音 ・ 「ドドドドド・・・」 と変わります。








生憎、カメラを持っていなかったので、

携帯のカメラで写したのですが、

写真の大きさの設定を、メール用にしていて、

うっかり、そのまま写したので、

ボンヤリしていますがご了承くださいね(^-^;








沢山の人たちが集まっています。



男性は数え歳42歳の時に厄年を迎えますが、

前年の 前厄の歳の男性たち が、

毎春、お神輿を担いで厄を落とします。








人形浄瑠璃による厄払い








一緒に、見物人の厄も落としてくれます。








みんなで、 エイ エイ オ~!








餅撒き です♪









人が多いので、拾うのを諦めて、

後ろの方で見物していたのですが、

偶然、足元に落ちてきたのでGET!

当たりくじが入ったのが100個あったそうですが、

私のには、何も入っていませんでした(苦笑)







 クリック! 拡大画像 

翌日の神戸新聞の記事です。






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。








2017_03
23
(Thu)16:30

ワシントン州からの素敵なブロ友さんご夫妻と一緒に淡路島観光




前回のブログにも書きましたが、

先週の土曜日(3/18)に、

ワシントン州在住のブロ友・ミモざさんが

ご主人と日本旅行をされている途中

我が家にも立ち寄ってくださいました。



いらした当日は、我が家でノンビリとしていただき、

翌19日は、淡路島観光にお誘いしました。








最初は、 淡路人形座 で、

郷土が誇る伝統芸能の 淡路人形浄瑠璃 を鑑賞していただきました。


ちなみに、この 動画(←クリック!)で

人形浄瑠璃の事が紹介されていますので、

興味のある方は覗いてみてくださいね。







昼食後は、 水仙の丘




いざなぎ神宮から南へ約300m行くと、

眺望の良いいざなぎの丘に

黄色いラッパ水仙が咲き誇っています。








40アールの土地に 約10万本のラッパ水仙








管理人の井上さんが、1997年に

ミカン園だった丘陵地に

ご自宅で育てられていらスイセンの球根を植栽されたのが始まり。

20年間で、こんなに広がったのですね。








小さな犬小屋に可愛いワンコ

実は、このワンコは置物です(*^-^*)

最初、騙されました(苦笑)








竹で作られたお手製のオーナメントが

随処に飾られています。








竹製の飛行機のプロペラ用に太陽電池。








ご厚意で無料で入ることができます。

手入れのご苦労を思うと、ありがたいことです。







次は、県立明石海峡公園 へ・・・




クリスマスローズガーデン では、

今が盛りとクリローが咲いています。








お花がいっぱい咲いていて見事です♪








少しだけカメラを近づけて写してみました。








そういえば、我が家のクリローさんたちも、

今綺麗に花を付けているんだったんだわ。








私って、外で見るお花たちには

直ぐにカメラを向けるのだけど、








我が家の花たちは、横目で見ながら通り過ぎるだけ。








久しぶりにお庭の花の写真を撮らなきゃね(苦笑)








水仙の丘のラッパ水仙は、見ごろを迎えていましたが、

こちらの方は、まだ7分咲きくらい。








ちょっと期待外れでした(^-^;








川津桜の木がたくさんあると聞いてきたのですが、

公園の敷地が広すぎて見つけられませんでした。








少しだけ桜の花を見てお花見








ミモザの花 が、青空をバックに素敵です♪

私が、「ミモザさんの木」と言ったら、

彼女曰く、本当のミモザはオジギソウの事

なんですって・・・



私たちがミモザって読んでいるアカシアはマメ科アカシア属で、

多分葉っぱがよく似ているので誤用されたのでしょうね。

一つお勉強させていただきました。








予想通りチューリップは、まだ緑の葉っぱ。








4月には、この辺り一帯が、

見事なチューリップで飾られるのですが・・・



ちなみに、昨年 と、一昨年

見ごろを迎えたチューリップを見に行った時の日記をご紹介します。

明石海峡公園へ行くには、このチューリップの咲く頃がお薦めなんです。








もう一度桜の花にご挨拶をして









最後に、奇跡の星の植物館



この温室は何度もブログに書いているので、

今回は、 淡路瓦 にターゲットを当ててご紹介します。








淡路の大地が生んだ 淡路いぶし瓦








プロデューサー・辻本先生が、

植物と瓦をコラボした素晴らしいデザインを

次々と発案されています。















淡路瓦と苔のコラボ








花見の庭-百花繚乱、春の宴-

やはり、最後はここの写真で締めくくりたいと思います。








今回は、左手前に、

もう一つ大きな苔玉が出来ていました。







ミモザさんご夫妻は、

翌20日の10:20発のバスで京都に向けて出発されました。

ブログでの交流があったからでしょうか。

ずっと前からお知り合いだったみたいに、

最初から打ち解けて、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

ブログっていいな~って、改めて思ったものでした。


ミモザさん、ダーウィンさん、

ワザワザ淡路島くんだりまで来てくださって

ホントにありがとうございました。

是非是非、又いらして下さいね~~~☆彡








にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2017_03
08
(Wed)22:00

歴史的大発見だった松帆銅鐸が、一時淡路島に帰ってきました(*^-^*)




平成27年4月、

南あわじ市で大発見がありました。


市内の工場の砂置き場で、

約2000年以上前の弥生式時代に作られた

7個の銅鐸が見つかったのです。


発見された場所の地名から

「松帆銅鐸(まつほどうたく) と名付けられました。


大発見がいくつもあって、

考古学者から「国宝級の資料」だと注目されているそうです。


その後、島外の研究所でいろいろと調べているのですが、

今回、一時、地元に戻ってきて、

中央公民館で展示されているので見に行ってきました。







展示室の入り口には、レプリカの銅鐸がぶら下っていて、

多分こんな風に使われていたのだろうと思われます。








展示室に入って、1番先に目に入ってくるのが、この大きな銅鐸

大岩山銅鐸のレプリカ で、明治14年に、

滋賀県野洲市の山の中で遊んでいた子供によって

偶然見つけられた14個の銅鐸の中で1番大きく

日本でも最大の銅鐸 だそうです。








市内で発見された国宝級の銅鐸

興味のある人が多いのでしょうね。

人物を入れないで写真を撮ることが出来ません。








ほかの地方で発見された銅鐸(レプリカ)も、

沢山展示されていたので、

考古学が大好きな人にとっては嬉しいでしょうね。








7つの大発見


↑画像は、頂いた資料をスキャンしたものです


1.1番古い形の銅鐸だった

発見された銅鐸の内の1個は

全国でも11個しかない最古級の菱環鈕式(りょうかんちゅうしき)という形の銅鐸で、

後の6個は、次に古い外縁付鈕式(がいえんつきちゅうしき)という形の銅鐸でした。



2.舌(ぜつ)も一緒にたくさんあった

それぞれの銅鐸の中には、

青銅製の鳴らすための棒(舌)が入っていて、合計7本みつかりました。



3.ヒモが残っていた

舌には、

吊り下げる為の植物で作ったヒモが残っていました。

ヒモが確認されたのは全国で初めて。



4.大量に見つかった

松帆銅鐸は、全国で4番目に多く纏まって見つかり、

特に古い銅鐸が1度に大量に埋められた珍しい例です。



5.鳴らす銅鐸だった

古い時期の銅鐸は、

音を聞く銅鐸だったことが分かりました。



6.入れ子の状態で見つかった

入れ子とは、大きな銅鐸の中に

小さな銅鐸が入っている状態の事です。

なぜ入れられていたのかは分かっていません。



7.特別な場所だった

見つかった場所は、海に近い所でしたが、

他の地方では、海から遠く離れた場所で見つかっています。








向かって右にある松帆5号銅鐸は、

中央の荒神谷6号銅鐸と同笵だそうです。


この時代の鋳型は、石で作られていたので、

何回も使用していました。

使ううちに型に傷が出来るので、

同じ傷が見つかると、同笵とみなされます。

島根県の荒神谷と淡路島・・・

交通手段が発達していなかった弥生時代に、

こういう交流があったなんで不思議です。








左から、松帆1号、2号銅鐸と、慶野中の御堂銅鐸

松帆2号・4号銅鐸と、過去に発見された慶野中の御堂銅鐸も

同笵だそうです。








松帆6号銅鐸(本物)








松帆7号銅鐸(本物)








松帆1号銅鐸と舌(本物)








松帆5号銅鐸と舌(本物)








この綺麗な装飾が残っているのは、

大岩山銅鐸のレプリカなのでしょうか・・・

名前を控えるのを忘れていたみたいです(^-^;







 クリック! 拡大画像 


淡路島で見つかった銅鐸と場所の一覧







 クリック! 拡大画像 


松帆銅鐸と同笵関係にあった

島根県の荒神谷銅鐸と加茂岩倉銅鐸は、

日本神話の舞台となった「出雲」

そして、淡路島も神話の舞台になっています。

やはり、何がしかの関係があったようですね。







この週末(3/12)、市埋蔵文化財調査事務所主催の

松帆銅鐸市民講座のフィールドワーク

神戸市立博物館で 桜が丘銅鐸

野洲市歴史博物館で 大岩山銅鐸 を見学してきます。


今まで、考古学には全然興味がなかったのですが、

淡路島を愛する私にとって、

松帆銅鐸の発見は、とっても嬉しい事。

勝手だけど、急に興味がわいてきました(苦笑)






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2017_03
04
(Sat)17:00

ひな人形と瓦のコラボ展へ・・・




先日(3/1)に、広田梅林へ行った後、

ひな人形と瓦のコラボ展 を見に行きました。









会場は、津井の産業文化センター

この右側の建物の中に展示されていますが、








建物の中に入る前から、既に始まっています。








シーソーにお雛様

私 「雨が降ったら濡れてもったいないね。」

夫 「その時は、中に入れるんだよ」

と、変な心配をしながら中へ・・・








600体以上のひな人形が

淡路瓦と共に展示されているのです。

昨年から始まった催しなのですが、

私たちが行ったのは、今回が初めてでした。








会場に入って、1番先に目に入るのが、

この七段飾りです。

各ひな人形は、瓦の上に座っています。








天井からぶら下ったブランコの上にも

雌雛と雄雛








こちらの七段飾りには・・・








最上段に、巨大な鬼瓦が睨みを利かせています。








瓦を制作するときに使う釜か何かでしょうか??

中にも外にも上にも、

たくさんのひな人形が飾られています。








こちらにも沢山のひな人形が飾られていますが、








屋根の上にだって、いるんです(*^-^*)





地場産業の瓦と津井地区の活性化を目的に

昨年、「瓦とひなまつりの会」というのが発足。

お世話して下さった方たちの

楽しい思いがこちらまで伝わってきました。








土地柄、建物へと通ずる小径も、瓦が敷き詰められています。








柱の基礎部分にも瓦








立派な鬼瓦も、いろいろ展示されていました。

これは、お寺の鬼瓦のようです。








虎の鬼瓦なんてあるんですね~

初めて見ました。








これは、鬼さんの顔の正真正銘の鬼瓦








東大寺改修の時にも携わっていたんですね。

ちょっと嬉しい~~~☆彡








隣の管理棟へ








鴟尾(しび)

屋根の頭頂部の両端につかう飾りで、

魚が水面から尻尾だけを出した形をしていて、

鴟尾(しび)から下を水面にたとえ、

火除けのまじないだそうです。








管理棟の中のお雛様

ふたり向かい合っているのが、何とも微笑ましいですよね。








編み物の着物を着た可愛いお雛さま。

どなたかの手作りでしょうね。








小さな鬼瓦を、植木鉢として使っています。

これは真似出来そうだわ(*^-^*)












ちょっと遅めの昼食は、

淡路島最南端の 道の駅うずしお で。








レストランの窓からは大鳴門橋が見えます。








淡路たこ天丼  1250円

モチロン、南あわじ産のタコと使用しています。

ボリュームたっぷり!

美味しかったです~~~☆彡



その後、前回の日記に書いた しまこや珈琲

美味しいコーヒーを楽しんでから帰りました。



今回は、ずっと私が運転。

ちょっと疲れましたが、

頑張って夜の太極拳の練習にも行ってきました。

結構体力があったんだな~って

自画自賛しています(^^)v






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2017_03
02
(Thu)21:00

広田梅林と本格的コーヒー豆の専門店「しまこや珈琲」




先日、八木の見事なしだれ梅を楽しんできましたが、

今度は、広田梅林の方へも行ってみようという事になり、

昨日(3/1)、行ってきました。








広田梅林ふれあい公園








広田地区は、古くから梅の名所として知られていて、

広田梅林はその梅林の復元を目指して

昭和41年に旧緑町老人クラブを中心に

敷地5000平方メートルに300本を植樹され、

大切に管理されてきました。








そして、平成17年には憩いの場づくりとして、

市が拡張工事を行い、新たに150本の梅と50本の桜を植樹。








ということで、現在の梅の数は450本








こちらの梅も、見ごろを迎えていました。








丹精込めて手入れされた梅が

見事に咲いています♪








この辺りのしだれ梅は、

平成17年に新たに植えられたもの。

遊歩道沿いに植えられていて散策が楽しめます。








白と・・・








ピンク色・・・








流れるような素敵な枝ぶりです。








先日の、豪華な八木のしだれ梅とはまた違った

自然と一体となった梅の花を楽しんできました。







この後、ひな人形と瓦のコラボ展示が話題になっている

津井の瓦とひなまつり を見に行ったのですが、

長くなるので、このお話は次回にして、

その後に行った しまこや珈琲 に感動したので、

そのお話を先に書きたいと思います。



このコーヒー屋さんには、前から行ってみたいと思っていたのですが、

営業時間が分からなくて、

3回行ったのですが、毎回閉まっていました。

今回、4度目でやっと中に入ることが出来たのです(^^)v








美味しいコーヒーを頂いた後で、

オーナーさんご夫妻にブログに載せることを了承して頂き パチリ!








カウンターの後ろには、瓶に入ったコーヒー豆が、

まるで宝物のように並んでします。








コーヒー豆焙煎器

各産地のコーヒー豆を、

深煎り、中深煎り、中煎り、浅煎りなどにして

少しずつ煎って試飲。

そして、その豆に1番適した煎り方をしているそうです。

聞くだけで気の遠くなる作業です。

説明して下さっているオーナーさんの情熱が

こちらまで伝わってきました。








コーヒーの木に赤い豆が成っています。

本物のコーヒーの木を見たのは初めてです。

この木の横が階段になっていて、

2階にも案内していただきました。




コーヒー豆焙煎器のエントツの関係で

屋根を高くしなければならないので、

上に2階を作ることになったそうですが、

そこが、とても素晴らしい空間になっているのです。








窓に向かって文机がみっつ並んでいます。

外の景色を見ながら香り高いコーヒーを傍に置き、

ここで何かしらの文を書く・・・

お友だちにお手紙を書いてみるのもいいでしょうね。

至福の時です(*^-^*)








窓の外には、 敦盛伝説のある煙島 が目の当たりに見えます。

普段、私たちは遠くから眺めているのですが、

これは、反対側から見た間近の煙島。



私も中学生の時にお世話になった珠算教室の奈木先生が、

今もお元気で、このお店の感想をお手紙に書かれたのですが、

その中に、「おぉ けむりしま」という言葉がありました。








そこからヒントを得て、

「Oh!! 煙島 ブレンド」

というブレンド名が出来たのだそうです。

100g入り2袋購入しました。



オーナーさんのお話では、

焙煎する前に、手作業で良い豆を

一粒一粒選び抜いているそうです。

それを各豆にあった適正な焙煎法で、芯まで焙煎します。


私が買った煙島ブレンドは、透明な袋に入っていますが、

これは、コーヒー豆の良さが一目で分かるようにだそうです。

3種類のコーヒー豆がフレンドされているのですが、

見た感じでは、色も形も大きさもみんな同じ。

フレンドされているとは分かりません。

ここまでするには、大変な作業なのでしょうね。



お店でも頂きましたが、

深煎りの割には苦くはなく、

コクと深みのある香しいお味でした。








帰りがけに苔玉に目が留まりました。

横のおじぞうさまも可愛くて素敵!



しまこや珈琲 は、カフェではなくて

「自家焙煎のコーヒー豆専門店」だそうです。

メニューはコーヒーと豆だけ。

コーヒー豆を買いに来る人のためのお店だそうですが、

中で、丁寧に入れてくださったコーヒーを飲むこともできます。

オーナーさんのコーヒー談義を聞きながら・・・

1度行っただけで しまこや珈琲 の大ファンになってしまいました。






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。