2012_11
25
(Sun)14:00

スペイン旅行 アンダルシア コルドバ




観光5日目です。

この日は、五つ星ホテル(GRAN HOTEL ELBA ESTEPONA)で、

ゆっくりと滞在を楽しむという事なんでしょうね。

出発は、遅めの11時でした。



実は、長女が少し体調を崩していたので、

ゆっくり休めて、これは助かりました。



コルドバへの途中、13:30頃に昼食






1.jpg

サングリア

赤ワインを甘いソーダやオレンジジュースなどで割って、

一口大に切った果物(レモン、リンゴ、バナナ、オレンジなど)と

シナモンを少々加えた飲み物。



ワインもビールも、あまり好きではない私は、

これが気に入って、よく頼みました。



海外旅行では、日本のように、

お茶やお水が出ないので、

お食事の前にはウェイターが、

大抵飲み物の注文に来るのですが…



アルコール類があまり好きではないものにとっては、

これが困るんですぅ(-_-;)





2.jpg


朝食には、生野菜が出ないので、

たっぷりのサラダは、嬉しかった!



こちらでは、サラダはテーブルにあるオリーブオイルとビネガー、

それに塩コショウで、自分で味付けするのが殆どです。

ドレッシングなんか、かかっていません。






3.jpg

魚のフリッター


もう、食べ物には期待しないで、

空腹を満たすために食べたのですが、

これは、結構いけました(^^)v



但し、相変わらず量が多すぎて、

残してしまいましたが。



デザートの写真は、取り忘れたみたいです(^^ゞ

何だったのかしら???







紀元前2世紀、

ローマ帝国の植民地から発展し、

8世紀半ばから11世紀初めまでは、

イスラム王朝・後ウマイヤ朝時代の都として

栄華を極めた古都・コルドバ






4.jpg

ローマ橋

右手前の建物はカラオラの塔


ローマ橋は、一世紀にローマ帝国によって

本格的なコルドバの都市建設が始まった時に架けられました。






5.jpg


ローマ橋を渡りきった川の岸辺にあるメスキータ



メスキータとは、スペイン語でイスラム教寺院のこと。

後ウマイヤ王朝によって、8世紀に建てられました。



4回拡張されて、数万人を収容できる

巨大なモスクになっていたのですが…



13世紀、キリスト教統治時代に、

内部にドカ~ンと、カテドラルが作られ

イスラム教とキリスト教が共存する、

世界でも珍しい建物になりました。






6.jpg

メスキータのファザード前の、

オレンジの中庭から見たアルミナールの塔

コルドバのシンボルです。



モスクのミナレット(尖塔)として建てられた塔は、

キリスト教徒により

鐘がつけられ、鐘楼になりました。






7.jpg

円柱の森


一歩中に足を踏み入れると、

薄暗い中に浮かび上がる、

幾十にも重なる赤と白の馬蹄形のアーチが、

幻想的で美しく、思わず息を飲みます。



ここは、礼拝の間でした。






10.jpg


馬蹄形のアーチは、

白い化粧漆喰と赤いレンガで作られています。



柱は大理石。

いろんな所から集めてきたので、

色や模様が違います。






11.jpg


「円柱の森」の柱の現存は854本、

最大時では1000本以上あったとされています。



それを百本以上切り取って、

中央にキリスト教のカテドラルを建てたのです。





20.jpg


礼拝の間の正面最奥には、

神殿の方向を指し示す壁があり、

目印となるミフラーブ と呼ばれる窪みが設けられています。






8.jpg

ミフラーブ


イスラム教徒が祈りを捧げる

メッカの方向を示すくぼみ。



金色のモザイクで飾られていて、

コーランの一部が刻まれています。






9.jpg

ミフラーブ前のドーム天井

金銀に輝く幾何学模様の素晴らしさにも、

目を見張ります。





下の画像は、

内部に建てられてカテドラルの中です。


13.jpg
クリック!<拡大画像>

聖堂内陣


三方をぐるっと囲んだ

聖歌隊席のマホガニー材に彫られた椅子が

重厚で素晴らしいです。






14.jpg

マヨール礼拝堂(キリスト教礼拝堂)


メスキータの中央にあり、

キリスト教王が1766年に建てた礼拝堂。



立派なメスキータの真ん中に

キリスト教のカテドラルを作るなんて、

とんでもない事をしてくれたものだと思いましたが、

これが、世界唯一の珍しい建物になり、

世界遺産に登録されています。






18.jpg


この後、メスキータの近くにある

8世紀ごろユダヤ人によって造られたユダヤ人街へ。






17.jpg


アンダルシアの暑い夏を快適に過ごすための、

パティオ(中庭)が設けられています。






16.jpg

花の小路


中央奥にメスキータの塔が見える、

ガイドブックや葉書でお馴染みのポイントです。






19.jpg


お土産屋さんが並んでいましたが、

これといって、魅力的なものは見当たりませんでした。

ミハスに、もうちょっといたかったな~



この日の宿泊は、コルドバのホテル。

5つ星の後の3つ星なので、

期待はしていなかったのだけど、

お部屋には、ダブルベッドが2つで、

床にスーツケースを2つ広げて置いても

まだ余裕があります。



それに、夕食も、

今までの中で1番美味しかったように思います。

ただ期待していなかったので、

写真は写していませんでした。



場所もメスキータの近くでした。

長女の体調がイマイチだったので、

私たちは、お部屋でゆっくりしていましたが、

みんなは、夜のライトアップを見に行ったそうです。



翌日は、ラ・マンチャ地方とトレドを観光後、

最後の宿泊地・マドリッドに行きます。




***** つづく *****






rose
 




いつも温かいコメントほんとうにありがとうございます。

みなさまのコメントを励みに、

ブログ更新を頑張っています(*^_^*)









「東北関東大震災」支援クリック募金


お帰り際に1クリックをお願いします







スポンサーサイト

コメント

Re:スペイン旅行 アンダルシア コルドバ(12/09)  

サングリア大好きです♪
たまに買って飲みますよ~。
特に夏!(^▽^)

イスラムの中にキリスト教が居座っちゃった感あります~。
不思議な空間だけど素晴らしいですね。
こんな風に現実社会でも2つの宗教が仲良く共存してくれるといいのに。

わーい、花の小路♪
お土産物はイマイチなんですね。
観光化しすぎたのかな。

2012/12/10 (Mon) 10:49 | ふーちろ226 | 編集 | 返信

Re:スペイン旅行 アンダルシア コルドバ(12/09)  

おはようございます♪

またまたまとめて拝見させてもらいました。
たくさんの素晴らしい写真にうっとり。
美味しそうな料理にも目が・・・

花の小路、絵葉書になるほどでとても素敵です(*^_^*)

2012/12/10 (Mon) 08:49 | himari316 | 編集 | 返信

Re:スペイン旅行 アンダルシア コルドバ(12/09)  

あ~~~もう本当にすばらしい!!
私絶対にスペインにいくべきだと思うわ。
・・・そりゃ~~行けるものならすぐにでも行きたいわ・・・
それにしても、キリスト教って、けっこう強引よね。

2012/12/10 (Mon) 02:09 | odetto1993 | 編集 | 返信

Re:スペイン旅行 アンダルシア コルドバ(12/09)  

(*´-`*)ノ 【こんばんわぁ】
タイトルバックが天使になってます~ヽ(*゜∀゜*)ノ
可愛いな~♪

メスキータ素敵です!
パティオもいい感じだね~
こんなお庭憧れるわ♪
(´ー`*)ウンウン
花の小路…
やっぱりココだよね~ヽ(*゜∀゜*)ノ
ココに立って写真が撮りたいです♪
パリはゼラニウムばっかりだったけど
ここもかな?
やっぱり赤のゼラ ふふふ…増やそう(^_^)v

2012/12/09 (Sun) 21:54 | めい-chan | 編集 | 返信

Re:スペイン旅行 アンダルシア コルドバ(12/09)  

こんばんは~!
今回も素敵な建物ばかりでウットリです(*^_^*)

でも私の目を引いたのは花の小路~!
多分、そんなに日照条件良くないように見えるのですが
すっごい綺麗ですよね。
何を植えているのか気になりました(笑)

2012/12/09 (Sun) 21:38 | ROUGE | 編集 | 返信

Re:スペイン旅行 アンダルシア コルドバ(12/09)  

こんにちは~
キリスト教徒イスラム教の影響を受けた建物がすばらしいですね。とても興味深く見せていただきました。

今日は風が強くて庭にも行かず、引きこもりです。

2012/12/09 (Sun) 15:17 | dreamrose | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック