2012_06
06
(Wed)22:08

熊野古道 中辺路完歩 第4回

 



中辺路の4回目は、6月2日に参加しました。

梅雨入り前にと、

6月の催行日の中で、1番早い日を選んだのですが、

天気予報では、午後から下り坂。



心配しましたけれど、

何とか1日持ってくれたみたいで、

曇り空の下が結構歩きやすく、

今回は、結構きついルートでしたが、

何とか完歩出来ました。






2.jpg


出発地点は、小広王子










3.jpg


熊瀬川王子










4.jpg


毎回2グループに分けて歩くのですが、

今回は、健脚グループに入りました。

私の苦手な上り坂が多いと聞いていたにも拘らずです。



というのは、

この語り部さんの後に付いて行きたかったからなんです(^^ゞ



第1回目は、足の弱いグループに入ったのですが、

その時の女性の語り部さんの声が小さくて、

写真を撮っていて列の後ろになってしまうと、

全然聞こえなくて、

後から来る、この男性の語り部さんの大きな声が、

こちらまで響き渡っていたからなんです。






5.jpg


イチリンソウ



他にも、ニリンソウや、

花が3本も4本も出ていたものもありましたよ。






6.jpg


最初の急な上り坂を上がって、

ホッと一息ついたことろです。



流石、みんなは健脚揃い。

遅れないように必死で付いて歩きました。

途中、写真なんか撮る余裕なんてありません(-_-;)






7.jpg


下り坂は、ルンルン気分で歩きます。

この坂は、女坂と呼ばれていて、






8.jpg


日本最古の石畳が敷かれている所です。






9.jpg


仲人茶屋と呼ばれた茶屋跡を通って、

今度は、男坂






10.jpg


写真で見るよりは、ずっと急な坂道です。



語り部さんが大きな声で、

ろっこん しょうじょう(六根清浄)

みんなは、その後で、

さ~んげ さんげ(さんげとは、懺悔のこと)



声を出して歩いたほうが、

力が出るそうです。



ろっこんしょうじょう

さ~んげ さんげ




ろっこんしょうじょう

さ~んげ さんげ




みんなの声が、山間に響き渡ります。



熊野古道は、修行の道。

決して物見遊山ではありません(苦笑)







11.jpg


岩神峠に着いて、ホッと一息。






12.jpg


又、杉木立の中を通って、








13.jpg


蛇形地蔵(じゃがたじぞう)



海藻の化石が蛇の鱗のように見えることから

「蛇形石」と名づけられ、

その平たい石を背にして祀られています。






15.jpg


湯川王子社


湯川氏の子孫は近年まで広い山林を有し、

豪族のような家風を保っていたそうです。



紀州の殿様が熊野詣をする時に泊まったのが

湯川家であったと言われています。

現在は廃村となり、墓だけが村を守っているのです。



ノーベル賞を貰われた湯川氏のご先祖は、

ここのご出身だそうですよ。



そして、ここから又急な上り坂になりました。

ろっこんしょうじょう

さ~んげ さんげ




ろっこんしょうじょう

さ~んげ さんげ







16.jpg


三越峠関所

やっと三越峠です(@_@;)



熊野参詣者は、

ここから熊野の神域の核心へ踏み込んで行きます。






17.jpg


三越峠には、新しい休憩所&公衆トイレが。

太陽熱で賄っています。






18.jpg


少し下っていくと、

昨秋の豪雨の爪痕が、未だ残っていました。






19.jpg


こういう所が、20ヶ所以上もあるそうです。

熊野古道参拝者の道を優先的に補修して、

他の所は、後回しになっているのだとか。






20.jpg


道の分岐点には、

このような分かりやすい標識がたっています。






21.jpg


船玉神社



こんな山奥に、船の神様だなんて

不思議ですよね。

理由を聞いたのだけど、忘れました(^^ゞ






22.jpg


玉姫稲荷神社

船玉神社の隣にあって、船玉と夫婦神と言われています。






23.jpg


今度は、猪鼻王子跡へ行くのですが、

降りてから又登らなければならないので、

次の上り坂に備えて、

残って上から写真を撮りました(^^ゞ



みなさん、頑張ってらっしゃいます。



そして、又急な登り坂です。

ろっこんしょうじょう

さ~んげ さんげ




ろっこんしょうじょう

さ~んげ さんげ







24.jpg


やっと頂上が見えてきました。






26.jpg


発心門王子



発心とは発菩提心(はつぼだいしん)の事。

「仏道に入り、仏智を証する志をおこす」という意味だそうです。






25.jpg


ここが今回の終点。

高低差の激しいルートを、

 約20キロ 歩きました。

ごめんなさい。10キロの入力間違いです(^^ゞ



次回は、いよいよ熊野本宮大社まで歩きます。

次のルートは、殆どが平坦な道で、

添乗員さん曰く、

スキップコースだそうです。





28.jpg


帰りのトイレ休憩に立ち寄った淡路SAでは、

丁度10時だったので、

明石大橋のレインボーカラーが見られました。




ͤ




いつも温かいコメントほんとうにありがとうございます。

みなさまのコメントを励みに、

ブログ更新を頑張っています(*^_^*)






「東北関東大震災」支援クリック募金


お帰り際に1クリックをお願いします






スポンサーサイト

コメント

Re:熊野古道 中辺路完歩 第4回(06/04)  

こんにちは^^

熊野古道、行ってみたいです。

この道を歩かれるってすごいです。
ほんとうに健脚でいらっしゃるわ。

少し体調がわるくてお休みしてしまいました。
でも昨日は淡路を通って香川のお寺に行ったのですよ^^

長い坂道を歩いてきました。

山はほんとうに素晴らしいですよね。
いつか熊野古道も元気に歩いてみたいわ(*^_^*)

2012/06/07 (Thu) 18:17 | ロゼff | 編集 | 返信

知っていたら・・・  

熊野大社へ行かれたのですね!?
あ~~ん・・・

実は、ルーシェの首輪に付けている御守、
いつも熊野神社の霊水の入ったやつなんです。
それ付けていると病気しないので
毎年誰かに頼んでいるのですが
今年は誰も行かなくて・・・
リラさんにお願いしとくのだったわ(笑)

一度は私も行ってみたいです(笑)

今は出来ませんし、何より骨折してて歩けませんけど(^^;

2012/06/07 (Thu) 08:35 | ROUGE | 編集 | 返信

Re:熊野古道 中辺路完歩 第4回(06/04)  

こんなコースを20キロ!
日本最古の石畳なんですね。
一体どれだけの人がこの上を通ったんでしょう。
砕けず残っているなんてすごいですね。
男坂は確かにきつそうです。
でもこの写真とてもステキですよ~♪

あの豪雨の土砂崩れはものすごい大きいですね。
少しずつ復旧してるものの、もう住めない地域もあるとか。
五條の山奥から十津川や熊野の辺りって、こんなところに家があるの!
っていうところがたくさんありますもんね。

明石大橋の夜景は初めて見ました。
キレイですね~。

2012/06/06 (Wed) 20:47 | ふーちろ226 | 編集 | 返信

Re:熊野古道 中辺路完歩 第4回(06/04)  

熊野古道歩かれたんですね。

私の長年入ってる体操の会でも5月に熊野古道3回目に
行って歩いたんですよ。(日帰り)
私は参加したことがありませんが60歳の先生曰く、
今年は平均年齢70歳の参加だったそうです。
私の曜日の教室は若いけど、他の年配の教室の人の方が
凄く元気らしいです。(^-^;A

2012/06/06 (Wed) 07:56 | himari316 | 編集 | 返信

Re:熊野古道 中辺路完歩 第4回(06/04)  

すごいなぁ~~~~
尊敬です・・・私なんか山登りが苦手なので
ゆっくりコースでもへこたれそう・・・
スギがすごくきれいですね。

2012/06/06 (Wed) 01:20 | odetto1993 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック