2014_12
02
(Tue)20:30

関西花の寺25ヶ所めぐり 第14番 興聖寺(11/25)




あっという間に12月に突入・・・

その途端、寒波到来!

寒いですね~ {{ (>_<) }}ブルブル



今年の流行語大賞が発表されましたね。

大賞は、 「集団的自衛権」と「ダメよ~ダメダメ」 だったとか・・・

何だか、「集団的自衛権がダメ」って言ってるみたいで、

選考委員さんたちの思惑が見えているようで面白いですね^^

これって、私の考え過ぎ???







関西花の寺25ヶ所めぐりの最終回で

最後に訪れたお寺です。



第14番 高巌山 興聖寺(こうしょうじ)
・・・ 滋賀県高島市 ・・・


かっての 朽木氏の壇那寺 で、

昔は近江における曹洞宗の巨刹として栄えていたそうです。







京都と若狭を結ぶ街道筋から、

杉とヤブツバキが生い茂る坂道を少し上っって行った所に、








本 堂


諦めていた紅葉が、目の前に飛び込んできました♪

「きゃ~!綺麗!!!」

歓声があがります(●⌒∇⌒●) わーい







境内に入って振り返ってみると・・・

赤、黄、橙色のモミジの葉が見事です♪








銀杏の葉は、もう殆ど散っていましたが、

こちらでも黄色の絨毯が見られました(^^)v


右手奥に見える鐘楼堂は、

興聖寺の中で最も古い建物です。








本堂内で、ご住職の花説法をお聞きしていた折、

「この窓を通して見るお庭の景色もいいですよ」

と教えて頂きました。


窓枠が額のようになって、素晴らしい絵のようです。








そのモミジがこれ↑

緋色の葉が、緑の木々に映えて美しいです♪








雨が小降りになってきましたので、

美しい紅葉を楽しみながらのお庭の散策。









名勝足利庭園全景

室町時代、12代足利義晴将軍は、

三好松永の乱を避け、朽木氏を頼って、

この地に3年間滞在されました。


将軍をお慰めするために、

銀閣寺の庭園をもとに、この庭園が造られたのです。








鶴羽の蓬莱石

鶴亀や8本のやぶ椿などを、祝いの意を込め、

将軍を慰め世の平和を願って作庭されました。








椿亭と紅葉









黄色から赤への素晴らしいグラデーション








モミジの種類によって、黄葉したり、








紅葉したりするそうです。

緑の苔の上に落ちた赤い葉も素敵でした。








見上げると、屋根に真新しい金のシャチホコ。

相変わらず空はドンヨリとしていましたが・・・








境内から見た、いかにも朽木の里といった穏やかな山里の光景。

聞くところによると、この辺りの90%以上の人たちが、

朽木姓を名乗っているそうですよ。







今回で、関西花の寺25ヶ所めぐりが終わりました。

夫は、全部回りましたけれど、

私の方は、6月のカナダ旅行に行っていた時に催行された時の、

3ヶ寺は、行く事が出来ませんでした。

来年、又同じようなツアーがあれば、

行けなかったお寺だけ参加したいな~って思っています。



この日は、生憎の雨でしたけれど、

その後で行った京都と、月末に行ったウォーキングは、

見事なお天気でした(^^)v

そのお話は、また後程・・・






東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします

何時もありがとうございます





スポンサーサイト
2014_11
30
(Sun)20:00

関西花の寺25ヶ所めぐり 第3番 金剛院(11/25)




前回に引き続き、関西花の寺25ヶ寺巡りの最終回です。

舞鶴での昼食後、小雨降る中、次にお参りしたのは・・・



第3番 鹿原山 慈恩寺 金剛院(こんごういん)
・・・ 京都府舞鶴市 ・・・


「丹後のもみじ寺」と呼ばれていて、

もみじの植林は江戸時代から行われ、

その総数は、数千本とも言われています。








また、悲運の皇子が開山した「隠れ寺」で、

平安時代初期の平城天皇の第三皇子、高岳親王が開山。

親王は皇位継承争いなどに巻き込まれ、

世の無常を感じて仏門に入りました。

法名は眞如と言い、弘法大師十大弟子の一人に列せられていますが、

天竺に向かう途中消息を絶ったのです。








樹齢千年の榧(かや)の大木

高岳親王御手植えと伝わる千年榧(かや)は、

府内随一の巨木だそうです。








本堂から三重塔にかけてのカエデは、

細川幽斎 の植樹。

もうほとんどの木が落葉していましたが、








所々に、まだ赤や黄色の色彩が残っていて、

風流な姿を醸し出しています。








三重塔 (重要文化財)








本堂までは、105段もある長い石段がつづきます。

こちらも、もう少し早ければ、

紅葉のトンネルになっていたそうですが・・・








鐘 楼

息を切らせながら、やっとの事で上り詰めると、

目の前に素晴らしいイチョウの絨毯が!!!

疲れが吹っ飛びました(^^)v








石段の上から振り返って、もう一度三重塔を・・・








水かけ地蔵さま








こちらでも私たち以外は、殆ど観光客がいなかったので、

落ち着いた趣きの景色を楽しむ事が出来ました。

雨の日も又楽し です~~~☆彡


この後、興聖寺 へお参りして、花の寺めぐりはお終いです。



***** つづく *****






東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします

何時もありがとうございます





2014_11
29
(Sat)17:10

関西花の寺25ヶ所めぐり 第4番 高源寺(11/25)




今月の25日(火)は、 関西花の寺25ヶ寺めぐり の最終回でしたが、

生憎の雨・・・

でも、今年参加したツアーの殆どはは、お天気に恵まれていて、

雨に遭ったのは日本史のお勉強で行った平安神宮位。

その時も、雨が降ったのは、平安神宮のお庭の散策の時くらいで、

清明神社や六波羅蜜時へ行っていた時は、雨が降っていませんでした。


ところが今回は、終日雨・・・

今年初めての経験でした。






第4番 西天目瑞巌山 高源寺(こうげんじ)
・・・ 兵庫県丹波市 ・・・


鎌倉時代に遠谿祖雄(えんけいそゆう)禅師によって開創された、

臨済宗中峰派(りんざいしゅうちゅうほうは)の本山です。








惣 門

有名なモミジの名所なのですが、

今年の紅葉は早かったのでしょうか、

もう、殆どの葉が散っていました(涙)








前日までの三連休には、紅葉狩りの人達が押し寄せて、

大変な込み具合だったそうですが、








雨の中では、私たちのグループだけ・・・

境内の凛とした静けさが心に沁みわたります。








雨に濡れた赤い落ち葉。

足で踏みつけるのが可哀そう(涙)








緩やかな石段の向うには、 山 門

もう少し時期が早ければ、

ここは、紅葉のトンネルになるそうです。








境内の多くのカエデは、天目カエデ と呼ばれます。

それは、開山の 遠谿祖雄禅師

中国杭州の天目山で禅の修行をしてこられたのですが、

この丹波に帰り高源寺を建立された折、

中国天目山より持ち帰ったカエデを境内に植えられたのです。


天目カエデの特徴は、

葉が小さくて葉の切れ目が深く、枝が垂れ下がるといわれています。








古木の天目カエデ と 鐘楼

古木の天目カエデは、もうすっかり葉が落ちていました(涙)








大痩嶺

この築山は、雪舟が造築されたと言われています。

中国の大痩嶺を模って、樹木岩石を配置しているそうです。








三笑橋(さんしょうきょう) を渡っていくと・・・








多宝塔 が目の前に現れます。

一般的には「三重塔」と呼ばれますが。

正面には 毘沙門天 がお祀りされています。








帰りは、緩やかな坂道を下って行きましたが、

両サイドには、いろんな種類のサザンカが見ごろを迎えていました。








雨に煙る多宝塔にお別れを言いながら、

駐車場へと向かいました。








ご住職の 花説法 では、

禅語の 「明珠在掌(めいじゅたなごころにあり)」

という言葉を教えて頂きました。








「明珠」とは、

計りきれないほど価値のある宝物のことなんだそうです。








人は宝物を手に入れたくて、いろんな所を探します。








けれども、どんな人でも掌(てのひら)の中には、

生まれながらの宝物があるのです。


「色んな事に不平を言う前に、

もう一度自分を見直してみましょう」

というお話でした。


自分が幸せだと感じるのも、不幸だと思うのも、

心の持ち方ひとつなんですよね。








昼食は、舞鶴の ホテルマーレたかた 内のレストランで、

季節御膳 はまかぜ<1,500円+税>







昼食後は、 金剛院 → 興聖寺 へと向かいました。


***** つづく *****






東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします

何時もありがとうございます





2014_09
06
(Sat)08:40

関西花の寺25ヶ所めぐり 19番 長岳寺(9/2)




9月2日にお参りして来た 関西花の寺めぐり の最後のお寺です。



第19番 釜の口山 長岳寺(ちょうがくじ)
・・・ 奈良県天理市 ・・・

山の辺の道沿いにある 「ツツジ寺」 です。






大 門


当時の総門で、「肘切り門」の異名があって、

僧兵と刀鍛冶の伝説のある門です。









今回も、ネコちゃんたちが迎えてくれました。








受付にいたこの子は、

帰る時も未だここにいました^^








鐘 楼 門 (重要文化財)平安時代

日本最古の鐘楼門で、

弘法大師がこの寺を創建された当初の唯一の建物。

上層に鐘を吊った遺構があるので、

鐘楼門と言われています。








本 堂








ご本尊の阿弥陀三尊などは重要文化財。








放生池

本堂前の広い庭は浄土式庭園になっていて、

四季折々の花が美しく咲きほこり ますが、

今回は・・・(涙)








「酔芙蓉だけは咲いている」と、

私たちを気の毒に思って下さったご住職が、

こちらに案内して下さいました。








旧地蔵院 (重要文化財)

48ヶ坊あった塔中の内、唯一残ったので、

今は庫裡として使われています。


室町時代の書院造りの様式を残しています。








また、同時代の美しい庭園もあります。








旧地蔵院の入口

ご住職が、私たちを見送って下さっています。








酔芙蓉 は、この時間はみんなピンク色








大 門 を参道から・・・








大 門 の前には、

長いしめ縄がかかっています。








珍しい植物を見つけました。

ポインセチアの一種かしら???

ブロ友の 703さん に教えて頂きました。

ショウジョウソウ と言う名前でした。

サマーポインセチアの名前もあって、ユーフォルビアの仲間だそうです。

703さんのお庭にもあって、毎年こぼれ種で咲いているそうです。






↑お寺のパンフから

長岳寺の境内12,000坪にわたって四季折々の花が美しく咲きます。

ことに4月下旬から5月上旬に咲く平戸つつじ(約1000株)は圧巻だとか。



こちらで、 お寺の花の写真集 がみられますよ。






今回お参りした花の寺4ヶ寺の有名なお花は
岩船寺あじさい
般若寺コスモス
白毫寺萩、椿
長岳寺 平戸つつじ

残念ながら、何処のお寺でも時期外れでした。


個人で行けば、1番いい時にお参り出来るのですが、

私たちは、もう年齢的にマイカーでのお参りは無理。

必然的にツアーに参加しているのですが、

最後の方になると、残ったお寺を巡るという事で、

こういう事もありかな?と思ったものでした。



次回は11月の紅葉のお寺。

私がカナダ旅行に行っている間に

1度あったので、次回で最終になります。








東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします

何時もありがとうございます






2014_09
06
(Sat)08:36

関西花の寺25ヶ所めぐり 18番 白毫寺(9/2)




9月2日に行って来た関西花の寺めぐり。

一昨日に続き、後の2ヶ寺を順次UPしていきます。







第18番 高円山 白毫寺(びゃくごうじ)
・・・ 奈良市白毫寺町 ・・・








若草山、春日山に続いて南に連なる高円山(たかまどやま)の麓の

100段余りの古びた石段を上りつめた丘陵地にあります。


石段の両側の萩の花は、

残念ながら未だ咲いていませんでした(涙)









蓮の種の後の建物は 本 堂








鎌倉時代の作です。







五 色 椿 の 木 (天然記念物)

3月下旬から赤や白、ピンク、紅白の絞りなど、

大輪の花を一本の木に咲かせます。


樹齢400年を超し、東大寺の「糊こぼし」、伝香寺の「散り椿」と並んで、

大和の三名椿 と呼ばれています。


前に行ったのが、311の大震災の直後の3月13日。

その時はお花は殆ど蕾でしたし、今回は季節外。

五色椿にはご縁がなかったみたいです。








豊かな山の自然と、花木・山野草の競演が楽しめるお寺との事ですが、

今の時期、お花は、あまり見かけませんね~








白毫寺椿

樹齢 推定500年の藪椿

紅に点々と入る白の斑を仏の白豪に見立てて、

薬学博士 椿研究家の渡邊武氏が命名








万葉の歌碑

高円の野辺の秋萩いたづらに 咲きか散るらむ見る人なしに


万葉の時代から高円山一帯はハギの花で知られ、

万葉集に数多く収められています。








眺望が抜群!

眼下に奈良の街が一望できます。








トレニア

本堂の横一面に咲いています♪








ビャクモクレンの花の後(?)








ギボウシ








この小さくて可愛い花の名前は???










少しだけ咲いていました。

もう少し遅くに来たかったな・・・








この花も可愛いですよね♪

名前は???








紫式部 の実は、ここも未だ青かった。








桔 梗








桔 梗








花のない萩にお別れを告げながら、

白毫寺を後に、次は長岳寺へと向かいました。






東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします

何時もありがとうございます





2014_09
04
(Thu)14:26

関西花の寺25ヶ所めぐり 17番 般若寺(9/2)



岩船寺の次は奈良坂の古道にそって立っているお寺です。

「平家物語」や「太平記」「宮本武蔵」などの文学の舞台にもなっている、

古都の風情が残っているお寺です。

コスモス寺 としても知られています。




第十七番 法性山 般若寺(はんにゃじ)
・・・ 奈良県奈良市 ・・・








本 堂 (県文化財)鎌倉時代


飛鳥時代に高句麗の僧慧灌(えかん)によって開かれました。

天平7年(735)、聖武天皇が平城京の鬼門を守るために

『大般若経』を石塔に納めたのが寺名の由来。








ご本尊は、般若心経を説いた知恵の菩薩・文殊菩薩








楼 門 (国宝)鎌倉時代

楼門遺構では日本最古の作例。








楼門から見た境内

十三重石宝塔の周りに植えられているのはコスモス。

残念ながら、まだ少ししか花が咲いていませんでした。

開花期の約1週間だけライトアップされるそうです。








十三重石宝塔(重要文化財 旧国宝)

総高14.2mもあって日本最大。








境内には、 石仏 がたくさん並んでいます。








西国三十三観音の石仏 (重要文化財)鎌倉時代








西国三十三観音の石仏 (重要文化財)鎌倉時代








キバナコスモス








百日紅








山 吹








朝 顔








シュウカイドウ








もう一度 百日紅









今月の2日(日)に、関西花の寺巡りで、

京都と奈良の4ヶ寺をお参りしてきました。

お目当てのコスモスや萩は、訪れるのがちょっと早かったみたいで、

あまり咲いていませんでしたが、

雨の多いこの頃なのにもかかわらず、

幸運なことに、ぽっかり1日だけあったお天気の日に行ってきました^^

今回も、お寺毎に4回に分けて更新します。






東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします

何時もありがとうございます





2014_09
04
(Thu)14:25

関西花の寺25ヶ所めぐり 15番 岩船寺(9/2)






今月の2日(日)に、関西花の寺巡りで、

京都と奈良の4ヶ寺をお参りしてきました。

お目当てのコスモスや萩は、訪れるのがちょっと早かったみたいで、

あまり咲いていませんでしたが、

雨の多いこの頃なのにもかかわらず、

幸運なことに、ぽっかり1日だけあったお天気の日に行ってきました^^

今回も、お寺毎に4回に分けて更新します。







第15番 高雄山 岩船寺(がんせんじ)
・・・ 京都府木津川市 ・・・

このお寺は、日本史シリーズで、

今年、紫陽花の咲く頃にお参りしたので、

説明の重複するところがあるかと思いますが悪しからずご了承ください。








石 風 呂

山門の左手前にあり、

僧侶が参拝する前に、身を清めたところとされています。








山門から境内を覗いてみました。

向こうに朱色の三重塔が見えます。








今度は境内から、今来た山門の方を望んで。

大きな木々に囲まれて、鬱蒼としています。








本 堂


天平元年(729)に 聖武天皇の勅願 によって

行基が阿弥陀堂を建てた のが始まりと伝わっています。


その後、 弘法大師と智泉大徳(弘法大師の姉の子)によって堂塔伽藍を建立。

最盛期は広大な境内に 39坊 が立ち並ぶ大きなお寺でしたが、

残念ながら、 承久の変(1221) によって大半が焼失しました。








でも、貴重な寺宝は数多く残されています。

本尊の阿弥陀如来坐像(重文) は、平安時代の 行基作 と伝えられています。








阿字池 越しに見た 三重塔

室町時代の建造で、重要文化財








木々の中に、ひっそりと立っています。








三重塔は、解体修理され、

2003年(平成15年)に、現在の姿に完成しました。

総工費は、1億5000万円だったそうですが、

檀家の数が36軒なので、

全国から寄付を集めて今の美しい姿になったのだそうです。









三重塔の垂木を支えているのが 天邪鬼(あまのじゃく) 。

ユーモラスな表情をした木彫りの像ですが、これも重要文化財です。








石室不動明王立像 (重要文化財)鎌倉時代

花崗岩製で前面に2本の角石柱を立て、

その上に寄棟造りの一枚石の屋根をかけた珍しい建築です。

奥壁の一枚板には、写真ではよくわかりませんが、

不動明王立像が掘られています。








五 輪 塔 (重要文化財)鎌倉時代

東大寺別当平智僧都の墓 と伝えられています。

すごく大きなお墓です。








十三重石塔 (重要文化財)鎌倉時代








百日紅








秋海棠








秋海棠








秋明菊








ヤブラン









桔 梗








ギボウシ








水引草








ホウズキ








コンロンカ








紫式部

実は、まだ青く、

紫色に染まるのは、もう少し先のようです。





東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします

何時もありがとうございます





2014_07
18
(Fri)13:30

関西花の寺25ヶ所めぐり 10番 天上寺(7/16)




蒸し暑い日が続いていますが、みなさまはお元気でしょうか?

私は、ちょっと夏バテ気味。

カナダ旅行から帰国した後、素晴らしかった体験を、

是非記録に残したいと思い頑張っていたのですが、

書き終えた後の虚無感かしら・・・

その後、何をする気力もなくなってしまいました。



長い間ご無沙汰していたブロ友さんたちの所へも、

お邪魔したものの、ただブログを眺めているだけで、

コメントが浮かんでこないのです(滝汗)

にも拘らず、暖かなコメントを寄せて下さる方もいらして、

ただもう、感謝感激しています。



では、前回の関西花の寺巡りの続きです♪



  



京都の 法金剛院 へお参りし、昼食後は、

一路六甲山の方へ向かいました。



第10番 摩耶山 天上寺(まやさんてんじょうじ)
・・・ 神戸市灘区摩耶山 ・・・


六甲山系の国立公園摩耶山頂上にあります。

海抜715mで、下界と比べるとヒンヤリとした天空の聖地です。


弘法大師が中国からの帰朝の際に、

お釈迦様の生母・摩耶夫人像を安置。

以来、山名は摩耶山と言われるようになったとの事です。







西山門を入ると、

目の前に長い石段が待っています。

下界より気温が数度位は低いとはいえ、

石段を上っている間は、息切れがして汗ばむほど。

ご住職のお話では、

この石段を上りながら、世俗の雑念を落としていくのだそうです。








上り始めた石段の両側には、

沢山のアジサイが植えられています。








息を切らしながら時々立ち止まり、少しずつ上がっていくと・・・

やっとお寺の敷地が見えてきました。

後、もう少しです。








沙羅の花 が、

ここに一輪、あそこに一輪を涼しげに咲いています。








参道を登りつめた所では 若ガエルさま がお出迎え♪

やっと到着です~~~☆彡








金堂(本堂)

ご本尊の十一面観音さま他、

たくさんの仏さまがお祀りされています。








上りに比べると、

下りの石段は、足取りも軽やか♪








上がる時には気付かなかった、

いろいろなお花が目に留まります♪








この可愛い赤い実はなんていう名前???








アジサイも、いろんな種類が咲いています。








どちらかというと、青系のアジサイが多いように思えました。








下界より、2週間くらい開花時期が遅いそうです。








我が家のアジサイの花は、もうすっかり終わりをつげ、

今は剪定の追われていますが・・・








こちらは、今が最盛期のようです。








途中、森林植物園、六甲山ホテルや六甲牧場など、

西宮時代によく行った懐かしい所を通ったのですが、

その道の両側にも、ずっとアジサイの花が咲き乱れていました。








バスに乗るために駐車場まで降りてきたのですが、








その奥にもアジサイの花がいっぱい!








仕舞っていたカメラを、もう一度取り出して、








今年最後のアジサイの撮り収めをしました。








今回の花の寺のお参りは、京都と摩耶山の2ヶ寺だけ。

ユッタリとした行程で、午後6時には我が家に着きました。






東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします

何時もありがとうございます





2014_07
17
(Thu)21:10

関西花の寺25ヶ所めぐり 13番 法金剛院(7/16)



関西花の寺25ヶ所めぐり の6回目は、

今月の10日の予定だったのですが、

台風の為、昨日(16日)に変更になりました。

ちなみに、5回目は、私は旅行中だった為、

夫だけの参加となりました。



  




第13番 五位山 法金剛院(ほうこんごういん)
・・・ 京都市右京区 ・・・

「蓮の寺」とも言われ、

世界中の蓮を集めて(約90品種)、苑池や鉢に植えています。








鳥羽天皇の中宮 待賢門院(たいけんもんいん) が、

都の西方に極楽浄土として造園させた

「池泉廻遊式庭園」です。








仏像の台座は蓮華模様であるし、

観音様は、蓮の花を持ってらっしゃいます。

蓮は汚い泥の中から咲くのですが、

その泥に染まらない美しさと凛々しさが、

仏様の御心にたとえられて、「極楽浄土に咲く花」といわれています。








青女の滝

石立の僧 林賢(りんけん) と 静意(じょうい) の作








今の時期、苑池全体が蓮の葉で覆われています。

池の中のハスの花は、とても大きくて、真っ白。

池の中の亀島の方へ歩いていくと、

まるで極楽浄土の中にいるようです。








蓮の花は、白と赤の他、

珍しいといわれる黄色と青色があるそうですが、

私たちが訪れた時は、残念ながら咲いていませんでした。








こちらは、鉢植えのハスの花

鉢植えも沢山あります。








蓮の花だけではなく、

新緑のモミジの葉も涼しげです。

この日の京都は、

日中34度まで上がったそうですが、

私たちが訪れたのは午前10時頃だったので、

そんなに暑くはありませんでした。








蓮の花の命は、4日間だそうです。

最初の日は、早朝から花弁が開きはじめ、

3~4cmほど開いたのち、8時頃には閉じ始め、

つぼみの状態に戻ります。








2日目も早朝から咲き始め、

午前7~9時頃には満開になります。

花が最も美しい時を迎え、やさしい香りが漂ってきます。

そしてまた、つぼみの状態に戻ります。








3日目、早朝から咲き始め、昼頃には閉じはじめますが、

閉じかけたまま夜をむかえます。








そして4日目は、完全に咲き切り、

後は、花びらが散るのみです。








蓮は、 「花果同時」 という特徴を持っています。

つまり、多くの植物が開花後、受粉プロセスを経て実を結ぶのですが、

蓮は花が咲くのと同時にすでに実を付けているのだそうです。

今回、「花説法」で初めて知りました。








桔梗








オニユリ








テッセン








ベリーの一種








ヘメロカリス の一種








トケイソウ



  



その後、昼食を取って、

今度は、神戸の摩耶山へ向かいました。






東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします

何時もありがとうございます






2014_06
18
(Wed)19:43

関西花の寺25ヶ所めぐり 9番 鶴林寺(6/11)




第9番 刀田山 鶴林寺(かくりんじ)
・・・ 兵庫県加古川市 ・・・


聖徳太子の草創と伝える播磨の古刹

「刀田(とた)の太子さん」と親しまれ、

「播磨の法隆寺」とも呼ばれています。








楼門形式の仁王門








本 堂 (国宝)


入母屋造り、本瓦葺

鶴林寺最大の建物で内陣厨子(ずし)の棟札に

応永4年(1397)の銘があります。








三重塔

室町時代の創建ですが、

江戸時代に大修理が行われています。

近年放火で一部損傷しましたが、

1980年(昭和55年)の解体復元修理で よみがえりました。








太子堂 (国宝)


藤原建築の美点を遺憾なく発揮した

バランスの富んだ建物です。








鐘 楼

入母屋造り、本瓦葺き。

本堂より10年遅れて、1407年(応永14)に建立

朝鮮・高麗時代に鋳造された梵鐘も重要文化財で

澄んだ高い音色は、黄鐘調 (おうしきちょう)といわれています。








宝物館では、 特別展「黒田官兵衛と鶴林寺」開催中








萩の花 が咲いています♪








應聖寺では未だ蕾だった 沙羅の花

こちらでは沢山咲いていました~~~☆彡








菩提樹


ほぼ満開で、境内中に香りが広がっています♪








菩提樹の花 です^^





東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします

何時もありがとうございます