2016_09
09
(Fri)17:00

庭のボロ小屋を見栄えよく変身させたいのだけど、どうすればいい?




先日、 ミモザさん の日記に、

裏庭の道具小屋を素敵に変身された記事が出ていました。

雑貨類は新たに買わないで、

なるべくある物を使ってリフォームされたという

お洒落なフランスの田舎風道具小屋

単純な私は、拝見していて触発されました。



昔からのブロ友さんは、今までにもよく書いているのでご存知ですが、

私たち夫婦は、平成10年に、夫の定年退職に伴い、

私の実家にUターンしてきました。

一緒に住んでいた両親は、平成18年と19年に他界。

以来、夫とふたりだけの静かでのんびりとした生活を送っていますが、

気になるのは、父が庭のアチコチに残した古い小屋。

何とか見栄えがいいようにと試行錯誤しているのですが・・・







昨日は、夫が郷土史の仲間と高野山へ行っていて暇だったので、

過去のブログから、小屋の写真を探してみました。





ボロ小屋(その1)



父が趣味の陶芸をしていた小屋なのですが、

元は、昭和39年にマイカーが来た時からの車庫でした。

築50年以上になるので、傷みが激しく、

ペンキを塗っても、建具の古さは誤魔化せません。

考えた末、窓を無視してトレリスを貼り付けました。








入り口の引き戸も傷みが激しかったので、

アクリル絵の具でモンドリアン風に色づけ。

その絵の具も今は剥げかけているので、塗りなおしたいと思うのですが、

春のオープンガーデンの時のお客様が、

「このままの方が風情があっていいのでは」と言って下さったので、

今の所、手直しをしていません。






ボロ小屋(その2)



この小屋の中には、とても大きな井戸があります。

ドアをブルーに塗って、前にアーチを置きました。








反対側から見た小屋の屋根には、

白のモッコウバラを誘引していたのですが、

昨年の台風で、全部剥がれてしまったので撤去。

今は足元に見える、

イチジク、ブーゲンビリア、コウショッキ、薔薇などが

もう少し大きくなっています。





ボロ小屋(その3&4)



私が子供の頃、鳥小屋があったところ。

向かって左側が元鳥小屋を父が手直ししたもので、

右側は、鳥の運動場だった所にイナバの物置を設置しています。







トレリスを貼り付けて、薔薇を誘引。






ボロ小屋(その5)



我が家は、昭和5年に建てたそうなのですが、

その前は、電気会社だったそうです。

これは、その時の水槽の名残り。

鉄筋なので、戦時中は防空壕にしていたそうです。


右手の隅に、もう一つイナバの物置が見えますね。

これが 6番目の小屋(画像なし)

やはり、薔薇を誘引しています。







ここに載せた画像は、どれも小屋が1番綺麗にお化粧した時のもの。

薔薇のない冬の間は、決して綺麗とは言えません。

お花がない時も、見栄えよくしたいものです。

その意味でも、もう少し下地のお手入れをしなくては・・・

涼しくなってからの課題です。


「どうしたもんじゃろのう」

<とと姉ちゃんの口癖>








にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/12 (Mon) 21:57 | | 編集 | 返信

Re: s.m さんへ

コメントありがとうございます。

今まで小屋に薔薇を絡ませて満足していたのだけど、
フッと薔薇の咲いていない時のことを考えてみたんです。

で、たとえ薔薇が咲いていなくても見栄えよくするにはどうすればいいかって
考え始めたのですが、土台の傷みが激しすぎて処置なしかも(滝汗)


私の拙いブログをそう言っていただけて嬉しいです。
ブログを続ける励みになります。
ホントにありがとう♪

2016/09/12 (Mon) 21:37 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/12 (Mon) 20:43 | | 編集 | 返信

Re: さくらさんへ


> 手前の野菜畑もお宅のものでしょうか?
> お手入がよくて驚きです  尊敬。

野菜は夫の分担なのですが、彼は典型的なA型人間。
きちんと植えないと気持ちが悪いみたいです。

それに反して私はO型。
無造作に植える方が好きなので、いつも対立しています(苦笑)



> 古い小屋は全部が板だったら ペンキなどで素敵になりますが
> 素材がトタンなどだと難しいですね
> トレリスを貼られたのは正解だと思いますが
> 屋根なども考えないといけないので 難しいです
> きっとどれも大事で なくすことは無理なのでしょうね
> 中にも必要なものがたくさんなのでしょうか。。
> どうされるか 凄く楽しみで興味があります


陶器小屋には、未だ陶芸用のロクロや釜などがあるので、
空いたスぺースに私が使う園芸用の堆肥や肥料を入れています。
水槽の下は、夫が使う支柱や野菜用の肥料など。
水槽の前のイナバの物置は、消毒用の器具の他は、
父が使っていた訳の分からない農薬類(処分に困っています)
鳥小屋は箒や鍬、スコップ類で、その横の物置は、大工道具や剪定ハサミ等。

何処も大したものは入れてないのだけど、
それなりに役割を果たしています。

今朝も順番に眺めて、一体何処から手を付けようかと悩んでいます。


>
> でも無理されないでくださいね
> とても大変な作業になると思います
> 春のオープンガーデンも今から楽しみです
> 来年もされるのでしょうか?  

ありがとうございます。
オープンガーデンは、今年を最後にお休みすることにしました。

私の断捨離は、海外旅行とオプンガーデンを止めることから始めました(*^-^*)



2016/09/11 (Sun) 15:33 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

広いですね~
いったいどれほどの面積なのでしょう
手前の野菜畑もお宅のものでしょうか?
お手入がよくて驚きです  尊敬。
これだけのお庭のお手入をお二人でなんて。。
私なんて、一つの薔薇の誘引だけで陽が暮れそうです
いや 驚きです
小屋が5~6軒と有りましたので どんなかな
と思っていました  UPされて納得です

古い小屋は全部が板だったら ペンキなどで素敵になりますが
素材がトタンなどだと難しいですね
トレリスを貼られたのは正解だと思いますが
屋根なども考えないといけないので 難しいです
きっとどれも大事で なくすことは無理なのでしょうね
中にも必要なものがたくさんなのでしょうか。。
どうされるか 凄く楽しみで興味があります

でも無理されないでくださいね
とても大変な作業になると思います
春のオープンガーデンも今から楽しみです
来年もされるのでしょうか?  

2016/09/11 (Sun) 00:36 | さくら | 編集 | 返信

Re: 花水木さんへ

> もうため息がでます。まるでイギリスの田舎(こんな言い方失礼ですね)風景を見ているようです。
> これだけの広さではさぞかしお手入れも大変でしょう。
> とても私には真似ができません。
> きっとご主人様もご協力くださるのでしょうね。
> マンション暮らしの私には想像すらできない夢のお庭です。

今の所、夫と力を合わせて何とかやっていますが、
二人とも後期高齢者になってしまった今、
一体、何時まで手入れができるのかしら・・・って、
不安が頭をかすめる時があります。

娘たちは、明石海峡大橋を挟んで、
100km離れたところに住んでいますから。

歳をとったら、便利な所でのマンション暮らしの方がいいかもしれませんね。

2016/09/10 (Sat) 15:17 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: ミモザさんへ

> ボロ小屋とお聞きしたので、
> うちの”本物の”ボロ小屋と同じようなものを想像していたのですが、
> …まんまと騙されましたヮ^^、リラさま!

>
> 陶芸小屋に電気会社の水槽、井戸のある可愛い小屋…
> どれもこれもそのままですごくロマンチックで
> 喉から手が出るほど欲しいようなものばかり…
> うちの元の掘っ立て小屋と比べて、レベルの違いに愕然(´;・;`)ウッ…
> そこにバラを誘引されて…まさにリラワールドですね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°



ミモザさん、それは違うのよ。
ここに載せた画像は、小屋が最高に綺麗に見える時のものなの。
お花のない時の小屋は、ミモザさんの小屋にペンキを塗られる前のよりも、
ずっとずっとボロボロなんです。

陶器小屋の窓や入口の建具はガタガタだし、
井戸小屋の屋根は、多分アスベスト入りのスレート。
水槽の壁には、彼方此方にヒビがが入り、
鳥小屋の横のイナバの物置は、錆びて朽ちかけているんですよ。



>
> 私はバラの誘引をおおざっぱに考えていましたが、
> 記事を拝読して、
> もう少し繊細なものを考え直した方がいいかな~と思い始めました^^。

素敵なセンスの持ち主のミモザさん
お庭は、これからも、もっともっと進化していくのですね。
楽しみにしています♪


2016/09/10 (Sat) 15:13 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: オデットさんへ

> あ~~~こういうののセンスがないな~~~
> 何しろ自分の所すら賃貸なもんで・・・
> でも、このエリアはフランス風とか、古民家風とかテーマを決めたらいかが?
> 大変そう・・・でも、ボロ屋、1つ欲しいわぁ~~~


なんか、庭に点在するボロ小屋を、何とか誤魔化そうと思って、
無計画に汚い所を覆ってしまっただけのこと。

これらの画像は、最高におめかしした時のものなので、
今の姿は、見せられたものではありません(汗)

厚化粧ではなくて、下地のお手入れからしなくては・・・と
つくづく思っているのですが(^-^;

例え狭くても便利な都会を選ぶか、
不便だけど、広さを求めるか・・・
どちらも一長一短ですよね。


2016/09/10 (Sat) 14:48 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

なんて素敵なんでしょう

もうため息がでます。まるでイギリスの田舎(こんな言い方失礼ですね)風景を見ているようです。
これだけの広さではさぞかしお手入れも大変でしょう。
とても私には真似ができません。
きっとご主人様もご協力くださるのでしょうね。
マンション暮らしの私には想像すらできない夢のお庭です。

2016/09/10 (Sat) 11:00 | 花水木 | 編集 | 返信

ボロ小屋とお聞きしたので、
うちの”本物の”ボロ小屋と同じようなものを想像していたのですが、
…まんまと騙されましたヮ^^、リラさま!

陶芸小屋に電気会社の水槽、井戸のある可愛い小屋…
どれもこれもそのままですごくロマンチックで
喉から手が出るほど欲しいようなものばかり…
うちの元の掘っ立て小屋と比べて、レベルの違いに愕然(´;・;`)ウッ…
そこにバラを誘引されて…まさにリラワールドですね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

私はバラの誘引をおおざっぱに考えていましたが、
記事を拝読して、
もう少し繊細なものを考え直した方がいいかな~と思い始めました^^。

2016/09/10 (Sat) 02:27 | ミモザ | 編集 | 返信

あ~~~こういうののセンスがないな~~~
何しろ自分の所すら賃貸なもんで・・・
でも、このエリアはフランス風とか、古民家風とかテーマを決めたらいかが?
大変そう・・・でも、ボロ屋、1つ欲しいわぁ~~~

2016/09/10 (Sat) 00:04 | odetto | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック