2016_02
13
(Sat)15:00

魅惑の越後 冬の玉手箱・・・2日目




新潟旅行の2日目です。

天気予報では、終日雪マーク。

一体どんな日になるのかしら???








6時48分の朝焼けの様子

まだ雪は降っていないようですが・・・








池には氷がはっています。

外気温は何度くらいなのでしょうね~



朝食はバイキング。

珍しい郷土料理が沢山並んでいましたが、

和食にすると食べ過ぎになるので、何時もの事ながらスルー。

パンケーキとサラダ、ヨーグルトにしました。








ホテルの入口横には、レンタル用のスキーグッズ

ここは、リゾートホテルなんですよね~








ホテルを8時出発!

ローカル線に乗るために 飯山線 越後水沢駅舎 へ。

可愛い駅舎です。








無人駅です。








一両仕立てのワンマンカーがやって来ました。

でも私達、一体何の為に、ワザワザこんな電車に乗るのかしら???



そういえば、TVの旅番組などの影響で、

移り行く景色をのんびりと楽しむ

ローカル列車の旅を愛する旅人が増えているそうですが・・・








車窓の景色はモノクロの水墨画の世界。

一両編成の電車は、ガタンゴトンとゆっくりと進んでいきます。







津南駅(つなんえき) で下車。

駅舎の2階に温泉施設がある珍しい駅です。












雪国の宿 高半

川端康成がこの旅館で小説「雪国」を書いたのだそうです。

外観は鉄筋コンクリート造りの様なので、

建て替えられたのでしょうか?








2階は、資料室 などがあります。








「かすみの間」

改築の時、このお部屋だけ保存されたようですね。


「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」

川端康成の名作「雪国」は、この「かすみの間」で、

昭和9年の晩秋から昭和12年にかけて書かれたそうです。



昭和32年に公開された、岸恵子、池部良などが出た映画「雪国」の撮影も、

この部屋が使われました。

ちなみに、ガイドさんはお若いので、

岸恵子も池部良も知りませんでした(苦笑)








「かすみの間」から見える雪の風景

川端康成は、この景色を愛したそうですが。











昼食は 魚野の里で海鮮わっぱご膳

右側の桶は、石焼料理。

800度~1000度に熱した石を桶に入れて瞬間的に熱する­のでが、

石が小さすぎるのでしょうか、

お汁は、あま熱くはなかったです。



魚野の里は、

日本海の鮮魚が並ぶ鮮魚センターをはじめ、

お食事処・お土産処・物産館・地酒蔵が揃った総合観光センターです。


ガイドさんに教えて頂いた、

チョコレートでコーティングした柿の種 を買いました。













信濃川

上流の長野県に行くと 千曲川 と呼ばれるのだそうです。

信濃川と千曲川が同じ川だとは知りませんでした(^^ゞ








バスが走っている道路には雪がなく、

車窓の景色も、想像していたほどには雪深くはありませんでしたが、








酒造(玉川酒造)見学に行った 越後ゆきくら館 では

建物の前には、雪の山・・・

この時、雪もチラつき始めていました。








蒸し場

午前中であれば、酒米を蒸す所が見られたそうですが。







貯蔵タンク場

8000Lタンクが目の前にズラッと並んでいます。








ゆきくら珈琲&さくら珈琲

横峯さくらさんが「ゆきくら珈琲」に一目ぼれ。

ゆきくら珈琲のプレミアムラベルが出来ました♪








越後武士 さむらい

アルコール度数が、なんと 46度 です。



みなさん、いろんな種類のお酒を試飲されていましたが、

私は残念ながらお酒は苦手。

お酒すきの人たちは大満足のようでした^^



身びいきかも知れませんが、

毎年春分の日の頃に開催される 淡路島の地酒・都美人酒造の酒蔵解放 の方が

遥かに楽しかったように思いました。

今年も久しぶりに見学に行ってみようかしら・・・












天気予報通り、雪が降り始めました。








バスの外は幽玄の世界です。












瀬波温泉 夕映えの宿 汐美荘


二泊目のお宿に到着!

「5つ星の宿」と紹介されていましたが、お部屋はこんな感じ。

前日の方がゆったりとしていました。








お部屋の窓からは日本海が見えます。

想像していた冬の日本海とは違って穏やかです。








夕食会場の前にあった円柱形の水槽

可愛い熱帯魚がいました♪








お食事は、上の12品種の他に








天ぷらや郷土料理、サラダ、汁物など、

隣りのテーブルにズラッと並んでいます。


こんなに沢山の料理・・・絶対に食べきれません。

私たちのツアーの参加者は、みんな中高年。

もう少し年齢の事を考えて、

量を減らして質を高めて欲しいな~って思いました。




***** つづく *****





瀬波温泉 夕映えの宿 汐美荘







スポンサーサイト

コメント

オデットさんへ

> 雪景色~~~寒そうだけど、しばらく見ていない景色だからちょっと見たくなりました。
> スキー客はあまりいなさそうですね。
> ノンビリという感じが出ていましたね。
> 確かに三つ星にしては、ちょっとせまいかも・・・

雪景色を見ると寒そうに感じるでしょう?
でも、そうでもないのよ。
スキー場だって、意外に寒くはないでしょう?
我が家に帰ってきた時の方が寒く感じました。

五つ星ってどういう基準で決まるんでしょうね。
ちょっと不思議でした。

何時もコメントをありがとうございます。
とても嬉しく思っています。


2016/02/16 (Tue) 09:42 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

雪景色~~~寒そうだけど、しばらく見ていない景色だからちょっと見たくなりました。
スキー客はあまりいなさそうですね。
ノンビリという感じが出ていましたね。
確かに三つ星にしては、ちょっとせまいかも・・・

2016/02/16 (Tue) 00:53 | odetto | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック