2014_09
11
(Thu)21:35

四国別格二十霊場参り 第4回(9/8~9)




朝夕涼しくなってきましたが、

日本各地で、今もなお豪雨被害が出ているようで、

一体どうなってるの?って心配なこの頃です。







今月の8~9日に、一泊二日で、

四国別格20ヶ寺のお遍路旅に行って来ました。








朝、観光バスを待っている時に空を見上けると、

もう秋の雲・・・

ず~っと雨の日が続いていたので、

お天気になってよかった~~~☆彡







今回のお参りは、淡路島からはとても遠い、

愛媛県の大洲市から始まります。



まず初めに、 内子町 内子街並み保存地区の散策 です♪








訪れた日は、仲秋の名月の日♪

約600mの町並みに、手作りの行灯が吊り下げられています。

夜になると明かりが灯り、さぞかし幻想的なんだろうな~って思いました。








浅黄色と白漆喰で塗りこめられた重厚な外壁の建物が、

ずらっと並んでいる保存地区が 観月会の会場








各家の前には、秋の草花が飾られていて素敵♪








こういうお店は、普段から出ているのでしょうか???








飾りつけや品物に郷愁を感じます。








竹細工のオジサンが、実演販売をされています。

「写真を撮ってもいいですか?」

「はい、どうぞ♪」・・・パチリ!








国指定重要文化財の豪商の家 本芳我家邸(右側)

かつて木蝋生産で財をなしていた豪商の家で、

随所に漆喰を使った鏝絵(こてえ)の懸魚(げぎょ)や鬼瓦などの意匠が見られます。








邸宅内は非公開ですが、庭園は見学可能でした。








昼食時間が迫っていたので、

ユックリと散策出来なかったのが心残り。

機会があれば、又訪れたいと思った街でした。








その後、内子で昼食^^

食前には、感謝の心で毎回みんなで唱えます。

一滴の水にも天地の恵みを感じ

一粒の米にも万人の苦労を思い

ありがたく頂きます。









第8番 十夜ヶ橋(とよがはし)
・・・ 愛媛県大洲市 ・・・







本 堂


昔、弘法大師が行脚のおり、この辺りにさしかかった時、

日が暮れてしまい、泊まるところもなく空腹のまま

小川に架けた土橋の下で野宿をされました。








大師堂


その折に、一夜限りとはいえ夜明けまでの時間が十夜の長さに感じられ

「行きなやむ 浮世の人を渡さずば 一夜も十夜の橋と思ほゆ」

と詠ったことから十夜ヶ橋と名がついたといわれています。








お寺の脇を流れる小川の下、

まさに弘法大師が野宿をされた場所にあるのがこの仏像。

ちなみにこの場所は全国で唯一野宿修行が許されている場所で、

ゴザの貸し出しの看板がありました。



お遍路が橋の上を通る時、杖をつかないという風習は、

この話からきているそうです。

「いつ、どこで、お大師様が橋の袂でお休みになられているか分からないので、

その眠りを妨げてはいけない」と考えての事です。







第7番 出石寺(しゅっせきじ)

・・・ 愛媛県喜多郡 ・・・








その昔、猟師作右衛門が、狩りに出て一匹の鹿を見つけ、

そのあとを追って山に登り鹿を射ようとすると、

突然全山が輝き、鳴り響き、鹿の姿が見えなくなりました。








本  堂


鹿の立っていた足下を見ると、岩が真二つに割れ、

千手観音菩薩・地蔵菩薩の像 が地中から湧き出して金色の光を放ったそうです。








大 師 堂


この奇瑞を目撃してから、

作右衛門は殺生を業とする生活を反省して仏道に入り、

自ら道教を名乗り、この仏像を本尊とし、出石寺 と命名したそうです。








800m以上も上がると、絶景です(*^^)v

遥か向うに、先ほどお参りした 十夜ヶ橋 辺りの集落が見えます。








ここは、瀬戸内海国立公園内の指定名勝地。

こちら側からは瀬戸内海が見えます♪







宿泊地の道後温泉へ・・・







夕食後に和太鼓のショーがありました。









松山水軍太鼓の演奏

昭和54年4月に松山市制90周年を記念して、

創作された松山の新しい郷土芸能。

その昔瀬戸内海で活躍した河野水軍の戦いのドラマを

和太鼓で表現し たものだそうで。す








かぶりつきで見たので、

太鼓の音が体中にズンズン響き、

とても迫力がありました。








夕食は、盛りだくさん♪

これを全部完食して、ちょっと苦しかった(苦笑)


前回道後道後に泊まった時は、

岩屋寺の帰り道に石段から足を踏み外し

足首の痛みの為に、折角温泉地に泊まったにも拘らず入浴を控えたのですが、

今回は、翌日のお参りに備えて、ゆっくりと楽しみました(*^^)v


***** つづく *****






道後温泉 ホテル椿館













東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします

何時もありがとうございます





スポンサーサイト

コメント

Re: ふーちろさんへ

> 唐辛子が暖簾のようになってますね。
> 下のさかさまになってるメロンが気になります。

ホントだ!
メロンの字が逆さまになってる・・・
でもお値段が普通に読めるので、
一体どうなっているんでしょうね。
面白い所に気が疲れましたね。
ふーちろさんって、観察力抜群ね(*^^)v

>
> 竹細工の手前のバッグが素敵だな。
> これはお高そうですね。

あれは、ホントに素敵で、私も欲しいな~って思ったのだけど、
確か2万円以上していたと思います。
勿論、買うのを諦めました。

>
> 十夜ヶ橋の本堂は駅舎かと思いました(^_^;)

カメラアングルが悪かったのかな?
ふーちろさんが言われるように、この写真では、お寺らしくなないですね。


2014/09/13 (Sat) 19:36 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: オデットさんへ

> たくさん回りましたね~~。
> お疲れ様。でも、おいしそうな物たっくさん食べて
> また、消化しなくちゃですね。
> 和太鼓っていいですよね。私もたたいてみたいな~~

そうなんです。
沢山廻れるのは嬉しいのだけど、
後でブログに載せる時に、こんがらがってきて
旅行記は毎回記録するのに苦労しています(苦笑)

ここの旅行会社は、毎回お食事の内容がいいので、
それも楽しみなんですが、
多分、ちょっと太ったと思いますよ。
(怖くて体重計に乗っていません)

和太鼓の演奏は、私も大好きです。
以前、東北旅行の時、ちょっと叩かせて下さったので、
今回もトライさせてくれないかな~って思ったのですが、
そういう事はありませんでした。

2014/09/13 (Sat) 19:30 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

唐辛子が暖簾のようになってますね。
下のさかさまになってるメロンが気になります。

竹細工の手前のバッグが素敵だな。
これはお高そうですね。

十夜ヶ橋の本堂は駅舎かと思いました(^_^;)

2014/09/13 (Sat) 17:50 | ふーちろ | 編集 | 返信

たくさん回りましたね~~。
お疲れ様。でも、おいしそうな物たっくさん食べて
また、消化しなくちゃですね。
和太鼓っていいですよね。私もたたいてみたいな~~

2014/09/12 (Fri) 00:39 | odetto | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック