2016_12
10
(Sat)21:30

憧れのザ・ウィンザーホテル洞爺に泊まるモニターツアー <その2>




前回の続きです♪

小樽での自由散策の後は、

ニッカウヰスキー余市蒸留所見学

NHK朝ドラ「マッサン」のロケ地の1つであり、

物語のモデルとなったところです。








入り口を入ると、記念撮影のスポット

順番に撮影していくの待って、

人がいなくなってから写しました。


みなさん、記念撮影が好きなんですね~

私は最近、全然写していませんが・・・








心配していた吹雪にはならず、

薄日も差してきました。

やはり、晴れ女・男が多かったみたいです(^^)v








ポットスチル蒸留器

マッサンがウイスキー作りを始めるために

1番心待ちにしていたものです。



ポットスチルには、よく見るとしめ縄が巻かれています。

実家が造り酒屋だったマッサンが、

「良いウイスキーが出来ますように・・・」と

思いを込めたものなのです。








現在ではスコットランドでも珍しくなった

伝統的な蒸留方法を、

創業以来ずっと守り続けています。








「私は良いウイスキーを作る。君たちは良いウイスキー樽を作れ」

ウイスキーを作るのに、保存する樽の質がとても重要なのだそうです。








旧事務所

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝(マッサン)の事務所として、

昭和9年に建設されました。


ニッカウヰスキーの原点となったこの旧事務所は、

余市の工業発達の足跡を示す文化的資産として、

余市町より指定文化財に認定されています。








リタハウス

旧研究室だったところです。

英国式のアフタヌーンティーが飲める喫茶室だったそうですが、

私が行った時は閉まっていました。







旧竹鶴邸

竹鶴政孝氏がリタ夫人と使用していた余市町の郊外の住居を

工場内に移築、復元したものです。








玄関ホール

洋風ですが、振り返ると・・・








繊細な建具の純和風








その上の明かりとりも、

ステンドグラスの様にもみえますが、

和洋折衷ですよね(*^-^*)








創立時に建てられた一号貯蔵庫

床は土のままで適度な湿度が保てるよう、

※見学用に開放している為、1号貯蔵庫のみ空樽を置いているそうです。








このニッカウイスキーのロゴのオジサンは

いくつもの香りをききわけることができるウイスキーブレンドの名人で、

「ブレンドの王様(King of Blenders)」と呼ばれた英国貴族だそうです。







憧れのザ・ウィンザーホテル洞爺 に午後5時過ぎに到着!




ロビーから外を見ても真っ暗で洞爺湖は見えません。

ただ、積もった雪だけが雪国を感じさせます。








ロビーの中央には青く輝いたクリスマスツリー








お部屋で少し休憩してから、

クリスマスのアドベントの催しがあるそうなので、

再びロビーへ。








アドベントカレンダーの「2」を開ける人を

抽選で選びます。








みんなにキャンデーが入った袋が配られて、

その中の一つに当たり券が入っているのです。

当たった人には、プレゼントが送られました。

中身は何だったのかしら???








私たちのお部屋のある4階のエレベーターホール。

こんな所もお洒落です。








夕食会場は、この先の突き当りを左に行った所。








はい♪ ここを左へ・・・








夕食は和食を選びましたが、見た目もお味もサービスも、

みんな素晴らしかったです(^^)v



この後、お部屋でゆっくりと寛ぎ

温泉 で温まり、至福の時を過ごしました。



***** つづく *****







にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






スポンサーサイト

コメント

Re: さくらさんへ

> ま~ こんなツアーがあるのなら ぜひお供したかった
> まだやっているのかしら 
> とても素敵なツアーでお安い
> 行きたいです ^^

お得なツアーでしょう?
多分、紅葉が終わってスキーシーズンが始まる間の
端境期なので、こんなに安かったのだと思いますよ。
コノツアーの最後の出発日は12月3日でしたから。


>
> 12月でもこんなご旅行が出来るなんて
> Rillaさんお幸せですよ
> シリベシだった? 羊蹄山の素晴らしい眺めも感激です 

そうそう、しりべし山ともいうんですよね。
雪を抱いた姿は、ホントに素晴らしかったです^^

>
> 朝ドラは見ないけれど ニッカの事も
> 少し分かりました  ありがとう

私は、淡路に帰ってきて以来、
両親が見ていたので、その続きにずっとNHKの朝ドラを見ています。
「マッダン」は、面白かったですよ。


>
> いつもつましい旅行ですが たまには贅沢なものもしたいです
> お金貯めないとね ^^

年金生活になると、お金はたまりません(涙)
何かをしようと思うと、貯金の持ち出し。
いつまで続くか心配しています(^^;)



2016/12/12 (Mon) 20:55 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: ミモザさんへ

> うちは日本のテレビを引いていないので、
> 残念ながら「マッサン」を見たことがありませんが、
> 話はよく知っていて、実際はどんな場所だったのか興味がありました。
> こんなに詳しく見れて嬉しいです!


そうなんですね。
私は、「マッサン」が始まる少し前の2014年2月に
偶々、宮城県にあるニッカウイスキーに見学に行って、
竹鶴氏とリタ夫人のことを知ったのですが、
ウイスキーを日本で始めた作ったのが竹鶴氏だとは
「マッサン」を見るまで知りませんでした。

>
> 小樽はロマンチックな土地だと聞いていましたが、、
> 本当にその通りですね~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

最近の小樽は、ちょっと観光化し過ぎているかも…


>
> リタハウスのアフタヌーンティがなくなったのは、残念ですね。
> こんな場所ならアフタヌーンティの雰囲気にぴったりなのに…
>
> そしてなんて素敵なホテルなのかしら☆彡
>
> りらさまのブログを拝見する度に
> 行きたい場所のリストがどんどん膨らんでいます(*^-^*)


ありがとうございます。
そう言っていただけたら旅行記を書く励みになります。

2016/12/12 (Mon) 20:48 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

ま~ こんなツアーがあるのなら ぜひお供したかった
まだやっているのかしら 
とても素敵なツアーでお安い
行きたいです ^^

12月でもこんなご旅行が出来るなんて
Rillaさんお幸せですよ
シリベシだった? 羊蹄山の素晴らしい眺めも感激です 

朝ドラは見ないけれど ニッカの事も
少し分かりました  ありがとう

いつもつましい旅行ですが たまには贅沢なものもしたいです
お金貯めないとね ^^

2016/12/12 (Mon) 10:15 | さくら | 編集 | 返信

うちは日本のテレビを引いていないので、
残念ながら「マッサン」を見たことがありませんが、
話はよく知っていて、実際はどんな場所だったのか興味がありました。
こんなに詳しく見れて嬉しいです!

小樽はロマンチックな土地だと聞いていましたが、、
本当にその通りですね~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

リタハウスのアフタヌーンティがなくなったのは、残念ですね。
こんな場所ならアフタヌーンティの雰囲気にぴったりなのに…

そしてなんて素敵なホテルなのかしら☆彡

りらさまのブログを拝見する度に
行きたい場所のリストがどんどん膨らんでいます(*^-^*)

2016/12/12 (Mon) 04:59 | ミモザ | 編集 | 返信

Re: オデットさんへ

> あ~~~ステキですね~~~
> こんな風にゆったりと、ステキなホテルで過ごせるなんて・・・
> こんな平和がずっとずっと続いて欲しいな~~~

今回は、観光は二の次。
ゆったりと素敵なホテルに滞在するのが目的だったのです。

でも、一泊目のニセコビレッジは、中国人がいっぱい!
一体何処の国のホテル?っていう感じでした。
彼らは、バイキングでもお行儀が悪いんですよね~(苦笑)

>  
> マッサン懐かしい
> 私は新幹線の中から、マッサンに出てきた大将・・・つまりサントリーの
> 山崎の工場を見ることが出来ました。

マッサン、懐かしいですよね~
山崎の工場は、私も先日京都へ行った時、
阪急電車の車窓から見ました。

オデットさんも、姫路まで足を延ばされたので見られたのですよね。
今回も又楽しいご旅行だったみたいですね。
お母さまがお元気そうで私も嬉しいです^^


2016/12/11 (Sun) 09:34 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

あ~~~ステキですね~~~
こんな風にゆったりと、ステキなホテルで過ごせるなんて・・・
こんな平和がずっとずっと続いて欲しいな~~~
 
マッサン懐かしい
私は新幹線の中から、マッサンに出てきた大将・・・つまりサントリーの
山崎の工場を見ることが出来ました。

2016/12/11 (Sun) 01:55 | odetto | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック