2013_07
21
(Sun)21:21

東北旅行 Part 3




青森県のまかど温泉ホテルを出発して南下。

岩手県に入りました。






1.jpg


NHKの朝の連ドラ「あまちゃん」


この中でたびたび出てくるのが「北三陸鉄道」ですが、

モデルとなっているのは実在の三陸鉄道北リアス線(久慈-宮古)

杉本哲太演じる大吉が駅長を務める北三陸駅も

この久慈駅がモデルとなっているのです。






2.jpg


あまちゃん効果で、

駅の構内は、ごった返しています。



写真を撮るのを忘れていましたが、

この画像の右側には、

雲丹弁当を売っている売店があり、

沢山の人たちが並んでいました。



私も食べてみたかったのだけど、

その前に、近くのホテルで

ステーキご膳(今回のツアーは全食事付)を頂いたばかり。

ステーキより雲丹弁当の方がよかったな~






3.jpg


朝ドラで見慣れた車両は後の車両だけ。

前のカラフルな車両は、お座敷列車で予約席です。






4.jpg


地元のあまちゃんがうに丼を売りに来ましたよ。

欲しかったのだけど、お腹がいっぱいだったので、

涙を呑んで諦めました。



< 乗ってる車両は、人数が多くて急きょ連結されたレトロ車両

< ちょっとラッキー(^^)v >






5.jpg
< 車窓から >


津波は、この防波堤を乗り越えてやって来ました。

時々壊れた箇所がありましたが、

車窓から撮ったので、上手く写せませんでした。






6.jpg
< 車窓から >


安家川橋から見た安家川河口と国道45号


もの凄く高い橋梁(高さ33m)を渡ります。

下の河口河川敷は、津波で何もありません。






7.jpg
< 車窓から >


文字通りリアス式海岸を通る列車。

トンネルを抜けると、美しい海岸が見えます。



普段は、こんなに静かで穏やかな海です。






8.jpg
< 車窓から >


堀内大橋






b.jpg


北リアス線は、中間の一部分(田野堀 ⇔ 島越 ⇔ 小本 間)を除いて

再開されたのですが、

南リアス線は、再開の道のりは遠いそうです。







普代で下車して三陸復興国立公園内の北山崎



三陸復興国立公園は、陸中海岸国立公園という名前でしたが、

東日本大震災による津波で大きな被害を受けたことで、

震災からの復興と被害の伝承を目的として、

今年の5月に現在の名称に改められました。



公園の名称は復興状況を見て、

将来的にふさわしい名称が検討されるそうですが。






9.jpg


北山崎ビジターセンター





10.jpg


中で、震災の被害状況や、

現在の復興の様子の説明がありました。



私たちの旅行代金の一部は、

三陸鉄道の島越駅(しまのこし)の再建の支援として使われるそうです。



島越駅の愛称は「カルボナード」

宮沢賢治の童話「グスコーブドリの伝記」の

火山島の名前から名付けられました。







a.jpg



101.jpg


頂いた小石の裏側には、

「ご支援ありがとうございます」

と手書きされています。



こんなのを頂いて恥ずかしいような、

ほんの僅かばかりの寄付なのに…(滝汗)





11.jpg


ビジターセンターから三陸復興国立公園を

展望台の方へ歩いていきました。






12.jpg
クリックすると、好天気の日の画像が見られます♪



北山崎 矢越岬

陸中海岸の代表的景観のひとつで、

美しいリアス式海岸、

絵葉書にもなっている所です。



雨でなかったのが幸いでしたが、

お日さまが出ていたのなら、もっと素晴らしかったんだろうな…







宮古の奇岩が続く景勝地へ






13.jpg


ウミネコ島めぐり遊覧船に乗りました。



遊覧船は、第16陸中丸

3/11の日、船長の機転で

せまり来る津波を越えて沖へ避難。

唯一残った遊覧船です。







14.jpg


船内で販売されているウミネコパン(100円)を求めて

沢山のウミネコがやって来ます。






16.jpg


以前、礼文島からの船でも、

沢山のカモメかウミネコが餌を求めてやって来ましたが、

ウミネコとカモメの違いって分かりますか?



私は、この度分かりました^^






ウミネコ.jpg


ウミネコは、嘴は黄色で先端部が黒、最先端部に赤斑がある。

そして、足は黄色。






カモメ.jpg


カモメは、嘴は黄色で、下嘴の先端に赤斑があり、

足は薄いピンク色だそうです。

< 青森県深浦町 千畳敷にて撮影 >






17.jpg


陸からでは決して見る事が出来ない素晴らしい風景が、

船の上から楽しむ事が出来ます。






18.jpg


「ローソク岩」が見えてきました。

写真中央の細長い白い部分です。

高さ40メートルもあるらしい。






19.jpg


ウミネコが岩の上にいます♪






20.jpg


ここにも沢山のウミネコが…






21.jpg


浄土ヶ浜の地名は、昔、さるお坊様が、

「さながら極楽浄土のごとし」と

感嘆したことから名付けられたと言われています。

平成18年度に日本の快水浴場百選(海の部特選)に選定。



遊覧船を降りると、

浄土ヶ浜マリンハウスの方から

歌声が聞こえてきました。



慌てて行ってみると…







22.jpg


夕暮れ時の浄土ヶ浜をバックに歌う「ワライナキ」


復興支援無料ライブ「関西から歌の宅配ライブ 絆~手をつなごう~」が

開催されていました。






宿泊地は、釜石の陸中グランドホテル






23.jpg


お部屋の窓を開けると、釜石湾が一望。

震災の時は、津波で大被害を受けたそうですが、

昨年の11月に営業が再開されたそうです。






24.jpg


夫が外を見ていて見つけたのですが、

短いけれど二重の虹が!!!

なんだか幸せな気持ち…






25.jpg


虹のアップ写真です^^



翌日は、ボランティアガイドさんと一緒に

被災状況の確認と被災地の復興への道のりを

勉強しながら回ります。



***** つづく *****






rose
 




いつも温かいコメントほんとうにありがとうございます。

みなさまのコメントを励みに、

ブログ更新を頑張っています(*^_^*)









「東北関東大震災」支援クリック募金


お帰り際に1クリックをお願いします






スポンサーサイト

コメント

Re:東北旅行 Part 3(07/25)  

ああ、そういえば あまちゃんの舞台ですね~
復興はまだまだなんですけど
現地の皆さん活気があって嬉しくなりました(笑)

素敵な場所ですね~
こういう所を旅する事、ブログにUPする事も
立派な支援ですから
リラさんは2重に支援してるんですよ(*^_^*)

2013/07/29 (Mon) 10:25 | ROUGE | 編集 | 返信

Re:東北旅行 Part 3(07/25)  

こんばんは^^

たくさんのお写真楽しく拝見させていただきました^^
かもめとウミネコの違い
知らなかったので勉強になりました^^

リアス式海岸美しいですね。
行ってみたいです。

少し体調を崩してお休みしていましたが
また今日は少しの時間だけ淡路に行ってきましたよ^^
素敵なお店はまた友達と行ってみたいです。

暑い日が続きます。
リラさんもどうぞゆっくりお過ごしくださいね^^

2013/07/28 (Sun) 19:11 | ロゼff | 編集 | 返信

Re:東北旅行 Part 3(07/25)  

Rillaさんは日本中を駆け巡ってますねー。お蔭様で私も一緒に旅行できます。いい写真をいっぱい有難う。

日本の鉄道は世界一。あの音が懐かしい。

2013/07/28 (Sun) 14:03 | Mrs. Linda | 編集 | 返信

Re:東北旅行 Part 3(07/25)  

あまちゃんは見てないので、東北が舞台だとは知らなかったです。
あまさんだからてっきり三重なのかと(^▽^;)
ウミネコとカモメの違いなんて考えたこともなかった~。
違いはわかりやすいんですね。
とりあえずアンヨの色で見分けられるから簡単そうですね。
浄土ヶ浜バックのステージを見ると、日本じゃないみたいです。
釜石湾は震災時に燃えてた港でしたっけ。(違ったかな)
ここまで復興させるのは大変だったでしょうね。

2013/07/27 (Sat) 16:26 | ふーちろ226 | 編集 | 返信

Re:東北旅行 Part 3(07/25)  

キレイなところですね~~~
でも、もっともっとキレイだったんでしょうね。
震災は忘れる事が出来ません。
この海が、荒れたなんて信じられませんね。

2013/07/26 (Fri) 00:23 | odetto1993 | 編集 | 返信

Re:東北旅行 Part 3(07/25)  

沢山の写真で、どの部分にコメントしたものかと・・・・

写真からは震災のおおきな爪痕は感じられませんね。

2013/07/25 (Thu) 20:43 | 青翠4883 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック