2014_01
15
(Wed)20:00

湯布院と黒川温泉への旅 第一日目




旅行記の更新が大幅に遅れてしまい、

記憶が大分薄れてきましたけれど、

記録の為、少しずつ思い出しながら更新していきます(^^ゞ



*****



昨年の12月24日から2泊3日で、

九州旅行を楽しんできました。



今回のツアーで巡る主な観光地は、半分は行った事があったのですが、

「湯布院と黒川温泉に宿泊」というのに惹かれて、

妹に、「何もこんな年末の忙しい時に行かなくても・・・」

なんて言われながらも決行!



旅行中、夫が「左わき腹が痛い!」と言うのを聞きながら、

マサカ、帯状疱疹になってるとは夢にも思わないで、

最後まで旅行を敢行したのですが・・・



発疹の方は、殆どよくなったのですが、

今も時折激痛が走り、夜も眠れない様なので、

ちょっと可哀想( ̄Д ̄;;



*****



第一日目は、新神戸から新幹線に乗り小倉下車。

最初に向かったのは、国後半島の豊後高田

昭和30年代の懐かしい街並みが残っている所。









見覚えのある懐かしい物が

沢山展示されていました。






 


豊後高田「昭和の町」は、

この商店街が最後に元気だった時代、

昭和30年代の賑わいをもう一度よみがえらせようという願いをこめて、

平成13年に着手した町づくりだそうです。






 


昭和30年代と言えば、

私が中学生から結婚するまでの10年間。

TVや洗濯機、炊飯器等の珍しい時代でした。



そういうのが我が家にやって来た時の事は、

今でもはっきりと覚えています。







  

出会いの里


飲食店やギャラリーが入るテナントショップ。

長屋風の建物の中央には、鯉の泳ぐ小川があり、

鯉にエサをあげたり、昭和のギター演奏を生で聴けたりと、

心和むスペースです。






 

昼食は自由食だったので、

昭和ロマン蔵内のレストラン南蔵(1200円)で、

豊後高田手打ち蕎麦と天丼のセットをオーダー



風味豊かなお蕎麦もさることながら、

小海老をカリッと揚げて、

黒砂糖風味のお汁をかけた天丼が、

また食べたいと思う位美味でした^^









 


宇佐神宮


日本全国4万社余りある八幡さまの総本宮です。






 


大鳥居を潜ると、SLが展示されていました。

明治・大正・昭和にわたって活躍したクラウス号

全国に4両しか保存されていない貴重な文化財です。



クラウス号の損傷が進んだため、2001年に

宇佐ライオンズクラブを中心に「走れクラウス2001人計画」を立て、

全国に募金を呼びかけて修復事業を行ったのだぞうです。







 


長い階段が続いています。



宇佐の鳥居はすべて宇佐古来の形式をもつ鳥居として有名で、

額束はなく、台輪を柱上に置いています






 


夫婦石


夫婦仲良くこの三角の石に乗ると、

末永く幸せな二人でいられるのだとか・・・



私たち夫婦はどうしたと思いますか?

ご想像にお任せします(苦笑)









宇佐鳥居の向うに、西大門が見えてきました。









西大門


桃山風の華麗な構造となっていて、

屋根は切妻及び向唐破風造りで桧皮葺、

内部は極彩色が多用されています。









南中楼門


神宮内郭の南正門・勅使門で通常は開かずの門。

入母屋造桧皮葺楼門です。









「樹齢約八百年の御神木に手を触れ、

健康長寿をはじめ深遠なる御神徳をお受け下さい。」

と札に書かれていました。







 


大空に大きく手を広げたような

大きな大きな楠木です。






 


外宮(御炊宮-みけみや-)









 


湯布院のホテルに到着すると、

ロビーにクリスマスツリーが・・・



この日は、イヴでした^^






 


お部屋の窓からは

由布岳が正面に見えますが、

残念ながら、頭に雲を被っています。







湯布院の駅に、そろそろななつ星が来る頃だと教えられ、

急いで駅に行きました。






 


クルーズトレイン「ななつ星in九州」


2013年10月15日に運行を開始。

1人あたりの価格は1泊2日で15万円~40万円(車中泊)、

3泊4日で38万円~95万円(車中2泊・旅館1泊)






 


「ななつ星in九州」のエンブレム


予約の受け付け開始以来、

昨年の平均倍率は7.27倍だったそうです。

お金持ちの人達って、いっぱいいるんですね~






 


夕食は、ホテルの個室でのんびりと頂きました。

ありきたりのお料理でしたが、

ひとつだけ、この先付の中に・・・






 


少し前の秘密のケンミンSHOWで紹介された

大分県佐伯市 道の駅で売られているという

雪ん子寿司が入っていたんです^^



酢飯の上に、椎茸と、大葉、大根の薄切りが乗っていて、

さっぱりとして美味しかったですよ(^^)v



そういえば、湯布院は大分県なんですよね。」






 


由布岳は、夕食後も雲を被っていましたが、

その右横にある日向岳に夕日が当たり、

赤く輝いていました。



毎年、奈良の若草山の様に山焼きをするので、

木が生えていません。

もう、雪が積もっていました。



憧れの湯布院で、ゆっくりと温泉を楽しみ、

眠りに着きました。



***** つづく *****







由布院温泉 ゆふいん山水館






rose
 




いつも温かいコメントほんとうにありがとうございます。

みなさまのコメントを励みに、

ブログ更新を頑張っています(*^_^*)









東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック