2017_07
17
(Mon)10:20

<おまけの観光> 中国33観音巡りの旅 第5回ー2




中国33観音巡りの旅 第5回 の後半です。

前回は、島根県の1ヶ寺と山口県萩市の2ヶ寺を載せましたが、

今回は、その時に観光で行った2種類の神社の記録です。









松陰神社
・・・山口県萩市・・・




吉田松陰が他界されてから31年後の明治23年、

松下村塾出身者などの手によって

松下村塾の改修が行われました。

この時、松陰のご実家、杉家の人々の手で

松陰の御霊を祀る土蔵造りのほこらが建立されました。

これが松陰神社の前身だそうです。








石碑 「明治維新胎動之地」

明治維新100年を記念して建立。

文字は故佐藤栄作元首相。








松下村塾(ユネスコの世界文化遺産)

松陰の私塾で、当時からこの位置に建っていました。

ここで、明治維新を成し遂げた、数多くの人材が育ったのです。








松陰のご実家、杉家の旧宅(ユネスコの世界文化遺産)

この家も、当時からここに建っていました。








安政2年、萩城下の野山獄より出牢した松陰は、

ご実家の邸内の3畳半の1室に幽囚されます。


ここに松陰を慕ってきた人たちに講義が行われ、

これがやがて松下村塾の教育に発展していきました。








石碑「親思ふ・・・」

「親思ふ こころにまさる 親ごごろ けふの音づれ 何ときくらん」

松陰が家族に宛てた遺書の中で詠われた

有名な和歌が彫られています。








松陰神社本社

御祭神 吉田矩方命(よしだのりかたのみこと) 


吉田松陰をご祭神としてお祀りしています。


明治40年(1907)創建。

今の社殿は、昭和30年に竣功しました。









防府天満宮(日本三天神)
・・・山口県防府市・・・




日本最初の天神様

防府天満宮は日本で最初に創建された天神さまです。

道真公は、九州大宰府へ流される途中、

この地に立ち寄り

「此地未だ帝土を離れず願わくは居をこの所に占めむ」

<解釈:この港を出発すれば、次はいよいよ九州であるが、

この防府の地は、天皇のいらっしゃる京の都とまだ地続きである。

願わくは、ここ松崎の地に住まいを構え、「無実の知らせ」を待っていたい。>

と願い、九州へと旅立たれました。


そして、大宰府にて薨去された翌年、

道真公の願われた通り、

御霊魂の「居」を「この所」である松崎の地に建立し、

「松崎の社」と号しました。


大宰府や北野の天神様は、

無実の罪で九州に流された道長公の

怨念を払うために建てられたそうですが、

こちらの天神様は、それとは趣旨が違うようです。








重層楼門









神牛像

道真公が丑年、丑の日に生まれたという伝承から、

牛は大切にされています。

牛像を擦ると体の痛みが取れると言われ、

私も、足を擦ってきました。








楼門を入ると・・・








社 殿

拝殿では、二人の人がお祓いを受けていました。








楼門を、反対側からUPで。








門の左右に随身を安置








手水舎 の向こうに大きな木があるので

ちょっと気になって・・・








表参道

石段を下りて行きました。

私たちは、バスで迂回

この石段は使いませんでしたが。








大きく枝を広げたクスノキですが、

樹齢何年かなどが書かれた立て札は見つかりませんでした。








天神水鉢

手水舎の後ろの小さな池に、

酒垂山から引かれた水がこんこんと絶えることなく注いでいて

「天神水」といわれています。








放水池(ほうしょういけ)

芭蕉が、「古池や蛙飛び込む水の音」のと詠んだのは

この池なのだそうです。








天神様と言えば、この句↓

「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」

梅園もありました♪












一日目の昼食 しき心味 月彩 で、松花堂弁当








この後にコーヒーが出てきたので

みんな、大感激!!!








二日目の昼食 防府グランドホテル 兆

防府名物天神鱧ご膳

私が住んでいる淡路島も鱧の産地ですが、

防府市でも鱧が有名なのだそうです。

日本三大神のひとつの防府天満宮にちなんで

「天神鱧」となづけられていて、

防府の夏を彩る名物料理になっているのだとか。









上の四角いお皿には、何が来るのかしら?

そう思っていたら、

揚げたての鱧の天ぷら でした。

やはり、鱧は美味しいです♪







防府天満宮の観光を終えて

バスが淡路島へと出発したのが13:30

途中3回の休憩をはさんで延々とバスを走らせ

帰宅したのが20:30頃

次回は、山口県の下関まで行くので、

もっと遠いのだそうです。

でも、我が家から徒歩2分位の所からバスに乗って、

後はずっと座っているだけなので、

荷物をもって何度も乗り換えていくよりは楽かな?

とも思っています(^_-)-☆





にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます。

帰りがけに応援ポチをしていただけたら

励みになりますので嬉しいです。






スポンサーサイト

コメント

Re: さくらさんへ

> ようやく ↓共に読ませていただきました
> が、頭が混乱中 ^^
> よく きれいにまとめて書かれていますね
> いつも感心させられています
> メモや資料などを使われているはずですが
> 几帳面で頭の良さを感じます  私出来ないよ ^^
> でも お勉強になります
> 歴史は古代も含めて大好きなんですよ
>
> 今度はどこに?  楽しみにしてますね


私は右脳を使うのが苦手なので、
面白い記事は書けないんです(^-^;

毎回、記録を綴ったような日記で退屈だと思うのですが
読んで下さってとても嬉しいです。
ブログを続ける励みになりますから・・・

今日は、京都へ例の「大路小路をあるく」で、
旧五条通を歩いてきました。
京都は暑いので、覚悟をして参加したのですが、
昨日までの何回かの夕立で、
そんなに暑くなく歩く事が出来ました(^^)v

それから、笑わないでね。
明日から一泊二日で信州へ行ってきます(*^-^*)



2017/07/19 (Wed) 21:15 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

こんばんは

ようやく ↓共に読ませていただきました
が、頭が混乱中 ^^
よく きれいにまとめて書かれていますね
いつも感心させられています
メモや資料などを使われているはずですが
几帳面で頭の良さを感じます  私出来ないよ ^^
でも お勉強になります
歴史は古代も含めて大好きなんですよ

今度はどこに?  楽しみにしてますね

2017/07/17 (Mon) 23:20 | さくら | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック