2010_09
04
(Sat)14:09

金継ぎのお稽古


line.gif


昨日のブログにも書きましたが

今週の水曜日に

月一回の金継ぎのお稽古がありました。



金継ぎについては、

以前ブログにも書いた事があります。

行程は、ここをご覧くださいね。




仕上がった作品です。


金継ぎー1.jpg

3センチ位残して割れていたのを、

ボンドでくっつけてから

漆を塗って金粉をかけたもの。




金継ぎー2.jpg

欠けた所をパテで修復。

その上に漆 + 金粉




金継ぎー3.jpg

これも、割れてグラグラしていたのを

ボンドでくっ付けてから処理したもの。




金継ぎー4.jpg

正面の縁の三角形のところも、

欠けて無くなっていたので、

パテで形成しました。




金継ぎー5.jpg

一か所、縁が欠けていました。

パテで修復後、

+ 金粉




金継ぎー6.jpg

最後のは、

気分を変えて

銀粉を載せてみました。




これらは、みんな骨董品です。

友人が、骨董が趣味だったお父さまから

貰われたものが壊れたので、

捨てるのも勿体ないと、

金継ぎの教材に持って来て下さったのです。



今回のは、お稽古の教材として使ったものなんですが、

大事な食器を壊した時なんか、

綺麗に修復できると嬉しくなります。



今、思うのは、

阪神大震災の時に壊した大事な食器。

みんな捨てちゃったのが勿体ないな~って。



今だったら、修復して又使えるのにね。








スポンサーサイト

コメント

Mrs. Lindaさん  

>貴重な骨董品のお皿をこうして修理できるのは、本当に有難いですね。

>私も骨董の食器は大好きですよ。
-----
今、リンダさんのコメントに気が付きました。
お返事が大変遅れてしまい、申し訳ありません。

リンダさんも、骨董の食器が大好きなんですね。
昔の食器は、たとえ普段使いの物でも、
丁寧に作られていて、いいですよね^^

今は、みんな機械で作られていますから…

2010/09/30 (Thu) 19:35 | Rilla-my-rilla | 編集 | 返信

Re:金継ぎのお稽古(09/02)  

貴重な骨董品のお皿をこうして修理できるのは、本当に有難いですね。

私も骨董の食器は大好きですよ。

2010/09/06 (Mon) 03:13 | Mrs. Linda | 編集 | 返信

ローズアンドローズ2010さん  

>よく欠けた陶器の食器、勿体なくて瞬間接着剤を使って直して使ったりしてますが、こういう本格的なものは初めて知りました。ずっと昔社宅にいた頃割れた食器も直して使えるよと言ってた人がいましたが、もしかしてこれだったのかなとふと思いました。ご本人がやっているような感じではなかったのでどこかに出していたのかもしれません。うちは大して高価なものはないので直すには至りませんが、物を大事にいいものを使っておられる方はこういう所を押さえているのかもしれませんね。自身で直せるとはすごいと思います。物を大事に使われる方って尊敬します。
-----
別に高価なのもではなくても
気に入った物って、誰にでもあると思いますよ。

それが壊れた時、修復出来るんです。
食器、花瓶、お椀、お盆など、
なんでも治せます(*^^)v

今流行りのエコだと思わない???

2010/09/05 (Sun) 10:57 | Rilla-my-rilla | 編集 | 返信

clara1990さん  

>金継ぎなんていう、お稽古ごとがあるのも、リラさんのおかげで知りました。
>うちには、修復しなきゃもったいないなんていい食器はないけど
>震災でこわれたのは、もったいなかったですね。
>でも、その時は、やっぱり捨てちゃうんだろうなぁ~~~
-----
何処の家庭にでも、別に高価なものではなくても
壊れたら残念に思う食器はあると思いますよ。

5客セットのうちの一客とか、
毎日重宝して使っているものとか…

そう言う時に役立つんですよ(*^^)v
貧乏くさいなんて言わないでね。
今流行りのエコって言って^^



2010/09/05 (Sun) 10:53 | Rilla-my-rilla | 編集 | 返信

ロゼffさん  

>こんにちは^^

>素晴らしい技術ですね。
>骨董品と呼ばれる素晴らしい焼き物が
>こうして新しい命を吹き込まれ、また違う趣を持って
>観賞出来るのは嬉しい事ですね^^

>すごく興味があります。
>リラさんのブログを拝見させて頂いて
>はじめて金継ぎというのがあるのを知りました。
-----
壊れたものを綺麗に修理して大事に使う。
昔の人の知恵ですね。

金継ぎの歴史って、結構古いと聞いています。
千利休の頃には、もうあったのではないかしら?

2010/09/05 (Sun) 10:48 | Rilla-my-rilla | 編集 | 返信

ふーちろ226さん  

>そういえば、ギブスが取れたらもう歩いていいんですか?
>旅行キャンセルされてたので、リベンジは年内にあるんですか~(^▽^)

旅行ですか?
10月末に国内一泊旅行は予定していますが、
海外は未定です。


>金継ぎってやっぱり昔からの知恵のようなものなんでしょうか?
>赤いお皿は九谷焼みたいな色合いですね。 
-----
九谷焼に見えますか?
伊万里にも見えますよね。

でも、私にはよく分かりません(^^ゞ

2010/09/05 (Sun) 10:39 | Rilla-my-rilla | 編集 | 返信

えてがみっ子さん  

>素敵な文化ですね~

>一度は体験してみたいです。
-----
えたがみっ子さんなら、
一日体験で充分出来るようになると思いますよ。

是非トライしてみてね^^

いろんな色の工業用漆で、
絵を描く事もできるんですよ^^

2010/09/05 (Sun) 10:34 | Rilla-my-rilla | 編集 | 返信

金継ぎ  

よく欠けた陶器の食器、勿体なくて瞬間接着剤を使って直して使ったりしてますが、こういう本格的なものは初めて知りました。ずっと昔社宅にいた頃割れた食器も直して使えるよと言ってた人がいましたが、もしかしてこれだったのかなとふと思いました。ご本人がやっているような感じではなかったのでどこかに出していたのかもしれません。うちは大して高価なものはないので直すには至りませんが、物を大事にいいものを使っておられる方はこういう所を押さえているのかもしれませんね。自身で直せるとはすごいと思います。物を大事に使われる方って尊敬します。

Re:金継ぎのお稽古(09/02)  

金継ぎなんていう、お稽古ごとがあるのも、リラさんのおかげで知りました。
うちには、修復しなきゃもったいないなんていい食器はないけど
震災でこわれたのは、もったいなかったですね。
でも、その時は、やっぱり捨てちゃうんだろうなぁ~~~

2010/09/05 (Sun) 00:53 | clara1990 | 編集 | 返信

Re:金継ぎのお稽古(09/02)  

こんにちは^^

素晴らしい技術ですね。
骨董品と呼ばれる素晴らしい焼き物が
こうして新しい命を吹き込まれ、また違う趣を持って
観賞出来るのは嬉しい事ですね^^

すごく興味があります。
リラさんのブログを拝見させて頂いて
はじめて金継ぎというのがあるのを知りました。

2010/09/04 (Sat) 17:05 | ロゼff | 編集 | 返信

Re:金継ぎのお稽古(09/02)  

そういえば、ギブスが取れたらもう歩いていいんですか?
旅行キャンセルされてたので、リベンジは年内にあるんですか~(^▽^)

金継ぎってやっぱり昔からの知恵のようなものなんでしょうか?
赤いお皿は九谷焼みたいな色合いですね。 

2010/09/04 (Sat) 16:54 | ふーちろ226 | 編集 | 返信

Re:金継ぎのお稽古(09/02)  

素敵な文化ですね~

一度は体験してみたいです。

2010/09/04 (Sat) 15:38 | えてがみっ子 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック