2015_09
24
(Thu)10:37

第24番~26番&御厨人窟 四国88ヶ所巡り 




四国88ヶ所巡りの高知編、前回の続です。

土佐藩主山内家下屋敷跡に建つ旅館・三翠園で前日の疲れを癒した後、

次のお寺へと向かって出発!

今度は、淡路島方面へ向かていくので、

逆打ちでのお参りです。







第26番札所 龍頭山 光明院 金剛頂寺 (こんごうちょうじ)
・・・ 高知県室戸市 ・・・




こちらのお寺も又、長い石段を上がっていきます。

女坂の33段、男坂の42段 と後少しの石段。

ここのお寺の石段は、男女の厄年の数に合わせたためでしょうか?

蹴上がとても高くて、上がるのに一苦労でした。



前を行くのは、私たちの先達のSさん。

生憎、小雨が降っています。








仁王門

両サイドには、巨大な草鞋が奉納されています。








本 堂

地下には宝物殿があり、重要文化財が収納されていました。

(写真はなし)



そして、大師堂は本堂に背を向けて西側を向いています。


お大師さまが、この地を悩ましていた 天狗 を封じ、

今でも、西に向かって睨みを効かせているのだそうです。

それで、通称「西寺(にしでら)」と呼ばれています。



画像はありませんが、他にも注目すべきものがありました。

奴草

境内に自生する天然記念物。



鯨供養塔

鯨の供養塔があり、別名「クジラ寺」ともいわれているそうですが。



一粒万倍の釜

大師が炊いた米が一万倍に増え、人々を飢えから救ったという伝説があります。







第25番札所 宝珠山 真言院 津照寺 ( しんしょうじ)
・・・ 高知県室戸市 ・・・

通称、 「津寺 (つでら)」 と呼ばれています。




山 門

雨が止んでラッキーです(^^)v






あき


一木権兵衛ゆかりの「お釜岩」の一部

山門を入った左手にあります。

その昔、港口にお釜岩という巨岩が港をふさぎ、

三千余りの人夫が砕こうとしても砕くことが出来ませんでした。

それで、もう三千人の人夫を増やしたのですが、依然として砕けません。


一木権兵衛は自らの命を捧げることを祈願。

すると岩は砕け、改修は無事終了しました。

その後無事に 室津港 が完成すると、約束通り自刃しました。

隣に、 一木をお祀りする 一木神社 があります。









石段下から見上げる鐘楼門








上がると室津港が見えます。








本 堂

台風銀座と言われる室戸岬。

その為、本堂は鉄筋コンクリート製です。



ご本尊は地蔵菩薩

その昔、山内家初代一豊公が室戸の沖で暴風雨に遭い困っていた時、

何処からともなく大僧が現れ船の楫を取って

船は無事室津の港に入港する事が出来ました。

ほっとした所で先程の大僧の姿が見えなくなったのに気づき

探しましたが見当たらなかったので、

先ずは津寺へお参りしてみますと、

本尊地蔵菩薩の御体が濡れていて、

大僧が本尊地蔵菩薩であった事がわかったそうです。






大師堂












昼食は、 道の駅キラメッセ室戸の「鯨の郷」 で。

画面左上は、鯨のタタキ

太巻きの中身は、鯨と鰹でした。

先達さんの話では、

以前は、鯨の竜田揚げが出ていたそうですが、

お遍路に来る人はお年寄りが多いので、

硬くて食べにくいとのクレームがあって、

今は、鶏肉に変えたそうです。








食事会場の大きな窓からは太平洋。

眼下には、縦に断層が入った岩々。

高知の海岸線は、今も隆起しているという証拠だそうです。







第24番札所 室戸山 明星院 最御崎寺 ( ほつみさきじ)
・・・ 高知県室戸市 ・・・




くわずいも

昔、お婆さんが芋を洗っていると、

一人の遍路(弘法大師)が通りかかり、

その芋を乞うたところ、

おばあさんはあげるのが惜しいので、

「この芋は食べられない」と言ったそうです。

それ以来このお芋は、何度造っても硬くて、

本当に食べられなくなったそうです。








行きは石段の方を通らないで、

広大な敷地の中の緩やかな坂道を歩いていきました。








本 堂

「修行の道場」 とされる土佐最初の霊場。








手前から 鐘楼、多宝塔、本堂








大師堂

本堂に背を向け、明星が見える東を向いているので

「東寺(ひがしでら)」 とも呼ばれています。



※弘法大師は、この後に行く 御厨人窟で修業中、

ついに、明けの明星が口から体中に入り、

宇宙の表出とも言うべき体験をされ、

ここで宇宙と一体になれたと 著書「三教指帰(さんごうしいき)」に記しています。








鐘 石

安山岩で出来たこの石を、

くぼみに置かれた小石で叩くと、

鐘のような金属音が聞こえます。








仁王門

帰りはこちらから












ちょっと寄り道して、お寺の少し下にある

室戸岬灯台

今はもう、燈台守はいなくて、遠隔操作で動かしているそうです。














御厨人窟 (みくらどう)

弘法大師がこの「御厨人窟」で、修行されたと伝えられています。

約1200年前の平安時代、青年時代の大師が悟りを開いたといわれる洞窟です。




洞窟が二つ並んでいて、

向かって右側が、修業をされていた洞窟。

この中に座っていると、空と海しか見えない。

その空と海に感銘を受けて、“空海”と名前をつけたのだそうです。








こちらは、住まいとして使用されていた洞窟。

なお、「御厨人窟の波音」は環境庁の「日本の音風景100選」に選ばれています。








大師行水の池








エボシ巌







穏やかな海だと思っていましたが、

流石は太平洋!

巌に砕ける波しぶきは凄い!!!



これで、今回のお参りはすべて終了。

淡路島に向かって帰りました。







これ以降のお遍路ですが、

2013年に先達さんつきのツアーに参加していますので、

31番、35番&37番    32番~34番&36番    38番&39番    

40番~43番    44番~47番    48番~53番

次に参加するのは、54番~88番までで、

来年の4月からになります。

それまで少しの間、お遍路さんはお休みです。





スポンサーサイト

コメント

Re: 青翠さんへ

> 最御崎寺、お参りしましたよ~。
> お寺に会った大きな葉はクワズ芋だったのですね。
> 海にもおりてみました。
> 土佐は故郷なんです。 

土佐は、いい所ですよね♪
でも、四国の他の3県と違って、ちょっと遠い。
行く度に、もっと近ければっていつも思います。

2015/09/30 (Wed) 11:08 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

最御崎寺、お参りしましたよ~。
お寺に会った大きな葉はクワズ芋だったのですね。
海にもおりてみました。
土佐は故郷なんです。 

2015/09/27 (Sun) 21:02 | 青翠 | 編集 | 返信

Re: オデットさんへ

> 大変なお天気のようですがだいじょうぶですか?

お返事が遅くなってしまってゴメンナサイね。
コメを頂いた日は、徳島地方が大雨警報。
幸い、徳島とはお隣の私の地方は、
警報や注意報が出るほどには降らなかったのでヤレヤレでした。
ご心配ありがとうございます。

> お遍路さんの時は
> 今日のようない天気じゃなくて良かったですね。
> またの時を楽しみにしています。

2日目は、朝起きたら雨が降っていたので、
ちょっと心配しましたけれど、
ふたつ目のお寺に行く頃には雨も上がり、
暑くも寒くもない丁度良い気候で、
季節の移ろいを感じながら、楽しくお参りが出来ました(^^)v


2015/09/27 (Sun) 19:08 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: ロゼさんへ

> こんばんは。
>
> お遍路の旅はお天気が気になりますが
> 長い旅を終えるとまた行ってみたくなります。
> 私は来月高野山に登ろうと思っています。

2度目の満願なんですね。
2度目は、88ヶ所も高野山も1200年祭の記念すべき年。

いい思い出になりますね(*^_^*)



> 津照寺、昨年はあの長い階段は工事中だったので登れなかったのですよ。


そうだったのですか・・・
という事は、横の方に坂道があるのかしら???


> 室戸の近くは食事が出来るところが少なくて
> 私たちもキラメッセに入ったの
> ここで買ったトマトとお芋がとっても美味しかったわ(笑)

雄大な太平洋が見える景色のいい所でしたよね。
でも、鯨料理が出てくるとは思っても見ませんでした。
実は、鯨を食べたのは今回が初めてでした(^^ゞ
(おでんのコロは、一度食べたことがありますが・・・)



>
> まだまだ旅は続きますね。
> 私も三度目をまわりたいと思ってしまいました^^


私は、40代前半に回った西国33ヶ所をもう一度と思うのですが、
夫が賛成してくれないんです(涙)

2015/09/27 (Sun) 19:03 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

大変なお天気のようですがだいじょうぶですか?
お遍路さんの時は
今日のようない天気じゃなくて良かったですね。
またの時を楽しみにしています。

2015/09/25 (Fri) 00:13 | odetto | 編集 | 返信

懐かしい場所ばかりです

こんばんは。

お遍路の旅はお天気が気になりますが
長い旅を終えるとまた行ってみたくなります。
私は来月高野山に登ろうと思っています。
津照寺、昨年はあの長い階段は工事中だったので登れなかったのですよ。
室戸の近くは食事が出来るところが少なくて
私たちもキラメッセに入ったの
ここで買ったトマトとお芋がとっても美味しかったわ(笑)

まだまだ旅は続きますね。
私も三度目をまわりたいと思ってしまいました^^

2015/09/24 (Thu) 18:18 | ロゼff | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック