2016_10
18
(Tue)14:00

85番~88番&1番 四国88ヶ所お遍路の旅 その2




四国遍路の前回のつづきです。

午前中に85番と86番をお参りした後は昼食タイム♪









うどん本陣 山田屋 讃岐本店








元造り酒屋だったお屋敷は、

国の重要文化財に指定されています。








「釜上げうどん」か「ざるうどん」を選択できます。

私たちは「ざるうどん」と注文


久しぶりに行った山田屋さんです。

みんな、とっても美味しかったです(^^)v








約800坪の広大な敷地にある

和風庭園も素敵です♪








ムラサキシキブ








ジンジャー








シュウメイギク








赤い和傘とベンチの紐毛氈がお庭に趣を添えています。








紅葉が始まっているのはカエデでしょうか?






第88番札所 補陀洛山 観音院 長尾寺 (ぼだらくさん かんおんいん ながおじ)
・・・ 香川県さぬき市長尾 ・・・




仁王門








正面が本堂 右側が大師堂

明治維新以後、

学校や警察、郡役所などの公共施設に提供されたお寺。

地元では 「長尾の観音さん」や「力餅・静御前得度の寺」 として親しまれています。


この広場で、お正月の7日に

大鏡力餅運搬競争 が行われます。








仁王門の傍には 大きなクスノキの木








静御膳剃髪塚

静御前が母の磯禅尼とともに得度した後、

髪を埋めたと言われる塚。








大師堂の屋根の飾り が面白かったので・・・








仁王門の前には、一対の 長尾寺 経幢(きょうどう) があります。

元寇の戦死者の霊をなぐさめるもので、

国指定の重要文化財になっています。





第88番札所 医王山 遍照光院 大窪寺 (いおうざん へんじょうこういん おおくぼじ)
・・・ 香川県さぬき市多和兼割 ・・・




お四国遍路も、最後のお寺になりました。








仁王門








本 堂

通常薬師如来は左手に薬壺を持っていますが、

大窪寺の本尊である薬師如来はホラ貝を持っています。

人々の悩みや心の霧をホラ貝で吹き払うためだそうです。



残念ながら秘仏なので、拝顔する事は出来ませんでしたが。

これで無事 結願 です。








大師堂の横には、とても大きなお大師像








新しい仁王門

乗用車で来て駐車場に車を止めると、

普通、こちらの門から入ります。

私たちも、前回はこちら側から入りました。






第1番札所 竺和山 一乗院 霊山寺 (じくわざん いちじょういん りょうぜんじ)
・・・ 徳島県鳴門市 ・・・




駐車場では、 芙蓉の花 が咲いていました。



88番で結願した後は、1番に戻って

無事にに88ヶ所を回ることが出来たご挨拶をします。








駐車場から入る門

発心 と書かれています。








仁王門

四国遍路の第一歩はここから・・・








可愛いワンちゃんたちが、

あるじがお参りするのを健気に待っています(*^-^*)








本堂の灯籠は美しく圧倒されます。







これで、四国遍路は無事終了しました。

ツアーの人たちは、来月に高野山へお礼参りに行って無事満願!

でも、私たちは、1昨年に

一回目の結願の後に行ったので、

今回は行くのを止めました。

ホッとした半面、少し寂しいです。




スポンサーサイト

コメント

Re: オデットさんへ

> 1番と2番だけ行きました~~~
> この2カ所はそんなに広くなかったので
> この間の場所と言い、大きな所でビックリ
> テレビで見たことがあるけど
> おっそろしいくらいの崖の上にあるところもありますよね
> みんな違ってて楽しいですね
> イヤ、楽しいなんて言っちゃいけないかな


そうそう、以前四国へ家族旅行された時に行かれたのですよね。
88ヶ所もあると、いろんなお寺があって、
やっぱり楽しいですよ。

私たちも、信仰心でお参りしているというよりは、
どちらかというと、観光気分かな???

でも、お経は暗誦出来るようになりましたよ(^^)v


2016/10/22 (Sat) 21:25 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

1番と2番だけ行きました~~~
この2カ所はそんなに広くなかったので
この間の場所と言い、大きな所でビックリ
テレビで見たことがあるけど
おっそろしいくらいの崖の上にあるところもありますよね
みんな違ってて楽しいですね
イヤ、楽しいなんて言っちゃいけないかな

2016/10/21 (Fri) 00:42 | odetto | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック