2015_10
06
(Tue)14:17

世界遺産・苔寺&鈴虫寺へ




昨日(10/5)、バスツアーで、以前から気になっていた 苔寺と鈴虫寺 へ行ってきました。








かぐや姫 竹御殿

駐車場の前に気になる建物を発見!

帰宅して調べてみましたら、

金閣寺を模して作られた竹の御殿で、

竹取物語の舞台とも言われる京都松尾の地に、

竹工の名人・長野清助が27年の歳月をかけて独力で建造したのだそうです。

現在は占い師をしている親族が管理していて、一般公開されているのだとか。







西芳寺(苔寺)
・・・ 京都市西京区松尾神ヶ谷町(じんがたにちょう) ・・・





川沿いに少し歩いていると、苔寺の一部が見えてきましたが、

入るのは、もう少し先。








苔寺は、往復はがきによる事前申し込み制で、

見学時間の指定はできません。

私たちは、13時だったので、15分前に門の前に行きました。

約束時間に少しでも遅れると、

たとえ申し込んでいても門が閉ざされて中には入れてもらいないそうです。









最初に、本堂で般若心経を写経。

末尾に、願い事と住所名前を書いてお供えします。








それからお庭の見学です♪








一面苔に覆われた素晴らしいお庭。








池の澄んだ水面








水面に映った木々も素晴らしいです♪








静かにたたずむ木立








どこをとっても絵になります。








夢窓疎石の作庭で、上段の枯山水と、

下段の池泉回遊式庭園のふたつから成っています。








西芳寺の庭園としてよく知られるのは苔の庭で、

木立の中にある黄金池と呼ぶ池を中心とした回遊式庭園。


庭園内には約120種類の苔が覆い、

まるで苔の絨毯を敷き詰めたような美しさです。








この門を潜って上にあがって行くと








上段の枯山水があります。



苔寺は、独身時代に一度行ったきりで、

もう一度行ってみたいと思っている内に

50年以上経ってしまいました。

前に行った時とは違って、そうそう簡単には行く事の出来ない苔寺。

今回は、気軽に行けるバスツアーが見つかってラッキーでした(^^)v







鈴虫寺(華厳寺)
・・・ 京都府京都市西京区松室地家町 ・・・




秋だけでなく一年中、心和む音色が響く鈴虫のお寺








10月の法語 「両忘(りょうぼう)」

良いとか悪いとか。正しいとか間違ってるとか。

得だとか損だとかという二つの相反する考えは全て自分の心が作り出しているに過ぎない。

人によってものの見方は違うのです。この心の事を自我と言う。

全ての苦しみは自我(執着・欲望・こだわり)が元となって生じている。

自我を制御することで苦しみから逃れることができる。

その為には、良いとか悪いとか、得だとか損だとかという判断を離れることです。

つまり無の心になることが必要です。無とは何も無いことではありません。

譬えるなら、水のようなもの。

水は意地を張ることもなく、

どんな形にも柔軟に順応し形を変えて器を満たすことができる。

水の如く無の心になれば、出会ったことと一つになって生きて行けるのです。


 私たちも、水の様に無心の心になりたいものですね。 








極楽への石段と同じ数の80段の石段








石段を上りつめたところには、

草鞋を履いたお地蔵さま








本当のお名前は、 「幸福地蔵菩薩」 で、

ひとつだけ願いを叶えに来てくださる、お地蔵さまです。








確かに草鞋をはいていらっしゃいます。

これは、お地蔵様が私達の所まで願いを叶え、

救いの手をさしのべるために、歩いて来てくださるからなのです。








最初に客殿で、お茶とお菓子を頂きながら

鈴虫説法 を聞きます。

住職さんのお話は、漫談を聞いているようで面白かったです。

お部屋にズラッと並んだケースには、鈴虫がいっぱい!

6万匹はいるそうですよ^^








その後、お庭を散策。

こちらの苔も立派です。








鈴虫の小屋








モミジの木が沢山あったので、

紅葉の時期には、どんなにか綺麗なんだろうな・・・って思いました。



お守り(300円)

このお守りを両手に挟んでお地蔵さまにお願いすると、

家まで願いを叶えに来てくださるそうです。








ピラカンサ が赤い実をいっぱい付けています。









アメジストセージ&メドーセージ

洋のお花なのだけど、和のお庭にも似合ってています。












帰りのバスの中からは、

素晴らしい夕日が見られました♪







スポンサーサイト

コメント

Re: ロゼさんへ

> こんにちは。
>
> 苔寺美しいですね。
> これぞ日本の庭って思いながら拝見させていただきました。
> 日帰りのご旅行お疲れでていませんか?
> 楽しみがいっぱいで感じている時間は無いかもですね^^


以前からもう一度行きたいと思っていた苔寺。
東北旅行が控えているので、ちょっとハードかな?
とも思ったのだけど、決行してよかったです^^


>
> 私はこの時期どうも不調なのです。
> 今は食べ過ぎると消化酵素をためる場所がないので
> 少し体調が悪くなるのです。
> お優しいお気遣いいただいてありがとうございます(*^_^*)

> 私も水のように
> 何にもとらわれず、しなやかに生きたいと思っています。
> 多少の無理もまた良いかもって
> 最近思い、出かけております^^;
> でも、ちょっと無理かな~って思えば
> 出かけても楽しくないので休憩タイムって^^

やはり、季節の変わり目はお身体に堪えるのでしょうね。
家事の方は程々にして、楽しい事を優先してね^^


>
> 旅のお話はとても楽しいです。
> 今、淡路の花さじきはコスモスかしら^^
> 近いうちに出かけたいと思っております。

花さじきは、長い間行っていません。
基本的に高速には乗らない様にしているので、
1時間半位かかる花さじきや奇跡の星の植物館は、
最近とても遠く感じるようになったのです。

近いうちに行かれたら、又ブログに載せてくださいね。


2015/10/14 (Wed) 16:48 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: 青い月さんへ

> 素晴らしい苔寺ですねえ
> しっとりとマイナスイオンも豊富にありそうです
> 身も心も洗われますね^^
> お守りは買われたんですか?
>
> 洋のお花も見事に和の庭に馴染んていて素晴らしいです

苔寺は、昔は簡単に行けたのだけど、
最近は、いろいろと手続きがあって、
個人で行くには面倒なお寺ですが、
運よくツアーがあったので・・・

すずむし寺のお守りは、二つ買いました。
一つは、最近手術をされた友人用です。




2015/10/14 (Wed) 16:42 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: オデットさんへ

> スゴイ苔ですね~~~~~
> それにしても、入るのになかなか大変になりましたね。
> 両忘・・・いいなぁ~~~これ
> コレを肝に銘じて欲しい人がいるんだな~~~そばに・・・
> 私の願いはそこかな~~~~~
> 叶えて欲しい~~~~

お返事が遅くなってしまってごめんなさいね。
何時もコメントをありがとうございます。

苔寺は、私が独身の頃は簡単に行けたのだけど、
最近は、ややこしくなってしまいました。

でも、そうやって管理しているだけあって
苔そのものは素晴らしかったですよ(^^)v

「両忘」・・・いいですよね~
お水の様になれたらいいのだけど・・・


2015/10/14 (Wed) 16:39 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

無になりたいです

こんにちは。

苔寺美しいですね。
これぞ日本の庭って思いながら拝見させていただきました。
日帰りのご旅行お疲れでていませんか?
楽しみがいっぱいで感じている時間は無いかもですね^^

私はこの時期どうも不調なのです。
今は食べ過ぎると消化酵素をためる場所がないので
少し体調が悪くなるのです。
お優しいお気遣いいただいてありがとうございます(*^_^*)

私も水のように
何にもとらわれず、しなやかに生きたいと思っています。
多少の無理もまた良いかもって
最近思い、出かけております^^;
でも、ちょっと無理かな~って思えば
出かけても楽しくないので休憩タイムって^^

旅のお話はとても楽しいです。
今、淡路の花さじきはコスモスかしら^^
近いうちに出かけたいと思っております。

2015/10/08 (Thu) 11:45 | ロゼff | 編集 | 返信

素晴らしい苔寺ですねえ
しっとりとマイナスイオンも豊富にありそうです
身も心も洗われますね^^
お守りは買われたんですか?

洋のお花も見事に和の庭に馴染んていて素晴らしいです

2015/10/07 (Wed) 17:18 | 青い月2 | 編集 | 返信

スゴイ苔ですね~~~~~
それにしても、入るのになかなか大変になりましたね。
両忘・・・いいなぁ~~~これ
コレを肝に銘じて欲しい人がいるんだな~~~そばに・・・
私の願いはそこかな~~~~~
叶えて欲しい~~~~

2015/10/07 (Wed) 01:08 | odetto | 編集 | 返信

Re: 青翠さんへ

> ず~と昔、申し込まないで見たような記憶があります。
> まちがいかな。

そうなんですよ。
私も昔行った時は、予約なしで入れました。
何時からこんなにややこしくなったんでしょうね。


> こういう美がわかるのは日本人の感性ですね。

苔を愛でるのは日本人だけだと思うでしょう?
でも、外国人(西洋人)も沢山来ていました。
一か月前に申し込まなければならないので、
多分、日本に住んでる人だとは思うのですが・・・


2015/10/06 (Tue) 18:58 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

ず~と昔、申し込まないで見たような記憶があります。
まちがいかな。
こういう美がわかるのは日本人の感性ですね。

2015/10/06 (Tue) 17:29 | 青翠 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック