2016_06
11
(Sat)20:45

高校時代のクラスメートたちとの岡山旅行 (2日目ー1)




今日は、又四国巡礼に行ってきました。

もう終盤に近付いていて、香川県と近場だったので日帰りでしたが、

梅雨の中の晴れ間の暑い暑い日でした。

時々吹く爽やかなそよ風が私たちを元気づけてくれて、

7ヶ寺お参りしてきました。

その事は次回に・・・


先ずは、高校時代のクラスメートたちとの旅行の2日目です。

朝起きて外を見ると雨が降った形跡があり、

その時、雨は止んでいましたが、

今にも泣きだしそうな空模様。

案の定、朝食時にはザーザー降り。

「雨男、雨女は誰?」

と言いながらのお食事でしたが、

ホテルを出る頃には傘が要らないくらいの小降りに。

「此のくらいの雨ならOKよね。梅雨だもの」

なんて言いながらチャーターしていたバスに乗りました。


2日目は、 吉備路 を巡ります。









作山古墳 (前方後円墳)


車窓から・・・

この辺りには、古墳がいっぱいあるそうです。







 クリック! 拡大画像 








バスを降りて、 備中国分寺 へと向かいます。








山門 と、左手に 五重塔 が見えます。

霧雨のため。この時は傘をさしていましたが、

この後は、ずっと傘要らずでラッキーでした(^^)v









勅使門


寺伝では、廃寺となっていた国分寺を

天正年間に 備中高松城主・清水宗治 が再興したのですが衰微し、

江戸時代中期に再建されたとされています。








五重塔 重要文化財(国指定)








クレマチス








五重塔の背後の庭の向こうには田園地帯が広がっています。








一枝だけ紅葉したモミジ

あなたは慌てん坊さんなの?(苦笑)








あじさい アナベル








透かしユリ








写真ではよく分かりませんが、

赤(左)と白(右)の夾竹桃








駐車場まで戻るときに見かけた標識

右へ折れると こうもり塚古墳 があるようです。

今回は行きませんでしたが。








車窓から見た五重塔

田園風景の中に建つ五重塔は、

観光地・吉備路のシンボル的な存在となっています。









最上稲荷神社


 クリック! 拡大画像 








仁王門


旧仁王門が昭和25年の山火事で焼失した後、

昭和33年に再建されました。

インドの殿堂様式で建造された石造りの仁王門は珍しく、

平成21年に 登録有形文化財に指定 されました。








こちらの広い石段からは登らないで、

左ての石造りの仁王門から上がりました。








本殿(霊光殿)

本殿前には長さ約 12m、総重量1.55tの大注連縄がかけられています。








宝光閣


この奥の方へ行くと、 旧本殿(霊応殿) の他、

いろんな文化財があるようだったのですが、

もういいかな?と思って止めました。

やっぱり歳???(^-^;

もう少し若ければ、絶対見に行ったと思いますから・・・









昼食後、 備中高松城跡

秀吉、官兵衛の高松城水攻めの主戦場となった城趾として有名なところです。




花菖蒲が綺麗でした♪








シモツケも素敵!








画面右手の土蔵のような建物が 資料館

この中でビデオを見て「高松城水攻め」のお勉強をしました。






備中高松城跡と水攻め史跡案内図(JPEG画像)

秀吉軍は、黒田官兵衛の献策で

戦史にもまれな水攻めをして兵糧攻めにしていました。

その時、秀吉は京都で信長が明智に討たれたとの報を受け、

これを内密にして毛利方の軍師・安国寺恵瓊 を招き、

「今日中に和を結べば毛利から領土は取らない。

宗治の首級だけで城兵の命は助かる」

という条件で説得した。

高松城主・清水宗治は、

「主家の安泰と部下5千の命が助かるならば」と切腹。



これが歴史の分岐点になったんですよね。

もし、宗治が切腹をせずにもう少し頑張っていたら、

あの有名な 「中国大返し」 は実現されなかったかも知れないし、

秀吉は明智に勝つことが出来なかったかもしれないんです。

もしも・・・もしも・・・と考えていくと、

歴史もまた一層興味深くなってきます。

私たちの今も、偶然の積み重ねの結果なんですよね~



この後、 桃太郎伝説の吉備津神社、犬養木堂(毅)記念館 へ行きましたが、

長くなってしまったので次回に・・・




***** つづく *****




にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村に参加してみました。

お手数ですが クリック をお願いしますm(__)m










スポンサーサイト

コメント

Re: オデットさんへ

> 周りの景色が広々としてて、京都とはまた違った趣ですね。
> ちょっと雨上がりな感じもまたイイじゃないですか。
> 歴史はおもしろいと思うんだけど、す~~ぐ忘れちゃうから、コレはどの大河ドラマで
> 誰がやったんだっけ?なんて、何度も聞いちゃう・・・
> だめだな~~~
> いわれを書いて下さってありがとーーー
> バレエもがんばりまっす!!

確かに京都とは違って、長閑ですよね。
でも、今回は観光バスヲチャーターしたので回れたのだけど、
車がないと、ちょっと不便でしょうね。

今回はバスドライバーさんの説明の他、
歴史好きの男性が多かったので、
いろいろと教えてもらえてよかったです。

2016/06/17 (Fri) 18:41 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

周りの景色が広々としてて、京都とはまた違った趣ですね。
ちょっと雨上がりな感じもまたイイじゃないですか。
歴史はおもしろいと思うんだけど、す~~ぐ忘れちゃうから、コレはどの大河ドラマで
誰がやったんだっけ?なんて、何度も聞いちゃう・・・
だめだな~~~
いわれを書いて下さってありがとーーー
バレエもがんばりまっす!!

2016/06/15 (Wed) 00:49 | odetto | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック