2013_10
26
(Sat)22:30

生野銀山とススキの砥峰高原




夫が属しているボランティアグループのバス旅行で、

砥峰高原へ行く計画があるとの事。



以前から1度行って見たかった砥峰高原です。

私も便乗をお願いしていました。



所が、バスツアーの催行日は、運の悪い事に、

27号と28号のダブル台風が、

日本列島に近づいてきている23日(水)。



秋雨前線が台風に刺激され、

当日は、朝から雨が降っていました(涙)



ͤ



最初の見学先は、生野銀山でした。

ここは、昭和48年に閉山。

現在は、当時の模様を再現した観光施設として、

一般公開されています。






1.jpg


観光用に設置された「生野代官所」の門

ここから入っていくと…






2.jpg


手入れの行き届いた庭園の左側に、

鉱山資料館があります。



807年に開坑し、

信長・秀吉・徳川幕府の時代を経て

明治元年には政府直轄となり、

その後は皇室財産にまでなった大鉱山・生野銀山。

その栄光の歴史を、パネル展示などにより紹介しています。






3.jpg


観音岩


坑道入り口前に、観音さまの横顔に似た岩があります。

長い年月を経て、自然に出来たものだそうです。






6.jpg


鉱山師 ジャン・フランソワ・コアニエ


明治元年に来日し、帰国する明治10年まで、

明治政府お抱え鉱山師として、

日本有数の近代鉱山としての発展の基礎を築いた人物。






4.jpg


観光用抗道出口


徳川時代の抗口を模して造られたもので、

四ッ留という化粧木は、

神前の鳥居を表しています。



当時の人達が、

如何に命がけで作業していたかが想像できます。






5.jpg


金香瀬坑


この石作りの抗口はジャン・フランソワ・コアニエが

築造したフランス様式の抗口。



ここから入って見学。







7.jpg


坑内の気温は、年間を通じて13℃。

上着がないと、少し寒い!






8.jpg


狸堀


江戸時代の坑道は、

坑内作業者ひとりがやっと通れるほどのもので、

岩肌にはノミの跡が今も重々しく残っております。






9.jpg


この穴を這いながら掘り進んでいきました。






10.jpg


座っていても、頭が天井に着くくらいの狭い所での作業






11.jpg


唐蓑で風を送る手子


この人は、毎日毎日、一日中空気を送っていました。






12.jpg


女性も働いていたんですよ。






13.jpg


坑内は、とても蒸し暑くて、

岩を掘る粉じんがいっぱいの劣悪な環境。

当時の人達の苦労が偲ばれます。






14.jpg


近代の抗内 採掘作業をしています。






15.jpg


人 車


坑内で働く人たちの、

入退抗につかっていました。






16.jpg


エレベーター


一番深い所までは、800m以上ありました。

この囲いのないエレベータで上下移動します。



ガイドさんの話では、

抗夫さんの平均寿命は40歳代。

どんなにか過酷な作業だったのかが思い計られます。






17.gif


敷地内のレストハウスで昼食。

ハヤシライスが有名だとの事だったので、

夫が海老フライ&ハヤシライスで、

私は、ハヤシ・オムライスにしました。



久しぶりのハヤシライスは、

坑内を歩いた後だったので、美味しかったです。







おかきの播磨屋総本店






18.jpg


創業の家 生野総本店






19.jpg


白いムラサキシキブが素敵♪






20.jpg


茅葺きの母屋をレストラン専用に改修

お買い物の後、ここでコーヒのサービスを受けました。






21.jpg


向かい側では、水車が動いています。






22.jpg


中を覗いてみると…

なんと、お米をついていたんです^^






23.jpg


このお庭を眺めながら、

コーヒーを頂きました。










24.jpg


そして、砥峰高原へ・・・






25.jpg


日の光で銀色に輝くススキの穂の群生が見たくて、

2日に奈良の「山の辺」のみちを歩いて以来、

ず~っと島外に出ないで、体調を整えていたのですが、

生憎の雨…






26.jpg


平清盛やノルウェイの森のロケ地として有名な所。






27.jpg


ハイキングコースがいろいろあるので、

次回は、お天気の良い日にリベンジです。



そう言えば、

以前曽爾高原のススキを見に行った時も雨…

私は、ススキには縁がないのかも知れません(涙)













rose
 




いつも温かいコメントほんとうにありがとうございます。

みなさまのコメントを励みに、

ブログ更新を頑張っています(*^_^*)









東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします






スポンサーサイト

コメント

Re:生野銀山とススキの砥峰高原(10/26)  

毎週のように台風が多かったですね~

数年前、佐渡の金山に行きましたが、やはり採掘場跡にはこのようにリアルでした・・・・

2013/10/28 (Mon) 20:38 | 気ままなアン | 編集 | 返信

Re:生野銀山とススキの砥峰高原(10/26)  

こんにちは^^

生野銀山は夫の両親の故郷が但馬なので
今のように高速が続いていないときは
生野峠を越えて但馬まで行っていました。
銀山湖もあって
静かなところですよね。
いろいろな話を聞いたことがあります。
過酷な労働だったようです・・

砥峰高原は今は道は綺麗なのでしょうか?
以前は途中から細い道だったような覚えがあります。
銀色に輝くすすき。
きっともう一度リラさんが訪れることができるように
待ってくれているのでしょうね(*^_^*)

昨日は久しぶりに淡路島にお邪魔していました^^
体調と相談して南のほうまでは行けず
津名一ノ宮でぐるりと東西の道をドライブしてきましたよ。
また生しらす丼食べて、富島でアナゴを焼いたのを買って帰りました^^

2013/10/28 (Mon) 15:40 | ロゼff | 編集 | 返信

Re:生野銀山とススキの砥峰高原(10/26)  

お天気が残念でしたね。
坑内はより寒く感じたでしょうね。
炭鉱とか銀山とかいう所へはまだ行ったことないので
一度見学してみたいなって思ってました。
2番目に出てくる作業してるお人形さん、イケメンだわ~(笑)

播磨屋総本店は行ったことあります。
好きなおかきがあるので食べたいなって思うんですが
最近行く機会がありません。
かなり広い庭園ですよね。
2Fで食べ放題のおかきで試食できるのはありがたい♪

砥峰高原ってロケ地でよく使われるんですか。
平清盛は見てたな~。

2013/10/28 (Mon) 12:48 | ふーちろ226 | 編集 | 返信

Re:生野銀山とススキの砥峰高原(10/26)  

こんばんは。
私も旅行が先に決まっていなければ行くはずでした。
生憎の雨で残念でしたね。
ススキは夕陽を浴びたのが一番ですよね。

実は10月6日に加西フラワーセンターのあと砥峰高原に行っったのですが、この案内をいただいて、約40年前の景色が蘇り、足を延ばそうと思いついたのでした。
少し早かったので、私もまた行きたいと思っています。
来年は晴れた日に行けるといいですね。

2013/10/27 (Sun) 23:01 | 703 | 編集 | 返信

Re:生野銀山とススキの砥峰高原(10/26)  

おはようございます(^^♪

ロケ地があった場所なんですね。
両方とも観てました。

あいにくの雨で残念でしたね。
ムラサキシキブの白いのはシロシキブですね。

私はバス旅行が苦手なのでたぶん行けないので
楽しく拝見させてもらいました。

2013/10/27 (Sun) 09:17 | himari316 | 編集 | 返信

Re:生野銀山とススキの砥峰高原(10/26)  

人形が何気に全員イケメンなのが笑えるぅ~~
それに、女性もみんなお嬢様。
おもしろいですね。
あ~~この景色、確かに清盛だわ!!

2013/10/27 (Sun) 00:48 | odetto1993 | 編集 | 返信

Re:生野銀山とススキの砥峰高原(10/26)  

(*´-`*)ノ 【こんばんわぁ】
あいにくの時期でしたね…
爽やかな日にリベンジです(^O^)/
石見銀山は行ったことあるよ
こんな感じだった♪
でもこんなお兄さんはいなかったわ(笑)
急に現れたらビックリするかも~
エビハヤシ ハヤシオムが美味しそう~(^O^)/

2013/10/26 (Sat) 22:34 | めい-chan | 編集 | 返信

Re:生野銀山とススキの砥峰高原(10/26)  

砥峰高原は雨で残念でしたね。銀色に輝くススキはきれいですよ。何度も行きました。曽爾高原の方が広いけれど、私は砥峰が好きです。

2013/10/26 (Sat) 22:28 | 青翠4883 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック