2014_07
02
(Wed)02:45

「赤毛のアン」のプリンスエドワード島への旅 (Friday 6/27)




今回は、  Fun!PEI  の 金曜日のプログラム を取りやめて、

フェリーに乗って ノバスコシア州 へ行きました。


と言うのは、一緒に行った Oさん がローリーに頼んで、

そこに住んでいるお友達に会う為に連れて行って頂く事になったからです。


後にも先にも一回きりのプリンスエドワード島。

私は、滞在中はずっと島の空気を楽しみたかったのですが、

ローリーの身体はひとつ。

やむなく一緒に行く事にしました。



キャベンディッシュから Woods Island のフェリーターミナル迄は、

結構時間がかかります。

その間、素晴らしい景色を楽しみながらのドライブ♪

フェリーの予約が11時で、少し時間があったので、

近くの灯台へ行きました。








Woods Island Lighthouse

1876年に建てられた、島で2番目に古い灯台です。








上まで上ると、灯台の光が目の当たりに・・・








私たちが乗るフェリーが、港に向かっています。








フェリーから見た Woods Island Lighthouse








フェリーが着いた所まで、 Oさん の友人ご夫妻が出迎えに来られたので、

そこでお別れして、彼女が再会を楽しんでいる間、

ローリーとふたりだけで時間を潰すことになりました。








小さな港町 ・ ピクトー

「ニュースコットランド発祥」の地だそうです。

以前ローリーが、何かの用事でこの町にいらした時、

何時か、もう一度来てみたいと思っていた所なんだとか・・・

彼女 もあまり知らない所らしいので、

ふたりで探検です♪








可愛い建物・・・お土産やさんでした。








Mrs. MacGregor's で遅めの昼食。

私は、ロブスターのサンドイッチとコーヒーを頼みました。

日本に帰ると、今度は何時食べられるか分からないロブスター。

もう一度、楽しませて頂きました。

勿論、と~~~っても美味しかったですよ(^^)v







食後はふたりで、当てもなく可愛い街を散策・・・





この重厚な建物はなんだろう???








教会です。

残念ながら扉が閉まっていては入れませんでした。








可愛いミニチュアの灯台がありました。

前の花壇は、未だ苗を植えたばかり・・・

綺麗に花が咲くのは、もう少し先のようです。








ここにも教会がありましたが、やはり扉が閉まっていました。








看板に 「THE CUSTOMS HOUSE & INN」 と書かれています。

ローリー曰く、「ここの宿泊料は高そう」

そうなの?

私には分かりませんが・・・









Northumberland Fisheries Museum









ローリー、 ここは何だったっけ???








青い海と空にカラフルな建物・・・

その向こうの建物は、 Hector Heritage Quay








Hector Heritage Quay


この中には、スコットランド人が初めてピクトーに入植した時の様子が、

いろいろと再現・展示されています。









ヘクター号がピクトーに入港したのが、1773年9月。









船内の様子が再現されています。








船長の執務室








建物の上から周りを見下ろしました。








静かな海・・・








このカラフルな建物は何かしら???








バルコニーに植えられているお花に、

つい目が行ってしまいます。








お花の向うに見える船は・・・








ヘクター号のレプリカ

中に入って見ると、ここでも大変だった様子が再現されていました。

より良い生活が出来ると信じて、

新天地を求めてやって来たんですね。







あっと言う間に時間が過ぎて、

Oさん を迎えに行く時間になりました。








4時15分発のフェリーに乗ってプリンスエドワード島へ・・・

片道1時間半かかります。

往復で3時間。

船に弱い ローリーがOさんの為 に、

ワザワザノバスコシア州まで連れて行って下さったのです。


彼女は、滞在中を通じて

どうしたら私たちが喜ぶかを、ずっと考えて下さっていました。

行く先々で彼女のお友達や知り合いに会い、

みんなに愛されているんだなって実感したものでした。








彼女は、フェリーの中で夕食を、と思っていたようですが、

お友達の家でご馳走になった Oさんは、お腹がいっぱいだとの事で取り止め。、

下船後、シャーロットタウンまで車で飛ばし、

夜のミュージカルに危機一髪で間に合いました。







ミュージカル・アン&ギルバート

アンが学校の先生になった時から婚約までの話ですが、

内容が、ちょっと変更されていたのが気になりました。


また、時々、観客がドッと笑います。

何かジョークを言ったのでしょうね。

でも、そういうのは私にはちょっと理解できない・・・

そういう時は、寂しいかな(^^ゞ








10時過ぎにシャーロットタウンのB&Bに着き、

長い1日は終わりました。

夕食を取る時間がなかったので、お腹がペコペコで・・・(苦笑)







東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします

何時もありがとうございます





スポンサーサイト

コメント

Re: ふーちろさんへ

> 今回の写真を見てると、ミニチュアのハウスを並べてるような感覚になりました。
> どれもカラフルだし、景色もすっきりとしてるしなのかな。
> 海がキラキラしてて気持ちがいいな~。
> 山に住んでるからこういう景色に魅かれます。

こういう風景を見ていると、
「海外へ来たんだな~」って実感します。
日本とは全然違いますものね。

>
> ミュージカル中にジョークを言われるとつらいですね。
> カナダの英語の発音は、イギリスっぽいですか、アメリカっぽいですか?
> アメリカ英語に慣れていると、イギリスの発音は聞き取りにくくて・・・

プリンスエドワード島は、イギリス英語が多かったように思います。
「often」を「オフティン」、「suicide」を「スイサイド」等とと発音していましたから・・・
イントネーションも、まさしくイギリス英語でした。
私は、アメリカ英語よりイギリス英語の方が、発音がクリアーなので
聞き取りやすいのですが、
現地の人達は訛りがあるので、聞き取るのが難しかったです。


> 前にオーストラリアで、ピザのテイクアウトを予約しに行ったときのこと。
> 「eight thirty(エイト サーティ)」に取に来ると言ったら、確認で(アイト サーティ)ですねと言われ
> 一瞬固まってしまいました(笑)
> いちいち「アイ」=「エイ」なのだと頭の中で変換しないとすぐにわからないもんでしたよ。

そうそう、オーストライアやニュージーランドは、
聞き取るのが難しいですよね。
フランスでも、Hを発音しないので、結構難しかったように思います。
「hundred」は「アンドレッド」なので、
代金を聞いた時、私も直ぐに理解できなかったときたありました(苦笑)

2014/07/13 (Sun) 10:18 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: オデットさんへ

> 町がとってもキレイですね。
> 建物もキレイ。
> キッチリした国らしいですね。
> ロブスター食べたいわ~~~

確かに綺麗で、又可愛い町でした。
でも、歩いている人は見かけなかったんですよ。
ローリーに、「みんなどこにいるんだろう?」って聞いたら、
「共稼ぎが多いので、今の時間は働いている」って言われました。
観光地でもないので、観光客も少なかったし・・・
ツアーでは、絶対に行かない所だと思いました。
おっしゃる通り、イギリス(スコットランド)の国風がまだ残っているようなところでしたよ。

2014/07/13 (Sun) 10:04 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: ロゼさんへ

> こんにちは
>
> 灯台可愛らしくて
> ミニチュアのおもちゃのようです。
> 建物もみんな可愛らしくて
> 心が開放されるようですね^^
>
> なによりも空の青さが見事です。

こういう景色を眺めていると、
「海外へ来たんだな~」って実感するんです。
プリンスエドワード島は、空気が綺麗なので、
空の色も違うのでしょうね。

最近の日本の空は、ちょっと変です。


>
> ロブスターのサンドイッチ私も食べたいわ^^

ロブスターのサンドイッチは、
ロブスターと何かのハーブをマヨネーズで和えたのを、
生野菜と一緒に薄いパンで巻いたロールサンドでした^^
美味しかったですよ。
カニカマを使って、家でも出来そうです(*^^)v

>
> 素敵な旅の風景に
> リラさんがカメラを構えていらっしゃるのが目に浮かぶようです。
>
> 私もこんなに綺麗な風景を撮ってみたいですよ(*^_^*)

もう、写真を撮りまくったので、
ブログに載せるのを選ぶのが、とても大変でした。

どれもこれも捨てがたく、
どうしても毎回沢山の画像を載せてしまいました(^^ゞ


2014/07/13 (Sun) 09:59 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

今回の写真を見てると、ミニチュアのハウスを並べてるような感覚になりました。
どれもカラフルだし、景色もすっきりとしてるしなのかな。
海がキラキラしてて気持ちがいいな~。
山に住んでるからこういう景色に魅かれます。

ミュージカル中にジョークを言われるとつらいですね。
カナダの英語の発音は、イギリスっぽいですか、アメリカっぽいですか?
アメリカ英語に慣れていると、イギリスの発音は聞き取りにくくて・・・
前にオーストラリアで、ピザのテイクアウトを予約しに行ったときのこと。
「eight thirty(エイト サーティ)」に取に来ると言ったら、確認で(アイト サーティ)ですねと言われ
一瞬固まってしまいました(笑)
いちいち「アイ」=「エイ」なのだと頭の中で変換しないとすぐにわからないもんでしたよ。

2014/07/12 (Sat) 16:48 | ふーちろ | 編集 | 返信

町がとってもキレイですね。
建物もキレイ。
キッチリした国らしいですね。
ロブスター食べたいわ~~~

2014/07/11 (Fri) 23:31 | odetto | 編集 | 返信

空が綺麗・・

こんにちは

灯台可愛らしくて
ミニチュアのおもちゃのようです。
建物もみんな可愛らしくて
心が開放されるようですね^^

なによりも空の青さが見事です。

ロブスターのサンドイッチ私も食べたいわ^^

素敵な旅の風景に
リラさんがカメラを構えていらっしゃるのが目に浮かぶようです。

私もこんなに綺麗な風景を撮ってみたいですよ(*^_^*)

2014/07/11 (Fri) 18:03 | ロゼ | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック