2014_11
19
(Wed)19:36

教科書でもう1度学ぶ日本史 安土桃山時代 その1




昨日(11/18)、高野山へ四国88ヶ所のお礼参りに行って来ました。

今まで高野山へお参りする時は、上で1泊していたのですが、

今回は、お遍路のツアーだったので日帰り。


高野山は、淡路島からは遠い。

朝6時に家を出て、帰宅したのは午後9時頃でした。







高野山へ行く2日前の16日(日曜日)に、

日本史のお勉強で、又京都へ行って来ました。


最初に行ったところは、京都国立博物館の隣にある神社とお寺。

博物館では、未だ鳥獣戯画の展覧会をしているみたいで、

入場待ちの人達が長蛇の列を作っていました。




豊国(とよくに)神社
・・・ 京都市東山区大和大路通 ・・・

豊臣秀吉公が祀られています。

豊臣家滅亡後、徳川家により徹底的に破壊され、

廃社の憂き目を見ましたが、

民衆の間で太閤人気が根強く、

明治維新の頃に再興されたそうです。








大きな鳥居を潜り抜け・・・








銀杏の木が綺麗に黄葉しています♪

今回も、好いお天気 (*^^)v








唐 門(国宝)


伏見城の遺構で、西本願寺・大徳寺の唐門と合わせ、

国宝の三唐門 と呼ばれている内のひとつです。


総欅造りで、創建当時は彫刻などに金箔が施してあったと伝えられ、

形式や彫刻などに従来の規格にとらわれず、

自由奔放で豪華絢爛な気風は、

桃山建築そのものです。








両側には、 ひょうたん絵馬 が下がっています。








唐門正面にかかげられている「豊国大明神」の額は、

後陽成(ごようぜい)天皇のご真筆 で、

旧豊国社伝来の勅額です。


額の両側にある鶴は、左甚五郎作 と伝えられ、

「目無しの鶴」 と呼ばれています。

何故かというと、あまりにも見事な作なので、

目を入れると飛んでいってしまうかも・・・という事ですが。








唐門の向うに神殿が見えます。








境内で仰ぎ見ると、

木々の葉の彩が、青空に映えて美しい~~~☆彡








隣接されている 方広寺


秀吉が1586年に東大寺を真似て創建した方広寺。

創建時は、三十三間堂も含む巨大な敷地で、

奈良の大仏様よりも大きな木造大仏が安置された大仏殿がありましたが、

1596年の大地震で倒壊してしまいます。


その後、家康が豊臣家の財宝を使わせるために、

淀君、秀頼に秀吉の供養にと薦め、

銅製の大仏を再興させましたが、それも地震で倒壊。

現在は、多分創建当時の仏像は、こんなお姿であったろうと、

その十分の一の仏像が造られてお祀りされています。








国家安康の鐘


1614年に鋳造された鐘に、

救世の悲願を込めて銘文が刻印されました。








文中の、「国家安康 君臣豊楽」が故意に曲折して読み取られ、

徳川家への呪いを込めた文章であるとして、

豊臣氏討滅への口実に利用されたという有名な鐘です。








高さ 4.2m、 外形 2.8m、 厚さ 0.27m

そして、重さが82.7トンと、日本一の大きさです。

それが、この天井から吊さ下られているんですよ(@_@;)








豊国神社宝物殿の裏の方には、

ひっそりと五輪塔が立っています。


秀吉没後、東山の阿弥陀ヶ峰麓に

秀吉を「豊国大明神」として祀った「豊国社」が建立されました。 

秀吉公の人気は衰えず、沢山の人々がお参りしていたそうです。
 
けれども、豊臣家滅亡後、徳川幕府に破壊され、門を閉ざされたため、

京の人々は、この五輪塔に命日の日付だけを刻印して

代拝社としてお参りしていたそうです。 








もう一度、豊国神社の方へ戻ったら、

結婚式をしていました。


日本史のお勉強で回っていて、今までにも結婚式に遭遇したんですよ。

山の辺のみち 清明神社 へ行った時。

今回で3回目です(*^^)v

こういう幸せな時を共有できると、

こちらまで幸せな気分になりますよね^^



  





昼食は、 京都タワーホテル・タワーテラス でのバイキング。

こちらの様子は、以前にも書いたので、今回は省略します。








醍醐寺
・・・  京都市伏見区醍醐 ・・・

秀吉公の 「醍醐の花見」 で有名なお寺です。







 クリック! 拡大図 


先ずは、地図の左下にある

醍醐寺の 塔頭・三宝院








受付を入ると、みごとな松の寄せ植え(?)が目に飛び込んできます。








モミジの赤が、なんて素晴らしいんでしょう~~~☆彡








越天楽の雅な曲が聞えてきました。

奥で、何かあるのでしょうか・・・








ここから三宝院の中へ・・・

有名な醍醐の花見の時、

太閤秀吉のベースキャンプになった所です。


建造物の大半が重文に指定されていて、

中でも庭園全体を見渡せる表書院は

寝殿造りの様式を伝える桃山時代を代表する建造物で、

国宝に指定されています。


また、三宝院の庭園は、

秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら設計をした庭で、

いろんな要素を取り入れた盛りだくさんの庭。

桃山時代の華やかな雰囲気をかもし出しています。


残念ながら撮影禁止だったので、画像はありませんが(涙)








三宝院 唐門(国宝)

朝廷からの使者を迎える時だけ扉を開いたとされる勅使門です。

平成22年、約1年半をかけて、

往時の壮麗な姿に修復されました。

豪華で大胆な意匠は、桃山文化そのものです。








三宝院を出て 仁王門 へ・・・








仁王門を入ると、モミジの並木が続きます。

こちらの紅葉は未だのようです。








金 堂(国宝)

醍醐天皇により創建された建物。

当時は釈迦堂といわれていましたが、2度焼失。

現在の金堂は豊臣秀吉の命によって紀州の湯浅から移築が計画され、

秀頼の時代)に完成したものです。








五重塔(国宝)

醍醐天皇のご冥福を祈るために建てられました。

平安時代の建物で、京都府下では1番古い木造建築。








清瀧宮本殿

醍醐寺の総鎮守清瀧権現(せいりゅうごんげん)を祀る鎮守社。








4時を過ぎると、少し薄暗くなってきました。

着いた時には太陽の光を受けて鮮やかな色をしていた紅葉も、

帰る頃には色を落としていました。


日が短くなりましたね~~~








仁王門を出る頃には、

手前の方がシルエットになっていました。








駐車場へ行く道の両側は桜並木。

紅葉が落ち始めて、冬景色に変わろうとしていました。






東北大震災支援クリック募金.gif



お帰り際に1クリックをお願いします

何時もありがとうございます





スポンサーサイト

コメント

Re: ひらめさんへ

> Rillaさん
> こんばんは!
> 先日は大変お世話になりました(^O^)/

わっ! 早速ご訪問してくださったんですね。
コメント感謝です!

こちらこそ、いろいろとありがとうございました。

> さっそくブログをお気に入りに登録しましたよ~
> 私が聞きのがしている事や見のがしている事(多数)が見事に網羅されていて、大変有り難いです(^_^;)
> 次回、安土桃山2でもヨロシクお願い申し上げますm(_ _)m

いえいえ、元々歴史が大の苦手だったので、
先生の説明を聞いている時は「成る程」と思うのだけど、
ブログを書こうと思うと、殆ど忘れてしまっているんです(^^ゞ

結構いい加減に書いているので、
間違っていたらごめんなさいね。

次回の案内は未だのようだけど、
どちらの日を予定されていますが?

2014/11/21 (Fri) 22:34 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Rillaさん
こんばんは!
先日は大変お世話になりました(^O^)/
さっそくブログをお気に入りに登録しましたよ~
私が聞きのがしている事や見のがしている事(多数)が見事に網羅されていて、大変有り難いです(^_^;)
次回、安土桃山2でもヨロシクお願い申し上げますm(_ _)m

2014/11/21 (Fri) 20:05 | ひらめ | 編集 | 返信

Re: ふーちろさんへ

> 最近のお出かけはお天気に恵まれてますね♪
> 今月はブログの更新や訪問がなかなかできずにいたら
> リラさんのブログはめっちゃ更新されてて大変だー!
> 本当にリラさんはタフですね。
> 私はこの間当麻寺や橿原神宮へ行ってきました。
> 大して歩いたわけじゃないのに、整体へ行ったら足が張ってますねって言われました(^_^;)

実は、今月日帰りのバスツアーを、うっかり6つも申し込んでしまったんです。(夫は7つも)
後、3個残っています。

帰宅すると、日常の雑事やらお稽古ごとの合間に、
旅行記を書くのに時間を取られて、
なかなかブロ友さんへのご訪問&コメが出来なくて
申し訳なく思っています。

ふーちろさんも、4人の赤ん坊を抱えて大変でしょうね^^
お互い、無理のない様、マイペースで楽しみましょうね。

当麻寺と橿原神宮は、どちらも最近行きましたよ♪
懐かしいわ~~~☆彡

>
> 唐門をフレームに奥の神殿を望んでいる写真が素敵です。
> 絵心あるから写真の撮り方もアートなんですよね。
> リラさんは結婚式に遭遇、私は八坂神社での友人の結婚式に参加。
> まわりは観光客だらけでした。
> 外国の方は写真撮ってましたよ~。
> 私は関係ないけどドキドキしちゃいました(笑)

結婚式、私は撮る方だったのだけど、
ふーちろさんは撮られる方だったのね。
第三者でもドキドキするでしょうね^^


>
> 薄暗いけどモミジは赤々してますね。
> 太陽の下で見たらものすごいきれいなんだろうな~。

そうなんです。
お日さまに映えてとても素晴らしかったのよ。
講師の先生のお話を聞かなければならなかったので、
後で・・・と思っていたら、
ホンの半時間ぐらいで、薄暗くなっししまったんです(涙)


2014/11/21 (Fri) 19:21 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: ひまりさんへ

> 青空に黄色の銀杏がとっても綺麗~(*^^)v
> 絵ハガキにしたいくらいですね。
> お天気が良いとどの写真も絵になりますね。
> リラさん、撮り方がお上手だわ。

写真を撮る時に好天気だと、
青空が写真の出来栄えを助けてくれるんですよね。
曇り空や雨の時は、
何時も「青空だったらな~」って思いながら写しています。

>
> 神社で結婚式、今では珍しい光景ですね。
> 歴史のお勉強、
> 私も学生時代は苦手でしたが
> 年齢を重ねて大河ドラマを見てるうちに興味がわいてきてます。

神社での結婚式は、この日本史のお勉強で行った時、
これで3回巡り合ったんですよ。
こちらまで幸せな気分になりました(*^^)v

歴史は、私も大の苦手でした。
多分今も・・・(^^ゞ
講師の先生から説明を受けても、直ぐに忘れてしまいます(苦笑)
でも、今はお勉強をするのが楽しいんですよ^^


2014/11/21 (Fri) 19:11 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: えてがみっ子さんへ

> 学生時代は歴史が嫌いだった私は
> 今でも時代劇やドラマを見ても
> いまいち旦那と話が・・・
> こんな風に勉強しなおしすれば
> 少しは歴史が好きになりますね。

私も昔は歴史や地祇は大嫌いだったのですが、
旅行でいろんな所に行くと、
どうしてもその土地の歴史が知りたくなるし、
訪れた場所を辿って行くと、
地理も少しは分かるようになってきました。

でも、今回の様な日本史のお勉強では、
講師の先生からお聞きした時は「なるほど~」と思うのだけど、
こうやってブログに纏めていると、
殆ど忘れてしまっている事に気が付くんです(苦笑)
ここに書いてある事は、習った分のほんの一部なんですよ(^^ゞ

> 京都は何度でも行きたい場所
> 奈良はまだいったことがありません。
> 何度も見直して勉強させていただきます。

京都や奈良は、歴史が古い町なので、
興味深い事がいっぱいありますよ(^^)v


2014/11/21 (Fri) 19:05 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

最近のお出かけはお天気に恵まれてますね♪
今月はブログの更新や訪問がなかなかできずにいたら
リラさんのブログはめっちゃ更新されてて大変だー!
本当にリラさんはタフですね。
私はこの間当麻寺や橿原神宮へ行ってきました。
大して歩いたわけじゃないのに、整体へ行ったら足が張ってますねって言われました(^_^;)

唐門をフレームに奥の神殿を望んでいる写真が素敵です。
絵心あるから写真の撮り方もアートなんですよね。
リラさんは結婚式に遭遇、私は八坂神社での友人の結婚式に参加。
まわりは観光客だらけでした。
外国の方は写真撮ってましたよ~。
私は関係ないけどドキドキしちゃいました(笑)

薄暗いけどモミジは赤々してますね。
太陽の下で見たらものすごいきれいなんだろうな~。

2014/11/21 (Fri) 17:53 | ふーちろ | 編集 | 返信

おはようございます。

青空に黄色の銀杏がとっても綺麗~(*^^)v
絵ハガキにしたいくらいですね。
お天気が良いとどの写真も絵になりますね。
リラさん、撮り方がお上手だわ。

神社で結婚式、今では珍しい光景ですね。
歴史のお勉強、
私も学生時代は苦手でしたが
年齢を重ねて大河ドラマを見てるうちに興味がわいてきてます。

2014/11/21 (Fri) 09:14 | himari316 | 編集 | 返信

学生時代は歴史が嫌いだった私は
今でも時代劇やドラマを見ても
いまいち旦那と話が・・・
こんな風に勉強しなおしすれば
少しは歴史が好きになりますね。
京都は何度でも行きたい場所
奈良はまだいったことがありません。
何度も見直して勉強させていただきます。

2014/11/20 (Thu) 17:14 | えてがみっ子 | 編集 | 返信

Re: ROUGEさんへ

> 高野山で従姉妹への供養ありがとうございました。
> 無理なお願いをしてすみませんでした。
> 助かりました。

お従妹さんのお墓を探す時間がなくて残念でしたけれど、
きっと「千の風」になって、
高野山の上空にいらっしゃるんじゃないかと思い、
ずっとご冥福をお祈りしていました。


>
> 素敵な所ですね。
> いつか私も行ってみたいです。

何度行っても素敵な所で、新しい発見があります。
又何時か行きたいと思いました^^


2014/11/20 (Thu) 14:40 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: オデットさんへ

> 私も国立博物館にい行ったので、豊国神社行けばよかったな。
> 醍醐寺も行きたいの。
> 初めて行ったのは高校の時の修学旅行
> そのあと、両親と行きました。
> 今度は主人に見せてあげたくて・・・


京都は行きたい所がいっぱいあって、
ホントに素敵な所ですよね。
あの交通渋滞がなければ、もっといいのだけど・・・

国立博物館では、私たちとミアミスだったようですね。

2014/11/20 (Thu) 14:37 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

高野山で従姉妹への供養ありがとうございました。
無理なお願いをしてすみませんでした。
助かりました。

素敵な所ですね。
いつか私も行ってみたいです。

2014/11/20 (Thu) 14:23 | ROUGE | 編集 | 返信

私も国立博物館にい行ったので、豊国神社行けばよかったな。
醍醐寺も行きたいの。
初めて行ったのは高校の時の修学旅行
そのあと、両親と行きました。
今度は主人に見せてあげたくて・・・

2014/11/20 (Thu) 01:57 | odetto | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/20 09:16)
  • 京都市東山区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  • 2014.11.20 (Thu) 09:16 | ケノーベル エージェント