2016_08
29
(Mon)15:45

ひまわりと私・・・1950年代の思い出・・・




今回の台風10号は、最初の迷走から始まって、

観測史上始めてだという、太平洋から日本海へと東北地方を横断。

岩手や青森で深い爪痕を残して通り過ぎていきましたが、

今TVで、北海道の石狩川の支流の空知川が決壊!

富良野地方が甚大な被害を受けているのだと。


2ヶ月前にガーデン街道巡りで訪れた素晴らしい富良野。

勿論、空知川の傍も通りました。

被害にあわれた方々の事を思うと、

言葉がありません(涙)


素晴らしい大自然に出会えた北海道。

でも、ひとたび牙と剥くと、とても怖いのも自然です。












夏の暑い日差しの中で、

太陽に向かって元気にすくっと立っているひまわり。

私が大好きな花のひとつなのですが、

それには、ちょっとした理由があるのです。



実は、私は小さなときから ノッポ <中1で161cm、現在は166cm>で、

クラスでは、何時も1番後ろでした。

これ位の高さだったら、今ではちょと高め位でしょうけれど、

私の時代は違いました(涙)



その背の高さに引け目を感じていた私に、

大好きだった友人が言ってくれたのです。

「〇〇ちゃんは、ひまわりみたいね」 って・・・

えっ!ひまわり???








「ひまわり」という言葉で私の脳裏に浮かんだのはこの雑誌

中原淳一氏 が作られていた少女雑誌でした。


小学生の頃、4歳年上の大阪の従姉妹の家に行った時に

この雑誌を見て、なんて素敵な本だと思ったものでした。

中には、お洒落な服を着た女の子や、素敵な生活の数々が紹介されていました。

夢の世界がその中にあったのです。

又、本の中には「ひまわりの花のイラスト」が、

随処に散りばめられていました。



単純な私は、この雑誌でひまわりが素敵に紹介されていたを思い出し、

<ひまわりの花言葉:あこがれ・あなたを見つめる・愛慕・敬慕・情熱・輝き>

すっかり嬉しくなり、

以後、ひまわりの花とこの本が大好き になったのです。

ちなみに、「赤毛のアン」を教えてくれたのも、その友人でした。



その頃は、まだお姉さんの本だと思ったので、

中学生になったら買ってみたいと思ったのですが、

残念ながら、その頃には廃刊になっていました。



「ひまわり」のお話は、ここまで。

この後、お話が少し横道にそれますが・・・







中原淳一 ジュニアそれいゆ 復刻版セット


そして、中学生の時だったのか高校生だったのかは忘れたのですが、

、又大阪の従姉妹の家に行くと、

今度は、ジュニアそれいゆがありました。



「〇〇ちゃん、髪を ルリコカット にして貰いに行こう」

従姉妹がそう言って、近くの美容院へ連れて行ってくれました。

※ルリコカットは、この本の中でも紹介されていたのです。



その頃、 「緑はるかに」という映画 があって、

主役のオーディションで合格したのが 浅丘ルリ子 さん。

映画化される前に、どこかの新聞か雑誌に連載されていたのですが、

その時の挿絵が中原淳一氏 だったので、

主役のルリコの髪をカットしたのが彼でした。

それ以来、ルリコカットは大流行。

それまでオカッパ頭だった女の子が、みんなルリコカットになり、

女の子の髪のカットは、床屋さんから美容院へと変わったものでした。







ちなみに、お若い頃の浅丘ルリ子さん

中原氏描く少女に似ているでしょう?

彼女のアイメークは、みんなから濃いって言われますが、

今でも 中原淳一風 だと思うのだけど・・・








藤井千秋氏の少女像


中原淳一氏描く少女の絵などの他にも、

少女雑誌に出ている可愛い女の子の顔を、

真似てよく描いていました。

今の子供たちが、漫画のキャラクターを真似て書くのと同じでしょうね。

娘たちの頃は、 キャンディ・キャンディやベルばらのオスカル

孫たちは、 ポケモンのキャラクター でしょうか・・・








藤井千秋氏のお姫様のシルエット


先生の話を聞くだけの退屈な授業中は、

大抵、下敷きかノートか教科書に落書き。







蕗谷虹児


先生に見つかって、軽く頭を叩かれたこともありました。








内藤ルネ


という事で、 ひまわり=大好きな少女の絵を描くこと

昔の自分に出会えるという事なんです。



そして、可憐な小花にはなれないけれど、

「ひまわりのように元気で、みんなを明るくする人になりたい」

そう思ったのも、この頃でした。






他にも、小6の時だったかしら、

少女クラブ 「リボンの騎士」 が連載されはじめ、

これも大ファンに・・・

多分、 この漫画は 少女漫画のハシリ だったと思います。



NHK朝ドラのトト姉ちゃんの「暮らしの手帖」もそうですが、

終戦の大変な激動の時代が一段落してきて、

少女雑誌も色々出版されていました。

上の「少女クラブ」の他に、「少女」、「少女ブック」などがあり、

少し後に「なかよし」、「りぼん」が出てきましたが、

後発の2誌は小さな子向きなので、妹たちが読んでいました。


世の中には、マダマダ素敵な小物がお店に並んでいなかったので、

素敵なイラスト入りの付録が貴重で、とても大事な宝物でした。



60年以上タイムスリップ!

久しぶりに懐かしく思い出しました。







にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。








スポンサーサイト

コメント

Re: ミモザさんへ

> 「ひまわり」と「それいゆ」は
> 中原淳一さんの挿絵が注目された頃に、
> 二つの雑誌のことを初めて知ったぐらいで、
> 詳しいことは何も知らなかったので、とても興味深iお話を伺いました☆

2誌共に私の憧れの雑誌でした。


>
> 中原淳一が描かれる女性は可憐でしっとりしていますね。
> その後に出てきた少女漫画の似顔絵とは一線を画している感じがします。
> ちなみに私の姉達は「なかよし」「リボン」で
> 私は「マーガレット」「少女フレンド」でした。

こういう事で、世代間の差を感じるのでしょうね。

「マーガレット」「少女フレンド」は、実家に帰った時に、
1番下の妹(私は若草物語のメグ)が持っていて見たように思います。
確か、少女漫画がいっぱい連載されていたのでは???

私ね、少女漫画も大好きなの。
娘たちが小・中・高校生の時に、
気に入った漫画をよく大人買いして彼女たちに喜ばれました(苦笑)



>
> わあ!リラさん166cmですか?カッコイイ~!
> 羨ましいです☆彡モデル体型ですね。
>
> 今では羨望の的になる背の高い女性達は、一時代前までは珍しくて、
> 苦労されることも多かったように思います。
> そんな時「ひまわりみたい」と言ったお友達に拍手!



「ひまわりみた」って言ってくらた友人は、今は空の上(涙)
本が大好きで、本屋さんでアルバイトをしていました。


2016/09/01 (Thu) 13:38 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: オデットさんへ

> リラさんが大きかった話しは
> たしか朝ドラで「ゲゲゲの女房」の時に、私も同じだったと書かれていて
> 覚えています。
> 166センチとは、今ではそんなに驚かないですが当時は大きかったでしょうね。


今でこそ、周りの同世代のひとたちから羨ましがられていますが、
当時は、ホントに悲惨だったのよ(涙)

> 私なんて、小さいときは後ろから3番目とかだったのに
> 中学では伸び悩み、前から3番目になってしまった。

あらあら、うちの次女と同じね^^
でも私としては、私ほど大きくならなかったので嬉しいのだけどね。



> こういう絵を描いてたんだ~~~
> 実はあったことがあります。
> 会社時代、イラストを頼んでいて、私が担当でした。
> それまで、きっと絵は目にしたことがあったと思うけど知らない存在でした。
> 会社では、キャラクターを描いてもらってたのでもっと子供用。
> ゲイの可愛いぽっちゃりおじさまです。
> 打ち合わせにお宅にお邪魔すると、お菓子を出してくれ
> 手をつけずにいると帰りに、ペーパーナプキンにくるんで
> 持って帰って~~と、近所のおばちゃんのように持たせてくれました。
> なつかしいな~~~お元気かな~~~


内藤ルネって、そういう人だったのね。
オデットさん、本人に会った事があるなんて凄いわね(^^)v

ちょっとデフォルメした女の子の絵は、
よく真似て描いたものでしたよ^^

2016/09/01 (Thu) 13:27 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

おはようございます♪

「ひまわり」と「それいゆ」は
中原淳一さんの挿絵が注目された頃に、
二つの雑誌のことを初めて知ったぐらいで、
詳しいことは何も知らなかったので、とても興味深iお話を伺いました☆

中原淳一が描かれる女性は可憐でしっとりしていますね。
その後に出てきた少女漫画の似顔絵とは一線を画している感じがします。
ちなみに私の姉達は「なかよし」「リボン」で
私は「マーガレット」「少女フレンド」でした。

わあ!リラさん166cmですか?カッコイイ~!
羨ましいです☆彡モデル体型ですね。

今では羨望の的になる背の高い女性達は、一時代前までは珍しくて、
苦労されることも多かったように思います。
そんな時「ひまわりみたい」と言ったお友達に拍手!

2016/09/01 (Thu) 05:49 | ミモザ | 編集 | 返信

リラさんが大きかった話しは
たしか朝ドラで「ゲゲゲの女房」の時に、私も同じだったと書かれていて
覚えています。
166センチとは、今ではそんなに驚かないですが当時は大きかったでしょうね。
私なんて、小さいときは後ろから3番目とかだったのに
中学では伸び悩み、前から3番目になってしまった。

私よりちょっとお姉さんなので、私の少女時代は「マーガレット」に「少女フレンド」でした。
もちろんリボンの騎士は大好き!!
なつかしいな~~~
内藤ルネって、こういう絵を描いてたんだ~~~
実はあったことがあります。
会社時代、イラストを頼んでいて、私が担当でした。
それまで、きっと絵は目にしたことがあったと思うけど知らない存在でした。
会社では、キャラクターを描いてもらってたのでもっと子供用。
ゲイの可愛いぽっちゃりおじさまです。
打ち合わせにお宅にお邪魔すると、お菓子を出してくれ
手をつけずにいると帰りに、ペーパーナプキンにくるんで
持って帰って~~と、近所のおばちゃんのように持たせてくれました。
なつかしいな~~~お元気かな~~~

2016/09/01 (Thu) 01:16 | odetto | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック