2016_12
13
(Tue)19:00

英国チェルシーフラワーショー連続金賞の石原和幸氏プロデュースの「うめきたガーデン」へ。




少し前に、あわじオープンガーデン実行委員会から

うめきたガーデン へいくバスツアーの案内状が届きました。



今年の9月に淡路夢舞台で 石原氏の講演 を聞いて以来、

夫と1度は行ってみたいね~って話し合っていた所です。



大阪の梅田にあるので、個人でも簡単に行けるのですが、

入場料(1000円)が付いてツアー料金が5000円。

それなら、バスや電車を乗り継いで行くよりも楽だしお安い。

今秋は、予定表がぎっしりと詰まっていたのですが、

12月初めの北海道旅行が最後。

「行ける~」と思い、早速申し込みました。








10時開場の少し前に到着!

入り口を入ると、クリスマスリースが出迎えてくれました。


一体、どんなお庭なのかしら・・・

期待で胸が膨らみます♪








左手側には、雑貨屋さんらしき建物

ちょっと覗いてみると・・・








リメイク缶 が、結構なお値段で売られていました。

これなら私でも簡単に作れるわ(^^)v








苔玉にグリーンネックレスも可愛いな~~~☆彡

この材料も家にあるので、

時間がある時に作りたいと思いました。








みどりの小径 へ・・・








植物の壁で囲まれた緑いっぱいの散歩道








都会の中にいながら、

森の中を歩いている気分を味わうことができる空間。








ゾウさん がいましたよ(*^-^*)








今度は、 カエルさん








そして、 ワニさん も・・・

森の中で動物たちとの出会いを楽しむようにとの設定なのでしょうね。








まるで、素敵な迷路の中を楽しんでいるような散歩道でした♪








ガレージガーデン

石原氏が、2016年英国「チェルシーフラワーショー」で

ゴールドメダル・最高賞を受賞した「千里専庭ガレージガーデン」

「うめきた仕様」で再現したものです。








ガレージの柱の足元

「モスマン(苔男)」と呼ばれる石原氏のトレードマークの

苔がここにもあります。








ガレージの壁面緑化

丸い小窓から中の車が見えます。








ガレージの屋上

普通は、屋上は危ないので上がることができないのですが、

スタッフの方が「どうぞ」と言って階段の鎖を外して下さいました。



その彼のお話では、

お客さんに、「こんなガレージが欲しい」って、言われたことがあるのですって。

「高いですよ」と言うと,

「お値段は関係ないので、是非欲しい」と。

「世の中には、いっぱいお金を持っている人がいるんですね~」

そう言っていました。








ガレージの屋上は、見晴らしがよくて、

お庭がぐるっと一望出来ます。








向こうに見えるのは、

石原氏が手掛けられた幅が30mもあるメインガーデン








左右に長いので、一部分ずつしか写せませんが、

いろんな植物の中を2本の滝が流れています。

石原さんらしいお庭~~~☆彡








大都会・大阪のど真ん中にいることを忘れてしまうような風景。








緑の少ない大阪が、将来緑がいっぱいになるようにとの

石原氏の願いが込められているのだそうです。








メインガーデンまで行って振り返ると、

大きなクリスマスリースが目に入ります。








石原氏制作の直径8mの巨大リース

12月25日まで展示されるそうです。








花咲く丸太小屋

屋根の上に色とりどりの花が咲いている小屋

なんて可愛いんでしょう~~~☆彡








こんなに可愛い小屋ですもの。

中がカフェになっているので、入らないわけにはいきません。



コーヒーを頂きました。

紙コップに入ったブレンドコーヒーが400円。

高いと思うか安いと思うかは、飲む人次第ですね。

何しろ、大都会のど真ん中ですから・・・








センターガーデンは、 10万株の花畑








色とりどりのお花が、びっしりと植えられています。


こんなに沢山のお花・・・

植えるのが大変だったろうな~って

ガーデニングをしている私は、つい思ってしまいます(苦笑)








みんなの花畑

事前募集のグリーン・サポーターさんたちによって作られた

市民参加の花畑です。








こちらは、植え替えられてまだ間がないようですね。

規則正しく綺麗に植えられていますね(^^)v







グリーン・サポーターさん達が葉ボタンを植えています。








この沢山の段ボール箱の中は、みんなお花の苗

順次植え替えて行っているみたいです。

ホントにご苦労様です。








向こうの方に見えるテントは、 F.にぎわい広場

会期中、全国のグルメが満喫できる食の祭典や

ワークショップなどがあるそうです。



最初の計画では、この広場で昼食の予定だったのですが、

寒かったので、近くのグランフロント南館へ行きました。








何を食べようかしら・・・と、レストラン街を歩いていると、

先日小樽で行ったお寿司屋さんのチェーン店を発見!

吸い寄せられるように入って行きました。


北海道へは一緒に行かなかった夫も、

ネタが大きくて新鮮だと、

満足して食べてくれましたよ。

※あまりにも嬉しかったので、写真を撮るのを思い出したのは

お店を出てからでした(^^ゞ







時間が余ったので、宝塚のあいあいパーク へ。

私は、初めて行ったのですが、

宝塚市立の宝塚園芸振興センターで、

お花の苗や園芸雑貨などが売られていましたが、

みんな結構お高かったので、見るだけにしました。

ここ2ケ月間は、いぱいお金を使ってしまったこともありますし(苦笑)






これで、島外へ出る予定はすべて終了!

これからは、遅ればせながら年賀状の作成とつる薔薇の選定、

それに、新年を迎える準備に専念したいと思っています。

長々と続く旅行記とのお付き合い、ホントにありがとうございました。






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






スポンサーサイト
2016_12
06
(Tue)20:30

<京都植物園>今年の紅葉狩り 第2段




前回のつづきです。

嵐山を出発して、京都市街北部にある 京都府立植物園 へ。

大正13年に開園した公立の総合植物園です。







 クリック! 拡大画像 









正門から入ると、カラフルな花壇が出迎えてくれます。





やはり、1番先に見たいのは ローズガーデン


シュシュ



琴 音花 笠



コンチェルティーノザンブラ’93



モナ・リザマイナーフェアー



ケアフリー・ワンダー嵐 山



秋薔薇は、もう終わりに近づいていましたが、

少しだけ咲いていました。








その後、時計と反対周りで進みました。








綺麗に整備されたお庭・・・








府立なので、入園料は、大人200円。

70歳以上が無料というのも嬉しいです(*^-^*)








あっ! イチョウの絨毯








モミジのグラデーションも素敵!








これは何の木かしら?

こういう冬景色もいいな~~~☆彡








山茶花も咲いています♪








山茶花の道








MAPの モミジマークの道 を歩いていくと・・・








綺麗に色づいたモミジが次々と現れます。








小川に沿ってモミジの木が並んでいるのですが、








こちらの紅葉は、自然の一部のように見えます。

まるで雑木林にあるモミジのよう。








メタセコイアの黄葉って、初めて見ました。

これも素敵です~~~☆彡








小川沿いに歩いていると池に出ました。




























モミジの絨毯が敷き詰められています。








東屋の中では、結婚式の前撮りをしています。

この日はお天気が良くて大安だったからでしょうか?

5組くらい前撮りしていました。








カモが悠々と泳いでいます。


























水車小屋
















ガーデンシクラメン








皇帝ダリア








この黄色いお花はなんていう名前???








ネリネ

















これは アケビ かしら?

本来の色が退化しています。

















タキイがオフィシャルパートナー だとか。








嵯峨菊

大好きな菊です♪










今秋は思いがけず、紅葉狩りの機会がいっぱいありました。

先ずは、立山黒部アルペンルートの黒部平のロープウェイから。

次は、野沢温泉の山々。

その次は、赤目四十八滝と御在所岳に香落溪、香嵐渓。

そして、京都の光明寺と植物園で。



その他にも、岡山のバラ園や、ウオーキングでの岐阜県と福井県へ。

淡路島のウォーキングにも参加しましたし、

今月の初めには北海道で雪景色を楽しんできました。

※この事は、次回のブログに載せるつもりです。

ブログには載せませんでしたが、

神戸での太極拳のフェスティバルにも参加しました。



という事で、10月と11月は、とても忙しく過ごしました。

この過密スケジュールをこなすことが出来た

元気な身体と自由な時間に感謝しています。



今日は又あわじオープンガーデン協会主催のバスツアーで

ガーデンデザイナーの石原和幸氏 がデザインされた

大阪の うめきたガーデン へ日帰りで行ってきましたが、

その後は外出の予定が入っていません。

でも、つる薔薇の選定が待っているので、

あっという間にお正月が来てしまいそうです。







にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2016_12
04
(Sun)19:30

<光明寺>今年の紅葉狩り 第2段




昨日、芦屋の友人Uさんとの2泊3日の北海道旅行から帰ってきました。

その旅行記をすぐに書きたいのですが、

その前に、先月参加したバスツアーのお話です。








知人から11月25日に、

「市の花づくり協会主催の京都へ行くバスツアーに参加しませんか」

とのお誘いを受け、

行き先が光明寺、嵐山、京都植物園と聞き、

早速申し込みました。



ところが・・・

後日、妹から「高橋真梨子コンサートのチケットを買ったのだけど、

急に行けなくなったので、代わりに行かれない?」と。

コンサートは、京都行きのバスツアーの前日で、しかも夜の部。



私としましては、両方行きたい!!!

「光明寺で合流できませんか?」と

花づくり協会バスツアー担当の方に電話して了承していただき、

コンサートの後、西宮の長女宅で泊まりました。



※高橋真梨子コンサートの方は、

写真撮影がNGだったので画像はありません。

新しく建て替えられたフェスティバルホールの

写真と雰囲気だけでもと思ったのですが、

入り口で問答無用でカメラを預けさせられました(涙)








光明寺 総門

阪急長岡天神駅からバスに乗り、

ここで、みんなと合流しました。

絶好の紅葉シーズン。

待っている間、沢山の観光バスが次々とやってきます。









 クリック! 拡大画像 








表参道

通称「女人坂」と呼ばれています。



昨年も、芦屋の友人Uさんとここへ来ました。クリック

ツアー自体はとてもよかったのですが、紅葉はイマイチ。

「今年はどうかしら?」と、

期待に胸を膨らませながら歩いて行きます♪








この辺りは、まだ緑の葉が多いけれど、

徐々に紅葉が始まっているようです。








オレンジ色の葉も、ちょっとモダンで素敵!








沢山の観光客が写らないように

カメラを極力上に向けて写しました。








今来た参道を振り返ってパチリ!








境内に入りました。

正面に見えるのは 御影堂(みえどう)

このお寺は、西山浄土宗の総本山で、

法然上人が御歳43歳の時、

日本で最初に念仏の産声を上げられた立教開宗の地。








苔の緑ともみじの紅








鐘 楼








御影堂から釈迦堂へ行くと、

見の前には・・・








勅使門と信楽庭

ここは大小18個の石が並べられていて、

念仏を唱えながら生死の海を渡っていく姿を表現したものだそうです。








表側から見た 勅使門








赤・橙・黄・緑のグラデーションの葉








勅使門から薬医門を通り、総門までは

もみじ参道 と呼ばれていて、

紅葉のアーチに下を歩きます♪








なんて素敵な風景なのでしょう~~~☆彡








今回は、1番いい時期に来たみたいです(^^)v








綺麗な紅葉に浮かれていたら、

夫とはぐれてしまいました。








慌てて携帯で電話したら、

お土産さやんが並んでいる所にいるのだとか。








買い物好きな私は、絶対ここにいると思って探していたそうです。

残念でした。

今回は、花より団子じゃなくて、団子より紅葉でした(*^-^*)








薬医門










































































































素晴らしい紅葉を楽しんだ後は嵐山へ・・・








ちなみに、 昨年の光明寺のモミ ジ は、こんな感じでした。












渡月橋と嵐山








橋の上には、沢山の人々・・・



昼食前に、1時間余りの自由時間があったので、

森嘉さん へお豆腐を買いに行こうとしたのですが、

観光客が多すぎて、なかなか前に進めません。

半時間経ってもお店に着かなかったので、

諦めてUターンして戻りました。

森嘉さんのお豆腐は、

京都の有名な湯豆腐やさんならみんな使っている

と~っても美味しいお豆腐なんですよ。

残念です(涙)



昼食は、京おばんざいバイキング

楽しみにしていたのですが、

あまりにも人が多くて、食べ物を取りに行かれません。

集合時間があったので、

あまり人のいない人気のないものだけしか食べられなくて、

ちょっと残念でしたが、

食べ過ぎよりもいいかもね(苦笑)



その後、京都植物園へ行きました。



***** つづく *****






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。







2016_11
03
(Thu)21:00

蓼科バラクラのケイ山田さんデザインの熊山英国庭園




先月の30日に、高槻のMさん宅で前泊。

翌日から彼女と、東京からのSさんの3人で

野沢温泉へ2泊3日の旅行に行ってきて、

昨夜(11/2)の夜に帰宅しました。


気の合った友達との無計画のぶっつけ本番の旅。

楽しい思い出がいっぱい出来ましたが、

そのお話を載せる前に、

先ずは、先日行ってきた ひょうごローズクラブ 秋の研修旅行

続きを載せたいと思います。







RSK薔薇園の次に行ったのは

熊山英国庭園 でした。








入り口には、多肉植物がいっぱい売られています。

帰りがけに何かGETしようと思っていたのですが、

お庭を散策している内に時間が無くなってしまいました(涙)








入って直ぐに目に飛び込んできたののが ガセボ

左右、正面の建物は、元校舎です。








これは、つる薔薇のアーチ








ハニーサックル 少しだけ咲いていました。








このお庭は、

蓼科バラクライングリッシュガーデンのケイ山田さんが設計された

西日本初の本格的な英国庭園
だそうです。








2000年に旧小野田小学校跡地に作られました。








約7900平方mの敷地では約100種、約8000本のバラやハーブなど








合計約16000本の植物を栽培しているそうです。








薔薇は、つる薔薇とオールドローズが主なので

秋の季節は、殆ど咲いていませんでしたが、








春の薔薇の季節は、とても素晴らしいとの事でした。








でも、秋の花々が、ここかしこと咲き乱れ








しっとりとした風情をかもし出しています。








聞くところによると、たった3人の方たちで








ここを管理されているのだとか・・・








丁寧に育てられた草花たちを見て








お花を愛する方たちなんだなって思いました。








先に行ったRSK薔薇園の

広大な園内をきっちりと管理しているのとは対照的








どちらかというと、家庭的な香りのするお庭で、








心がほっこりしました(*^-^*)








機会があれば、又行きたいお庭の一つです。








売店になっている元教室の前の寄せ植え








ハロウィンの飾り








ここにも・・・







そして、ここにも・・・

11月になってしまったので、

もう、時季外れになってしまいましたね(苦笑)








この研修旅行に誘って下さったSさんが

今度は、ご自宅のミカン狩りに招待してくださいました。








それで、明日3人でお伺いすることになったんです。








夫も私もおミカンが大好き♪

楽しみにしています(*^-^*)








薔薇が綺麗な頃の YouTube をみつけました。






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






2016_07
22
(Fri)18:55

印象派の絵とお庭がコラボしたガーデンミュージアム比叡




草津の水生植物園みずの森に行った後、

昼食をとって次に訪れたのは

ガーデンミュージアム比叡

標高840mの比叡山頂にある庭園美術館です。








入り口を入り、最初はスタッフさんに案内されながらの散策でしたが、








この時は未だガーデンミュージアムの意味が分かりませんでした。







 クリック! 拡大画像 

園内地図を見ると、いろんな種類のお庭があるようです。








足元に咲いたお花を見ながら進んでいくと・・・








スイレンの庭 に出ました。








モネの代表作をイメージしたスイレンの池のある庭。

美しい当時の自然をそのままに再現しています








モネ 睡蓮の池 緑のハーモニー


池のほとりにモネの絵が飾られているのは、

先日行った高知県の マルモッタン・モネの庭 と同じ。








こちらにもモネの庭があったんだわ。








そう思いながら進んでいくと、

向こうの方にも絵がります。








モネ ポプラ、アルジャントイユ郊外








スタッフさんの説明では、絵はすべて陶板画なんだそうです。








モネ、ルノアール、ゴッホなどのフランス印象派たちの作品が

陶板画にして45点飾られているのだそうです。

そうなんだ~

ガーデンミュージアム って、こういう事だったんですね。








そして、飾られた絵に合うようなお庭が作られているのです。









ジヴェルニーのモネの庭の小道








ヴェトゥイユのモネの庭








モネ 庭のカミーユ・モネと息子








一番奥には、 ローズガーデン があります。








薔薇の花柄摘みをされている女性のスタッフさんに

「葉っぱがみんな生き生きとして綺麗ですね~」というと、








週に一度は消毒されているのだとか。

私がビックリすると、








「お客さまに見ていただくので、傷んだ薔薇は見せられません」と。

流石、これもおもてなしの心ですよね~。








バジール 家族の集まり








レイセルベル 果樹園の家族









カイユポット プティ・ジュンヌヴィリエールの庭の薔薇








モネ 昼食








モネ アルジャントゥイユの橋








スーラ クールブヴォワの橋








ルノアール セーヌ川の舟遊び








ゴッホ ラングロアの橋








ジベルニーのモネの庭








ルノアール ジョウロを持つ少女








お人形のモネが、絵画「印象、日の出」と

印象はの成り立ちについて説明しています。








約1500種、10万株の花が咲き乱れるガーデンミュージアム








お庭の手入れも綺麗にされていて、

とても気持ちがいいです。








お庭で働いているスタッフさんも親切で、

花の名前を聞くと、丁寧に教えてくれました。








そして、何よりも感心したのは、

みんな、とても楽しそうに働いているのです。








最初の頃に降っていた雨も、途中から止み








広いお庭をゆっくりと散策出来ました。








今回は、北海道の上野ファームで夫を見失った教訓から、








夫は、私が写真を撮っている後から付いてきてくれていました(苦笑)








今回のあわじオープンガーデンの研修会で連れて行っていただいた2ヶ所は、








どちらも知らない所だったのだけど、

両方とても素晴らしい所でした。








絶対に、また何時か行きたいと思っています。







水生植物園は、

JR「米原駅」からJR琵琶湖線に乗り換えJR「草津駅」下車。


ガーデンミュージアムは、

京阪電車出町柳駅で叡山電車に乗換え、

八瀬比叡山口駅下車後ケーブルとロープウェイを乗り継いで行くことができます。






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加してみました。

お手数ですが応援ポチ、ヨロシクお願い致しますm(__)m




2016_07
20
(Wed)18:10

雨の中のスイレンと蓮の花




北海道旅行で回ったお庭が、みんなとても素晴らしかったので、

10種類のお庭をひとつずつ記録しているうちに、

梅雨が明け、7月も20日になってしまいました。



今月の9日には、あわじオープンガーデン友の会のバスツアーがあって、

草津の水生植物園とガーデンミュージアム比叡 へ行ってきました。

以後10日以上も経ってしまいましたが、

どちらも、とても素敵なところだったので、

記録に残したいとおもいます。







草津私立水生植物公園 みずの森



入り口を入ったところにある コミュニティ広場








未だ梅雨の真っただ中だったので、雨でも仕方がないですね~

スタンダード仕立てのように見えるのは、

ポールの上のペチュニアのフラワーバスケットです。

足元の花はカンパニュラだったかしら???








水生植物以外のお花たちも、

私たちを歓迎してくれています♪














先ずは、スイレン













沢山の種類のスイレンが植えられています。

午後になるとお花がしぼんでしまうので、

午前中の来園が最適なんです。

写真の日付記録を見ると、

私たちが入ってのは、9時38分でした(^^)v








教材園

ハスの多彩な園芸品種を見ることができる所です。

普通は、池の中のハスなので、見るのは岸辺からですが・・・








夏の開花時期には、ハスの花を間近で観察できます。








花影の池

まぁ~なんてお洒落な池なのでしょう~~~☆彡








花影の池

フラワーバスケットと水生植物を組み合わせたウォーターガーデンです。








花影の池

大きなパラグアイオニバスの葉 もアクセントになっていて、








花影の池

今までいろんなお庭を見てきましたが、

こんなに素敵にデザインされた池は初めて見ました。








花影の池

何処から写しても絵になりますもの(*^-^*)








ハス池








スイレン池








このスイレン池の向こう側が琵琶湖で、

かっては ハスの群生地 でした。

不思議なことに、蓮は全部消えてしまい、

現在調査中とのことでした。








山の小道








お花がいっぱいで重そうな サルスベリ















ネムノキ

ネムノキを見ると、美智子皇后が学生時代に作詞された

ねむの木の子守歌 を思い出します。

皇太子さまがお小さい頃、曲をつけて発表されました。














サクユリ(伊豆諸島固有種)








ロータス館

アトリウム(温室)では、

熱帯スイレンを中心とした国内外の水生植物が集められていて、

一年中花が楽しめます。














クロデンドリム(熱帯アフリカ原産)

青い蝶々のようで、とっても可愛い花♪








ギガンティア

これは、奇跡の花の植物館でおなじみの花です。








クリナム・アメリカナム(ヒガンバナ科 アメリカ南西部原産)

湿地の環境に適し、

根は水につかったままの状態で生育








ネコノヒゲ(インド~マレー半島原産)

日本には、薬用植物として導入されたそうです。








サラノキ

平家物語の冒頭に登場する沙羅双樹として有名ですが、

日本でサラノキと言われている夏ツバキとは別物。

こちらが正真正銘のサラノキです。







わざわざ遠くまで行かなくても、

関西にもお花が楽しめる、こんな素敵なところがありました。

生憎のお天気でしたが、

雨に濡れたスイレンやハスも素敵でしたよ。

機会があれば、又行きたい植物園でした。

次回は、ミュージアム比叡

こちらも、又違った感じのお庭でよかったですよ。



***** つづく *****






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加してみました。

お手数ですが応援ポチ、ヨロシクお願い致しますm(__)m







2016_05
30
(Mon)21:20

高知県北川村のモネの庭へ




先週の木曜日(5/26)に、

友達Sさんのご主人が運転してくださるということで、

Sさん、Fさん、アッチャンと5人で、

高知県北川村の モネの庭 に行ってきました。








モネの庭 マルモッタン


行く前日に分かったのですが、

5月19日にカフェ棟で火災が発生し、

22日に再オープンしたばかりでした。








園内の地図








睡蓮は、午後になると萎んでしまうということで、

先に 水の庭 に行きました。








ひとつ前の画像の中央にある薔薇のアーチは、

モネが描いた絵を再現させたものです。








当日は生憎の雨だったので、

水面には絵の様なアーチはそんなに映っていませんが、

こちらの写真の方には少し映っていますね^^








池の対岸から見たアーチ








エクセルサ モダンクライミングローズ








薔薇のアーチの下で夏のひと時を過ごす

晩年のモネ








アーチの傍には、同じようなベンチがります。








画面の右手に見えるのは、

かの有名な 太鼓橋








太鼓橋

藤の花が咲いている頃は、

さぞかし綺麗なんでしょうね♪








ここからは沢山の睡蓮が見渡せますが、








この写真ポイントに置かれている モネの睡蓮の絵








雨にあたって元気に咲いています♪








傘をさして池の周りの散策路を歩きます。








雨で、新緑の緑が綺麗です。








紅白チェリーセージ









アノダ クリスタータ








ホワイトレースフラワー&カワラナデシコ








スイトピーのようだけど、

可愛い色合いのお花です♪








雨の中の モンシロチョウ








傘をさして 水の庭 から 花の庭 へ・・・








展望デッキから見た 花の庭








アーチには白薔薇








下に降りました。

アーチの足元には、いろいろな種類のお花が咲き乱れています。








その左手には、薔薇のバーゴラ








この薔薇は、今が見ごろ。








こちらは、一重の薔薇だけど、

同じ色に合わせているんですね。








こちらは、最初のアーチの右側になるのだけど、

やなり同じ色の薔薇ですよ。








そして、その向こう側には白のガウラが群生しています。








チェリーセージ








カメラのレンズに雨の水滴がついて、ちょっとぼやけていますが、

素敵な色の ジキタリス です。








他にもいろんな種類のお花が所狭しと咲いていました。

雨の中でも作業をされている人たちがいましたが、

こんなにたくさんのお花があって、

さぞかしお手入れが大変なんだろうな…って思ったものでした。







先日の火災のため、園内のレストランは閉まっているとのことだったので、

マネの庭に入る前に早めの昼食にしました。


廓中ふるさと館 で、お勧めのメニューを聞いたところ

「かき揚げちりめん丼」が賞を取ったのでお勧めだし、

茄子も特産品で美味しいとのことだったので、

両方入っているかき揚げちりめん丼のおもてなし御膳(1500円)

にしました。


出てきた時、あまりにも美味しそうだったので、

写真を撮るのを忘れてお箸をつけてしまいました(^-^;


「かき揚げちりめん丼」は、

ちりめんじゃこと山菜のかき揚の下に、

釜揚げちりめんが敷き詰められていてボリュームたっぷり。

揚物ですが、結構あっさりとしていて美味しかったです。


こちら をクリックして出てきた画面を下にスクロールすると、

私たちが頂いた「かき揚げちりめん丼のおもてなし御膳」が紹介されています。

興味のある方は覗いてみてくださいね(*^-^*)







淡路島から高知までは、とても遠いのですが、

Sさんのご主人のお陰で、楽しい1日を過ごすことが出来ました。

Sさんとダンナサマ、ホントにありがとうございました。

又ヨロシクお願いいたしますm(__)m



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加してみました。

お手数ですが クリック をお願いしますm(__)m







2016_05
19
(Thu)21:54

日帰りバスツアーでお花めぐり




今週の月曜日は風雨が強く、

薔薇やジキタリスがだいぶん傷んだのですが、

それを横目に見ながら、

翌日の火曜日(5/7)は、四国遍路。

そして昨日は 穴吹トラベル の日帰りツアーで、

お花見の梯子をしてきました。



お遍路の日記は、後回しにして、

先ずは、お花見に日記を・・・


日頃の感謝を込めて!決算月につき大特価ツアー

あなぶき大決算市(9,900円)
バラ ルピナス ポピー

旬彩!奥播磨御膳 5大フルーツお土産付
         さらに 野菜約1kg詰め放題体験











最初の訪問地は、佐用町の味わいの里三日月 で、

ルピナス畑 の見学です。








約40aの面積に植栽された色とりどりのルピナス約8,000本が

ちょうど見ごろを迎えていました。








秋になると、ここには白く可憐な そばの花 が咲き誇るのだとか。








五月晴れの青い空を背景にして








色とりどりのルピナスが咲き誇っていました。













昼食は、神崎郡市川町の 風和里 で。








入り口を入ると、明治時代にタイムスリップしたかのような雰囲気です。








旬彩! 奥播磨御膳







美味しく昼食をいただいた後は、

兵庫県立播磨中央公園




バラ園の面積は約1.5haで、

中央の噴水を囲むようにバラが植えられています。








周囲をぐるっと囲んだ赤いつる薔薇が目を引きます。








名札がなかったので、名前はわかりませんが、






 クリック! 拡大画像 


こちらも同じ種類のバラです。







 クリック! 拡大画像 


我が家のバラは、もう見ごろを終えたものもありますが、







 クリック! 拡大画像 


こちらのバラは、みんな咲き始めたばかり。







 クリック! 拡大画像 


手入れやお掃除が行き届いているかもしれませんが、

花柄や、落ちた花びら等は殆どありませんでした。








お昼からは初夏のような陽気。

噴水の水の音が心地よく聞こえます♪








このアーチの向こうには、

薔薇苗が格安で売られていました。

我が家の庭には、もう、植える場所がないので、

結構長時間いろんな苗を眺めていたのですが、

結局購入は諦めました(涙)












めんたいパーク 神戸三田

三田にめんたいこの工場が出来たみたいですね。








最初に工場見学








そして、お買い物です♪

私たち夫婦は、どちらもコレステロールが高いので、

明太子はご法度!








でも、からし明太子がたっぶり入った ジャンボおむすび (380円)を購入。

美味しかった~~^☆彡












神戸フルーツフラワーパーク








キンギョソウの絨毯


ここは冬の間 イルミナージュ が楽しめるところです。








マリーゴールド


その時は、人がいっぱいなのですが、








マリーゴールド


今の時期は閑散としていました。

※写真に写っている人たちは、私たちのグループ。








バスツアーに書かれていた ポピー というのは、

ここのようです。



























5大フルーツお土産付 で頂いたもの








野菜約1kg詰め放題体験

これで二人分(夫が8本で私が9本)です。

玉ねぎ、ジャガイモ、人参を小さな袋に入れられるだけだったのですが、

人参以外は我が家にあるので。








めんたいパークで頂いた明太子ふりかけ







色々な素敵なお花を楽しめたし、

昼食も美味しくいただき、お土産もいっぱい!

「日頃の感謝を込めて!決算月につき大特価ツアー」

というだけあって、とても内容の濃いバスツアーでした(^^)v



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加してみました。

お手数ですが クリック をお願いしますm(__)m






2015_11
30
(Mon)22:28

西宮時代の友人たちと有馬離宮へ・・・




今日から師走。

カレンダーが最後の一枚になってしまいました(滝汗)


最近、ちょっと考えることがあって、

「ブロ友さんのブログにコメントを残す」というのを

お休みしていました。


ところが、これが案外快適で、

今までやりたかった事が、いろいろ出来るんです。


来年の5月には、後期高齢者になってしまう私・・・

残された時間にいろんな事をしたいとの思いで、

我が儘を言って申し訳ないのですが、

これから、ブロ友さんへのブログにコメントを残すというのを、

当分の間お休みさせていただきたいと思っています。

という事は、毎回読み逃げになると思いますが・・・



タダ、完全にお付き合いを止めてしまうのは寂しいので、

私のブログのコメント欄は、開けさせていただいています。

もしコメントがいただけましたら、

お返事は今まで通り、必ずさせていたできますので、

厚かましいお願いですが、ヨロシクお願い致しますm(__)m


よくよく考えて、こうする事にしましたので・・・







先週の木・金曜日(11/24~25日)に、

西宮時代の友人達3人と一緒に、

有馬のエキシブ・有馬離宮 に泊まりに行ってきました♪


会員制の宿泊所なので、

普通の人は、泊まれないのですが、

友人の一人が会員なので、時々一緒に利用させて頂いています。








その友人がチェックインの手続きをしている間、

ロビーで待っていたのですが、

可愛いヘキセンハウス(お菓子の家)が・・・


見ていると、心が和みます(*^_^*)








私たちのお部屋は2ベッドルームで、

リビングをはさんで、








ベッドルームは、こちらと・・・








こちら・・・


ゆったりと作られていて、

内装もシックでお洒落です(^^)v







3時にチェックインして、夕食は7時半

それまで、温泉にも入らないで、

積もる話に花が咲きました。



どんな話だったかって?

もちろん、体調の事と終活の事が多かったかしら???(苦笑)








カジュアル会席 丹 波

夕食は、1番安いコースで8000円+税








先    附

秋の実白和え 焼鱧のオイル漬 本鮪背とろ握り








椀 盛 り

きのこのすり流し








造    り

本鮪 寒八 牡丹海老 青利烏賊








旬菜 二品

太刀魚チーズ焼 蓮根饅頭









台 の 物

黒毛和牛ロースの嶺岡仕立て








食   事

栗御飯 赤出汁 香の物







水 菓 子

クリームあんみつ



優雅な気分で、美味しく頂きました。

留守をしている夫達は、

一体どんな夕食を取っているのかしら?って

みんなで話し合いながら(苦笑)








パティオのイルミネーション

ロビー横のイルミネーションが素敵です♪







お部屋に帰って、1時間ほどおしゃんべり。

それから温泉に入り、帰って又おしゃべり・・・

気が付くと、2時になっていたので、

慌てて眠りにつきました。








朝 食

昨夜、お腹がいっぱいになっていた筈なのに、

またもや美味しくて完食!







今回も、宿泊が主な目的だったので、

チェックアウトが12時ごろ。

それから友人の車で 瑞寶寺公園








明治初期に廃寺になった黄檗宗瑞宝寺の跡地を、

神戸市が1951年に公園として整備しました。








紅葉の名所で、








かって太閤秀吉が「いくら見ても飽きない」と

褒め称えたという故事から、








「日暮しの庭」とも呼ばれているそうです。








でも、先日の京都の紅葉と同じで、

こちらの紅葉もイマイチ・・・








モミジの絨毯も、

赤ではなくて茶色でした(涙)







その後、遅めの昼食です。




搔き揚げ天ぷら蕎麦(1600円)

有馬の土山人 さんで。


殆ど衣が付いていない搔き揚げ天ぷらが

カラッと揚がっていて何とも美味♪

こんなに美味しいものばっかり頂いてしまってもいいのかしら・・・

そう話し合いながらも、

私たちのお箸を持つ手と、口と舌は絶え間なく動き、

今回も完食!



次回は軽井沢のエキシブに泊まってみようとの約束で、

それぞれに帰路に着きました。











2015_11
25
(Wed)09:55

京を彩る紅葉めぐりの旅




先週の金曜日(11/20)、芦屋のUさん

京都の紅葉狩りのバスツアーに参加してきました。



Uさん と出会ったのは、今から35年くらい前。

英会話の最初のクラスで席が隣りだったのがご縁で、

それ以来の長~いお付き合いです。



私が淡路島へUターンしてきてからは、

年賀状と電話だけのお付き合いが殆どで、

彼女の新しいお家にお邪魔 して以来の、

5年ぶりの再会でした。









先ず最初に、紅葉で有名な 東福寺へ・・・








臥雲橋から通天橋の方を見た風景








こちらは反対に、通天橋から臥雲橋の方を見た風景ですが、








残念ながら、今年の紅葉はイマイチ(涙)

11月になっても、ずっと暖かかったせいで、

葉っぱが赤くなる前に茶色くなって落ちてしまっているのが多いのだとか。








でも、足元の苔は、青々として綺麗です♪








開山堂の楼閣

バックは、見事な青空です(^^)v








開山堂への両側には、

白砂だけのシンプルな庭と、それとは対照的な池泉庭園








白砂の市松模様が素晴らしいです。








予想通り、沢山の観光客。

でも、思っていたよりは少なかったかも・・・








紅葉を見に来たのだけど、

やはり、美しい苔にも目が行ってしまいます。








紅葉のグラデーションが、青空に映えています♪








少し茶色が混じっているモミジも、

こうやって写真に写すと綺麗です(*^_^*)








なるべく観光客を写さない様に、

カメラを上に向けて写していたのですが、








やはり、人は避けられません。








考えたら、私達だって、

他の人たちの写真の邪魔になっているのですものね(苦笑)








未だ紅葉が始まっていない場所もあります。

日陰だからでしょうか?

それとも、モミジの種類が違うのかしら???








その昔、 摂政九条道家が、

奈良における最大の寺院である 東大寺 と、








奈良で最も盛大を極めた 興福寺 のようにとの願いで、








東大寺の「東」と、興福寺の「福」の字を取って

京都最大の大伽藍を造営したのが 東福寺 なんだそうです。








以前、東福寺へ行った時

庭の桜の木をすべて伐採してモミジの木を植えたと聞いたので、

その由来をネットで調べてみました。


東福寺境内に桜がないのは、

室町時代、 第四代将軍足利義持が東福寺の画僧、吉山明兆に、

東福寺三門の大涅槃図の出来栄えが良いのに感銘し 

褒美に望むものは ないかと尋ねた。


明兆は 

「桜が増えれば東福寺は 花見客がやってきて 遊興の場となり

修行の妨げになります。桜は すべて切って下さい。」と所望した。

義持は すべての木を切ることを命じた。

 
それ故、 東福寺には 桜がないのである。



東福寺HPより


春に境内が遊興の地となることを防ぐために

桜をすべて切り倒したのですね。

お見事!

ちなみに、この明兆は、淡路島出身なんですよ。









光明寺 へ・・・







総 門








「もみじ参道」 には樹齢150年のモミジの木が約500本。 

残念ながら、紅葉狩りにはちょっと早かったようですが。







光明寺HPより

色づくと、燃えるような紅葉のトンネルになります。








でも、色づきはじめの緑と薄い赤の葉も

着物の柄の様で素敵です♪








緑の中に、赤いスポット!








優しい感じの紅葉です。








11月14日~12月6日までが 紅葉の特別入山








期間限定の境内を特別公開です。








釈迦堂前の信楽庭

白州に配された大小18個の石は

念仏の行者が生死の大海を渡る姿を現していると言われています。



紅葉の綺麗なお寺として、

大抵の旅行雑誌で紹介されている光明寺。

念願かなってやっと行くことが出来ました(^^)v








ちょっと早め(16時過ぎ)の夕食は

大徳寺前の 泉仙で、美味しい精進料理 に舌鼓を打ちました♪

頂いた後、赤い器は、一つに纏められます。









平等院の夜間拝観








平成の大修復が終わり、

綺麗になった 鳳凰堂(国宝)








ライトアップされた建物が、

水面にクッキリと写って素敵です♪








平等院ミュージアム鳳翔館

建物の横にあるお庭の風景も幻想的♪






気心の知れた私の大好きな友人のUさん。

5年のブランクなんて全く感じなくて、

ず~~~っと会っていたような雰囲気で、

一緒に紅葉狩りを楽しみました。

お食事も、とっても美味しかったし、

思い出に残る素敵なバスツアーでした(^^)v


Uさん、いろいろとありがとう~~~☆彡

又ご一緒出来る機会を絶対に作りましょうね♪