2016_06
11
(Sat)21:17

高校時代のクラスメートたちとの岡山旅行




今月の8~9日にかけて、

高校時代のクラスメートたちとの旅行に行ってきました。

進路の関係で、3年間殆どメンバーが変わらなかったので、

多分、ほかのクラスの人たちよりも親しみがあると思います。



今回は、岡山在住のFさんのお世話で岡山県へ・・・



今年は、岡山にご縁があるみたいで、

2月に行った 倉敷 、5月の 雨の日のお花めぐり についで

3回目の岡山旅行になりました。







毎回女性の参加数が多いのですが、

今回は、急なお知らせだったので、もう予定が入っている人が多くて、

4人(13人中)でした。

淡路からの3人は、高速バスとJRを乗り継ぎ、

西明石で東京からの Kちゃん と合流。

倉敷に着いたのはお昼頃でした。


男性たちは、岡山駅14;30集合ですが、

私たち女性は、先にやって来て、

倉敷美観地区で5時ごろに合流予定です。



駅前の天満屋のレストラン街で軽く昼食をとって、

タクシーで 美観地区の倉敷館(観光案内所) へ。






 クリック! 拡大画像 






13:30から始まる ボランティアガイドツアー に参加しました。

※前回倉敷に来たときは、月曜日だったのでツアーはなかったのです。








倉敷考古館

江戸時代の土蔵つくり米蔵を改造し、

1950年に開館しました。

隣の庭の松の木が立派(ガイドさんの話)








有隣荘

大原孫三郎 が、身体を壊した奥様が療養するために建てたもの。

独特の製法で焼かれた瓦は、

見る角度によって緑色に光ることから、

地元では 「緑御殿」 とも呼ばれています。








新溪園

明治26年に建てられた、大原家の別荘のお庭です。

市に寄贈された時、維持費も一緒に残されたそうです。

今は、観光客や市民の憩いの場となっています。








大原美術館 分館前の彫刻は、ロダン作

レプリカではなくて、本物だそうです。








大原美術館 本館の窓が全部塞がっている訳は?

1970年に本館に展示されていた作品5点が盗難にあった為。


この犯人グループは2年後に逮捕され、

絵画は、無事美術館に戻されました。

そして、事件発生後は、

本館側面にある窓全てが塞がれ、警備体制が強化されているそうです。








工芸・東洋館


米蔵を改装した展示館は工芸館と東洋館からなり、

浜田庄司、バーナード・リーチ、富本憲吉、河井寛次郎の陶芸、

棟方志功の木版画、芹沢けい介の染色、

児島虎次郎の収集を中心とした東洋の古代美術品が展示。








工芸・東洋館

赤い壁は、ベンガラ塗り








2000年に、フランス・シヴェルニーのモネの日本庭園から届いた睡蓮が、

丁度咲いていました(^^)v








本館前 向かって左にある ロダンの彫刻








右側にある ロダンの彫刻








足元には、彼のサイン があります。








倉敷川に戻りました。

新緑がとても綺麗♪

前回行ったのは2月だったので枯れ枝でしたが・・・








今橋&有隣荘

大正15年に、皇太子だった 昭和天皇

この地を訪問されるのに合わせて、

古くなっていた今橋の架け替え工事が行われました。

架け替えは 大原美術館の創設者である大原孫三郎 によってなされました。








今橋は、児島虎次郎のデザイン で、

大原孫三郎の干支にちなんで20体の龍が彫られています。

これは、龍が正面を向いている珍しい構図です。








今橋から倉敷川を望んだ風景








くらしき川舟流し

江戸時代に物資を運ぶ舟として利用されていた川舟で、

今橋と高砂橋の間を

約20分かけてゆったりと往復します。

乗船代が船頭さんのガイド付きで大人500円とお手軽なので、

沢山の人たちが楽しんでいました。

私たちは、残念ながら時間がないのでパス!







なまこ壁

正方形の瓦を張り付けて、

目地を埋める漆喰を盛り上げているので、

その断面がなまこの形に似ていることから

そう呼ばれているのです。








倉敷紡績の製品の積み下ろしが行われていた所








倉敷アイビースクエアー

前回来たときは、ここで宿泊しました。







ここでガイドさんと別れ、大原美術館で美術鑑賞。

その後、集合場所の駐車場へ向かいました。








途中、民家の庭に咲いていたお花が気になります。

夾竹桃に似ていますが、

葉っぱもお花も、もっと繊細で優雅です。








鷲羽山展望台からの風景

この後、宿泊所に向かいました。



男性の参加者は、7人(33人中)

やはり、とても少なかったので、ちょっと寂しいなって思ったのですが、

11人での旅行は、まとまって動きやすく、

それはそれで楽しく過ごしました(*^-^*)



翌日は、多くの歴史遺産が眠る「吉備路」 を巡りました。


***** つづく *****







倉敷由加温泉 ホテル山桃花



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村に参加してみました。

お手数ですが クリック をお願いしますm(__)m










スポンサーサイト

コメント

Re: オデットさんへ

> いいですね~~~
> 私も高校から美術だったので3年間同じクラスでした。
> 仲良しでしたが、ほとんどそのまま付属大学に行っちゃったので
> みんな、大学友人であってるみたい。
> 私は他の美大を受けたのでぽつんです~~~。
> いいな~~~楽しそう

オデットさんのように都会育ちだったらそうなのでしょうね。
娘たちも、同窓会に行ったと言うような事は聞いたことがありませんから。

私たちは淡路島の田舎育ち。
年齢を重ねるごとに郷里の友達が懐かしくなってくるみたいですよ。



> 倉敷、30年ほど前に行ったきりです。

倉敷は、何度行ってもいいところですよ。
大原美術館は大好きです^^

以前カナダに一緒に行った友人が、
前から倉敷に行ってみたいと思っているのだけど、
なかなか実現できないって言われているので、
今度ご一緒しましょうねって約束しました。
こちらからだと近いです(^^)v



2016/06/14 (Tue) 21:19 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

いいですね~~~
私も高校から美術だったので3年間同じクラスでした。
仲良しでしたが、ほとんどそのまま付属大学に行っちゃったので
みんな、大学友人であってるみたい。
私は他の美大を受けたのでぽつんです~~~。
いいな~~~楽しそう
倉敷、30年ほど前に行ったきりです。

2016/06/12 (Sun) 01:01 | odetto | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック