2014_07
02
(Wed)05:00

「赤毛のアン」のプリンスエドワード島への旅 (Tuesday 6/24)その2



カナダ旅行で今回参加した  Fun!PEI  の火曜日のプログラムは、

今回の旅行のハイライト、 「赤毛のアン」のゆかりの地めぐり

前回のつづきをUPします。

画像が沢山あるので、2回に分けて更新しました。







モンゴメリーのお墓にお参りした後は、

ローリーが運転する車(ジープ)に乗って、パークコーナーまでドライブ。








時折、綺麗な景色の所で写真タイム♪








道路沿いには、至る所に、

野生のルピナスが咲き乱れています。








今度は、マシュウの馬車に乗ってドライブです。








勿論、私たちふたりの心はアンになっています^^









かがやく湖水 を馬車から見られて感無量!

これは、アンファンにしか分からないと思いますが・・・












モンゴメリーがよく利用したといわれている ケンジントン旧駅舎

現在は、廃線になっていて、

プリンスエドワード島には電車は走っていません。












グリーンゲイブルス博物館 の前でマシュウと。

モンゴメリーの別の著書「パットお嬢さん」に登場する、

「銀の森屋敷」はこの家がモデル。

モンゴメリーの叔母さんの家で、

彼女は、ここで結婚式を挙げました。








可愛いアンのお人形が沢山並んでいます。








グリーンゲイブルスに来る前のアンが、

この食器棚の鏡に写った自分の姿に、

「ケイティ・モーリス」と名付けてお友達として話していました。


私の「ケイティ・モーリス」は???

ちゃんと中にいてニコニコ笑っていました^^








上の画像の中の説明書きを拡大すると、

モンゴメリーは自叙伝の中で、

食器棚として使われていた本棚の扉のガラスに写った自分の姿に、

ケィティ・モーリスと名付けて友達になったと書かれています。

ご自分の体験談をアンと重ね合わせてのですね。








モンゴメリーとマクドナルドの結婚行進曲を奏でたオルガン








この青い箱には、何かのいわれがあるのですが、

ちょっと忘れてしまいました(^^ゞ

花嫁衣裳が入っていたのかな???












フレンチリバー

湖畔にはカラフルな家が並んでいます。












モンゴメリーの生家








1874年にモンゴメリーが生まれた家

現在は博物館になっていて、

モンゴメリーゆかりの品が展示されています。








モンゴメリーが使っていたオルガン

彼女は、キャベンディッシュの教会でオルガン奏者をしていたそうです。








立派なオーブンのある台所







生後まもなくの頃の部屋








それに、子供の頃の部屋と、

色んな部屋が復元されていて興味深い。












プリンスエドワード島には高い山がなく、








森と湖と草原で、もちろん周りは海・・・








それに肥沃な赤土が広がっています。








木漏れ日の下、赤土の路をそぞろ歩くのもいい気持ち♪








見上げると、木々の枝がアーチのように被さっています。

こんな素敵な所に来られた幸せを噛みしめながら・・・












夕食は、Old Glasgow Mill で








サーモン&付け合せにクスクス

とっても美味しかったです(*^^)v



**** つづく ****






東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします

何時もありがとうございます





スポンサーサイト

コメント

Re: オデットさんへ

> かわいいおうちにかわいい調度品
> 日本と違う文化だな~~~と、思いますね~~~
> アンのお人形、売ってたのかな?
> 1番小さいのでいくらだろう~~

あら~~
お人形のお値段は、買うつもりがなかったので見なかったわ(^^ゞ
アン関係のお店には、どこでも売られていたのですが・・・


2014/07/08 (Tue) 10:53 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: dreamroseさんへ

> こんにちは~
>
> コメントありがとうございます。
> 私も母がグループホームに入ったりして、何かと忙しくて
> コメントくださった方のところを訪問するのがやっとの状態です。
> お邪魔できなくてごめんなさい。

今までも、お母様のお世話によく行かれてたみたいだけど、
もう、それだけでは済まされなくなってきたのですね。
親の介護は、みんな通る道。
後悔の無いように、又無理の無いように、
お世話して差し上げて下さいね。

> プリンスエドワード島への旅はRillaさんの念願の旅ですよね。
> とても充実した内容で、アンの世界を堪能できましたね。

風景は素晴らしいし、空気は綺麗、
それに地元住民の心が温かでフレンドリーな人ばかり。
とってもいい所でしたよ。

今回のプランは、英語もお勉強できるので、
dreamroseさんにもお勧めです(*^^)v

2014/07/08 (Tue) 10:51 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: ロゼさんへ

> こんにちは^^
>
> やさしい国に迷いこんだような錯覚を覚えます。
>
> とても素敵なところですね。
>
> 小物一つにもストーリーがあるようだわ。
>
> リラさんがずっと訪ねたかったお気持ちがわかります^^
>
> 次も楽しみにしておりますね(*^_^*)

やっと一度行ってみたいという願いが叶えられた場所。
小物類を見ていると、「赤毛のアン」の中の、
いろんなストーリーが思い浮かびます。

多分、アンファンにしか分からない至福の時間でした^^


>
> 台風が近づいているようです
> 被害が出ないことを願うばかりです。

とても大きな台風のようですね。
東へ曲がらないで、直進してくれないかしら・・・
と思うのは、ちょっと自分勝手かな(^^ゞ


2014/07/08 (Tue) 10:46 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

かわいいおうちにかわいい調度品
日本と違う文化だな~~~と、思いますね~~~
アンのお人形、売ってたのかな?
1番小さいのでいくらだろう~~

2014/07/08 (Tue) 01:15 | odetto | 編集 | 返信

こんにちは~

コメントありがとうございます。
私も母がグループホームに入ったりして、何かと忙しくて
コメントくださった方のところを訪問するのがやっとの状態です。
お邪魔できなくてごめんなさい。
プリンスエドワード島への旅はRillaさんの念願の旅ですよね。
とても充実した内容で、アンの世界を堪能できましたね。

2014/07/07 (Mon) 18:01 | dreamrose | 編集 | 返信

童話の国みたいです^^

こんにちは^^

やさしい国に迷いこんだような錯覚を覚えます。

とても素敵なところですね。

小物一つにもストーリーがあるようだわ。

リラさんがずっと訪ねたかったお気持ちがわかります^^

次も楽しみにしておりますね(*^_^*)

台風が近づいているようです
被害が出ないことを願うばかりです。

2014/07/07 (Mon) 17:22 | ロゼ | 編集 | 返信

Re: えてがみっ子さんへ

> アンのお人形たちもかわいいですね~
> まるであの時代に生きているような
> タイムマシーンにのって行ったようです。
> 風景も美しくて
> 女の子はググっときますね。
> 次回も期待しています。

この日は、終日アンとモンゴメリーのゆかりの地を巡ったので、
なんだか昔、初めて「赤毛のアン」を読んだ中学生の頃に戻ったような気分で、
友人とふたり、キャーキャーいいながら楽しみました(*^^)v



2014/07/07 (Mon) 13:18 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

すてきでした~

アンのお人形たちもかわいいですね~
まるであの時代に生きているような
タイムマシーンにのって行ったようです。
風景も美しくて
女の子はググっときますね。
次回も期待しています。

2014/07/07 (Mon) 11:35 | えてがみっ子 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック