2017_05
11
(Thu)20:30

千年の都「平安京」の大路小路を歩く 第2回



今日は、とってもいいお天気♪

実は、私の誕生日なのですが、

夫は朝から地方史研究会の催しで出かけて、

夕方まで帰ってきません。

一人でノンビリと過ごしています。

・・・とも言えなくて、

一昨日から一泊二日で中国33観音巡りで山口県まで行っていて、

昨夜遅く帰宅したものですから、

庭の手入れと洗濯もの。

そして先日帰淡していた孫一家のお布団干し等々
<今まで干す暇がありませんでした(^^;)>

しなければならない事が満載!

花が終わったツツジの剪定を終えて、

干していたお布団を取り入れた後、

今(3時過ぎ)、家に入りホッとしています。



薔薇の花も留守中に大分咲き進んでいました。

今の薔薇の様子もUPしたいのですが、

先月に行ってきた「京都の大路小路を歩く」の

2回目の更新が未だなので、

記録の為に、先にこちらを更新したいとおもいます。

次々とスケジュールが入ってきて、

更新の方が追い付けない状態なんです(滝汗)







京の町衆の暮らしが息づく≪二条通≫と
江戸時代の幕開けと幕引きの歴史舞台≪二条城≫へ



平安京の東西路線としては最大級の51m。

平安京大内裏の南限にあたる通りで、

禁裏と世間を隔離する役割もあったそうです。



最初は、二条通より少し南にある河原町御池からスタート!

北へと向かいます。








長州屋敷跡 ・ 桂小五郎像

長州屋敷は、広大な敷地を占め、

幕末には尊王攘夷の歌劇派も頻繁に出入りするなど

政局の中心を担っていました。








高瀬川

1611年頃に角倉了以(すみのくらりょうい)が開いた運河

京都らしい風景です。








高瀬川一之舟入(たかせがわいちのふないり)

この運河を運行する舟の荷物の上げ下ろしをする

船溜所を「舟入」と言って、

舟入は、この一之舟入を初め、数か所に設けられ

最盛期には百数十艘が上下し、

大阪などの物資を運び入れていました。


現在は、江戸時代の交通運輸の遺跡として史跡に登録されています。








島津製作所 創業の地

島津製作所の創業の地であるとともに、

明治初め、京都府が欧米の最新技術を導入した実験所や工場など

多くの産業諸施設を設立した近代科学発祥の地でもありました。








舎密局跡(せいみきょくあと)

明治維新期における化学技術の研究・教育、

および勧業のために作られた官営・公営機関。

「舎密(せいみ)」とはオランダ語「シェミー」の訳語で、

「化学」を意味します。








明治天皇行幸所 木戸邸

木戸孝允が病に伏せている時、

明治天皇がお見舞いに来られたそうです。

これは、とても異例な事で、

二人の親交の深さを物語っています。








木戸孝允 旧邸

もとは公家の名門五摂家のひとつ・近衛家の下屋敷で、

周辺一帯が敷地でした。


明治2年、明治新政府の高官となった木戸孝允(桂小五郎)は、

近衛家から土地と建物を譲り受け京都の別邸としました。


明治10年に病気療養中の木戸に

明治天皇の行幸がありましたが、

翌月に亡くなられました。享年44歳。








達磨堂

木戸孝允邸と、同じ敷地内にあります。

木戸孝允の息子・忠太郎さんが大正12年に

木戸邸の改修と併せて新築したコレクションルームです。

忠太郎さんは木戸の妻・松子(幾松)の妹の子どもとして生まれ、

3歳の時に木戸の養子となったそうです。

忠太郎さんが生涯に渡ってこだわり、

コレクションしていたものが達磨でした。








達磨堂の内部には、

忠太郎さんが50年以上かけて集めた達磨コレクションが、

隙間なく収められています。








ここにも、木戸孝允旧跡の石碑

敷地が広大だったことが分かります。








木戸屋敷跡に建てられているのが

「石長松菊園・お宿いしちょう」で、

修学旅行生の宿泊所になっているそうです。

「石長松菊園」の「松菊」は、木戸孝允の雅号に由来しているのだとか。








途中、トイレ休憩で立ち寄った公園の藤棚。

藤の花が綺麗でした。



その後、家具のまち(夷川通)から二条通へ・・・








薬祖神祠

薬にまつわる神様たちをお祀りしています。

この通りには、昔50を越す薬問屋や薬局などが並んでいました。

江戸時代から薬の町として栄えてたのです。

今は、それらしきものは殆ど見られませんでしたが。








ガラスが貼られた拝殿越しに中を見ると、

奥の方に本殿が見えます。








三井越後屋京本店 跡

江戸前期の豪商・三井高利は、

屋号を越後屋(後の三越)として

巨額の富を蓄え三井財閥の基礎を築きました。



NHK朝ドラ・「はるが来た」の主人公はるの実家は、

ここの親戚筋になるそうです。








こぬか薬師

ご本尊は、平安時代、最澄が刻んだという薬師如来

当初は美濃国に祀られていたのですが、

織田信長が上洛した際、こちらに祀ったと言われています。








こぬか薬師

1230年に京都に疫病が流行った時、

この薬師如来様が住職の夢に現れて、

「一切病苦、わが前に来たらば難病ことごとく除くべきに来也(こぬか)、来也(こぬか)」

と告げて病気を治したことから

「こぬか薬師」 とよばれるようになったそうです。


説明をして下さった住職の奥様が、

雨の中、ずっと私たちを見送ってくださいました。








唐 門

ゴールの 二条城 に到着!

雨が激しくなってきましたが、

中に入ればOK!








二の丸御殿

修学旅行でしょうか・・・

生徒さんたちも沢山見かけます。





中は撮影禁止なので、

二条城パノラマウォーク でもどうぞ(*^-^*)








外から見た 二の丸御殿








釣 鐘

京都所司代屋敷で、

家事などの緊急事態を周辺に知らせるために使われていました。

所司代が廃止sされた後、事情上に移されたと考えられています。








二の丸御殿は、東南から北西にかけて

6棟が鴈行形に立ち並ぶ御殿です。









二の丸庭園 へ・・・

下の方からも枝が出ていて、

まるで盆栽のような素晴らしい姿の松の木です。








二の丸庭園

池の中央に蓬莱島。左右に鶴亀の島を配した書院造庭園。

1626年の後水尾天皇行幸のために改修されました。


二の丸御殿の大広間、黒書院、行幸御殿の

3方向から鑑賞できるように工夫されています。












神泉苑(しんせんえん)

平安京造営時に営まれた広大な禁苑で、

常に清泉が沸きだしえいることから「神泉苑」と名付けられました。

日照りが続いても神泉苑の水は枯れることがなく

この時ばかりは庶民も立ち入りを許されて、

お水が分け与えられたのだそうです。









法成橋

この橋は、心に願いを念じながら渡り

その思いを橋の向こうにある善女龍王様にお願いすると

叶うと言われています(願いはひとつ)








善女龍王社

弘法大師空海様が

雨乞いのために北インドからおまねきになった神様です。

善女様は池の中にお棲みになっておられます。








歳徳神(さいとくじん)

恵方(その年の幸運の方角)を礼拝する社です。

毎年土台の石を回して、

方角を変えてお祀りする日本唯一の社。








鯉塚と亀塚

それぞれ、鯉と亀が彫られています。








昼食は からすま京都ホテル 入舟 で








夕食はオプションで わらびの里のお弁当(1000円お茶付き)

このお弁当は、予想していたより美味しかった(^^)v

帰りのバスの中で頂き、午後7時前に帰宅。

その後、7時半から始まる太極拳の練習に行ってきました。

充実の一日でした。






にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






スポンサーサイト

コメント

Re: オデットさんへ

> お誕生日おめでとうございます。
> いろんなものがいっぱい飾ってあるから
> 歴史にロマン感じますよね

ありがとうございます。

京都は、歴史が深い分、
興味深い所がいろいろとあって面白いです。
オデットさんは、今年もお墓参りに行かれるのでしょうね?


2017/05/16 (Tue) 20:33 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: さくらさんへ

> お誕生日おめでとうございます

ありがとうございます。
76歳になってしまったのよ。
もう、「後期高齢者になりたて」って言えなくなりました(苦笑)


> 午前0時を過ぎてしまい残念です ^^
> ついつい京都の記事を興味深く読みまして
> 時間が過ぎました  失敗です
>
> いつかゆっくり京都を巡りたいな~ と思います
> でも そんな所ばかり ^^

旅行記を読んで下さってありがとうございます。
今の京都は、外国人が凄く多いのですが、
私たちが歩いた二条通では、ほとんど見かけませんでした。

モチロン二条城は別格ですが、
こちらは、東洋人よりも西洋人の方が多かったです。


2017/05/16 (Tue) 20:31 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

お誕生日おめでとうございます。
いろんなものがいっぱい飾ってあるから
歴史にロマン感じますよね

2017/05/12 (Fri) 00:44 | odetto | 編集 | 返信

お誕生日おめでとうございます
午前0時を過ぎてしまい残念です ^^
ついつい京都の記事を興味深く読みまして
時間が過ぎました  失敗です

いつかゆっくり京都を巡りたいな~ と思います
でも そんな所ばかり ^^

2017/05/12 (Fri) 00:04 | さくら | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック