2016_11
23
(Wed)20:20

<赤目四十八滝&香落溪>今年の紅葉狩り 1日目




今日は、寒風吹きすさむ、とても寒い1日でした。

そんな中、 淡路島北淡の生田村主催のウォーキングの催しに参加 し、

田園の広がる長閑な田舎道を、10km歩いてきました。

そのお話は、次回にという事で、

今回は、先日(11月20日~21日)行ってきた

紅葉狩りのお話です。







以前から夫は、 赤目四十八滝 に1度行ってみたいと話していました。

私は、以前妹と一緒に行ったことがあるのですが、

その時、彼は何かの都合で行けなかったのです。



毎日のように配達される旅行会社のパンフレットに

赤目四十八滝が入っているツアーを発見。

早速申し込んだのが8月30日。

中々催行が決まらなくて、ようやく催行決定の通知が届いたのが

10月の中頃になってからでした。



その間、いろんなところからのお誘いがあって、

こんなに決定が遅いのなら、多分催行中止になるのでは?

と軽く考え、一応、ツアーの予定日だけあけて、

他の予定を次々と入れて行ったのです。

結果、そのツアーの前後が、 超ハードスケジュール に・・・(滝汗)

でも、自分で蒔いた種。刈り取らなければね(苦笑)

実は、明日と明後日も予定が入っているのです。

お稽古も入れると、今週空いているのは昨日だけでした(^^ゞ







高速バスを利用して、お馴染みの三宮へ。

この日は、神戸マラソンの日。

沢山の人たちがスタート地点へと向かっていました。

私たちは、マラソンのせいでいつもとは違う集合場所へ。

そこで、姫路から来た観光バスに乗って

一路、赤目四十八滝へ。









赤目四十八滝へ到着!








渓谷入り口 日本サンショウウオセンター








行者滝








ウォーキングスタートです♪








霊蛇滝








赤目牛


古くから伝えられている「赤目」の由来は

「役の小角(えんのおづね)」という行者がこの地で

滝に向かって行をしていると、

不動明王が牛に乗って出現。

その牛の目が赤かったので、

この地を「赤目」と名付けたのだそうです。








不動滝








赤目四十八滝と呼ばれていますが、

実際に、滝が48あるわけではないそうです。








乙女滝








「48」という数字は、「たくさん」を意味する言葉だとか。








実際には、主な滝は十何個なんだそうです。








でも、こういう滝擬きも沢山見かけられます。








残念ながら曇り空だったので、

画像はイマイチはっきりとは写っていませんが、








寒い冬に向かう前の秋の風情が素晴らしいです♪








八畳岩







千手滝








むき出しの岩肌から伸びている木々

これも、一つの風情をかもし出しています。








護摩の窟 弘法大師禅定の屈















布曳滝








竜ヶ壺








日曜日だったので、人出も多く・・・








階段では、人の大渋滞が起こっています。








陰陽滝








結構、こういう階段の上り下りがありますが、








秋の素晴らしい風景を見て

マイナスイオンを吸いながら歩くので

疲れを感じません(^^)v








画面の右上に登ってから下の橋へと降りていきます。

この上り下りの階段の所が、

1番渋滞を起こしたところでした。








本当は、この先の百畳岩まで行って

引き戻す予定だたのですが、








人が多くて、マイペースで歩くことが出来なかったので、

その前で引き返してきました。



夫も、念願だった赤目四十八滝を歩くことが出来て

大満足のようでした(*^-^*)







香落溪(かおちだに)




紅葉谷 という所でバスを下車

斧で断ち割ったような柱状節理の岸壁が

青蓮寺川に沿って続いています。








散策時間40分と言われたのですが、

遊歩道がなくて、車が通る道しかありません。








危ないので、みんな時間を持て余し、

早めにバスに迎えに来ていただきました。








バスに乗って、

青蓮寺(しょうれんじ)湖に向かっての車窓からは








青蓮寺ダム


画像には残せませんでしたが

素晴らしい紅葉の風景が楽しめました。








この 香落溪(こおちだに) は、

車窓から楽しむだけで十分でした。








弁天橋 を左に眺めながら

香落溪(かおちだに)とお別れして

湯の山温泉のホテルへと向かいました。



***** つづく *****







オテル・ド・マロニエ 湯の山温泉






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






スポンサーサイト

コメント

Re: さくらさんへ

> 本当に忙しいですね ^^
> でもその体力&元気があるのだから それが素晴らしい

そうなんです。
このハードスケジュールに耐えられる体力には感謝しています^^


>
> 赤目四十八滝は 前に行った事があります
> 初夏でしたが凄くいい処でした
> 人が少なくて 上まで行くのがマジに怖かったです
> 一人だったし。。。
> それで 途中で引き返しました
> でも そうですね  紅葉の時期は素晴らしいと思います
> オオサンショウウオもここで初めて見たと思います
> また行きたい所でしたが、色んな滝をきれいな画像で見せていただき
> とても良かったです

私は、両生類は苦手なので、素通りしましたが、
夫は興味があるらしく、残念そうに私に着いてきました。
「ひとりで見てもいいよ」って言ったのだけど、
私を一人で先に行かすのが心配だったようです。
何しろドジなものだから、足を滑らして川にでも落ちないかと(苦笑)



> 赤目と言うと 劇画の先駆け 白土三平さんを連想します
> 彼のプロダクションが赤目プロでした。
> 修学旅行の折に、行きました ^^
> 彼の大ファンだったの 

白土三平さんのファンなんですね。

我が家には娘しかいなかったので、カムイ伝しか知りませんが・・・

2016/11/27 (Sun) 22:29 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: ミモザさんへ

> おはようございます♪
>
> わあ、楽しいことばっかりで
> 芸能人並みの超ハードスケジュール、羨ましい限りです✨

そうなんです。
毎年この時期は予定を入れ過ぎて悪戦苦闘しています(^^ゞ



>
> 滝、綺麗ですね。紅葉の季節だと一層美しさが生えるのでしょう!
> 一つの滝だけでも十分見ごたえがあるのに、48か所もあるのですか?
> 凄いです!
> これは是非、一度は行って見ないといけないですね。


海外の自然の風景も素晴らしくて憧れますが、
昨年に海外旅行を打ち止めにして日本に方向転換した今、
日本にだって素晴らしい所がいっぱいあるんだな~って実感しています。


2016/11/27 (Sun) 22:20 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: オデットさんへ

> 滝っていいですね~~~
> 夏見ると涼しそうだし、今見ると紅葉と重なって
> 何とも言えない暖かみがある
> 不思議です
> 岩も色々でおもしろかった

滝のある渓流沿いに歩いていると、
マイナスイオンがいっぱいで、
気持ちも爽やか。
知らない間に長距離を歩くことができるので、
こういうのは大好きです(^-^



2016/11/27 (Sun) 22:16 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

本当に忙しいですね ^^
でもその体力&元気があるのだから それが素晴らしい

赤目四十八滝は 前に行った事があります
初夏でしたが凄くいい処でした
人が少なくて 上まで行くのがマジに怖かったです
一人だったし。。。
それで 途中で引き返しました
でも そうですね  紅葉の時期は素晴らしいと思います
オオサンショウウオもここで初めて見たと思います
また行きたい所でしたが、色んな滝をきれいな画像で見せていただき
とても良かったです
赤目と言うと 劇画の先駆け 白土三平さんを連想します
彼のプロダクションが赤目プロでした。
修学旅行の折に、行きました ^^
彼の大ファンだったの 

香落谷は知りませんでしたが いい処のようですね

今年は紅葉に恵まれませんでしたが
又の機会もあるでしょう 
来年はいい紅葉になってほしいです

2016/11/25 (Fri) 20:15 | さくら | 編集 | 返信

おはようございます♪

わあ、楽しいことばっかりで
芸能人並みの超ハードスケジュール、羨ましい限りです✨

滝、綺麗ですね。紅葉の季節だと一層美しさが生えるのでしょう!
一つの滝だけでも十分見ごたえがあるのに、48か所もあるのですか?
凄いです!
これは是非、一度は行って見ないといけないですね。

2016/11/25 (Fri) 06:34 | ミモザ | 編集 | 返信

滝っていいですね~~~
夏見ると涼しそうだし、今見ると紅葉と重なって
何とも言えない暖かみがある
不思議です
岩も色々でおもしろかった

2016/11/24 (Thu) 01:02 | odetto | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック