2015_04
30
(Thu)22:00

東京のSさんと姫路へ・・・No.1




先週の木曜日(4/23)に、東京のSさんが来宅。

翌日は、島内でまだ彼女にご案内していない所に行ってきました。

玉青館

日本南画家の第一人者の直原玉青(じきはらぎょくせい)画伯の

絵画をコレクションする現代南画の美術館です。








すもと アルファビア ミュージアム

大分前に閉鎖になってガッカリしていましたが、

淡路花博2015 花みどりフェア の期間中だけの復活です。








洲本城

展望台から大浜海岸を眺める風景は

洲本八景のひとつに数えられています。



  



翌々日(4/25)には、 姫路 に行きました♪







姫路城は、混んでいるので、

先ずはロープウェイに乗って 書寫山圓教寺

ロープウェイを降りてから近畿自然歩道の東坂を歩いていきます。

両側には西国33ヶ所の菩薩像が順に並んでいます。








仁王門








摩尼殿(まにでん)

京都の清水寺のような舞台になっています。








釘を1本も使っていない木の枠組みが美しい~~~☆彡








石段を上って構内へ・・・








Sさんは晴れ女♪

もう、初夏の陽気です。








太陽に輝いている新緑が目に沁みこみます。








ひとりの男性が、盥桶に向かってカメラを構えていたので、

何かしら?と思って、次に私も・・・








この軒先の枠組みが映っていたのです^^








樹齢 約700年の大きなスギの木 です。







 クリック! 拡大画像

コの字型に並ぶ 三つの堂 ( 向かって左から 常行堂、食堂、大講堂 )








食堂の2階から大講堂を見たところ

素晴らしい建築です♪








食堂の2階からみる新緑も美しい~~~☆彡








何の団体さんかしら?

私たちが建物を出た後で振り返ると、写経を始めていました。








姫路城主・本多家の墓所








木漏れ日の中、新緑を楽しみながらの散策。








ちょっとお腹が空いてきたのだけど、

食べてみたかった精進料理は、予約していないと ×

姫路駅まで戻って、玉子焼き(明石焼き)を頂きました。










白過ぎ城と悪評の高い白鷺城を眺めながら宿泊所へ・・・








和船でお堀巡りを楽しんでいます♪












今夜の宿泊所 ゲストハウス 縁楽堂


実は、姫路に泊まろうと決めたのは前日の夕方。

観光シーズンの土曜日ということもあって、

なかなか適当な宿泊所が見つかりません。

色々さがしていると、楽天のこちらのクチコミ が結構いいのです。

築100年の古民家をリフォームしたゲストハウス。

バックパッカー用の宿泊所のようです。

こういう所に泊まるのも面白いかも・・・

そう思って予約しました。








西洋オダマキが私たちを歓迎してくれているようです。


恐る恐る中に入っていきました。

オーナーさん 「前払いで一人3000円お願いします」

私達 「えっ!2人部屋6000円と書いてあったので、ひとり6000円だと思っていたわ」

オーナーさん 「モチロン、ひとり6000円いただけるのなら嬉しいです」

私達 「ゲストハウスに泊まるのは初めtなので様子が分からなくて・・・」

オーナーさん 「お二人を見て、こんな所に泊まってもいいのかな?って思いましたよ。」

ガァ~~~ン!

どうも、私たちは異分子だったようです(苦笑)








お部屋は、こんな感じ。

クチコミにも書かれていたように、

「親戚のおばあちゃんの家に泊まりに来た感じ」です。

(実際は、この写真よりも古びています)








オーナーさんに教えて頂いて、

近くのビュースポット・男山へ・・・

石段は、194段








あまりにも急な石段なので、

途中から回り道になる左の緩やかな方へ・・・








男山配水池公園からの眺め








正面から見た姫路城とは角度が違っていて、

こちらから見るお城も素晴らしいです♪

何よりも、前に障害物がないのがいい(^^)v








千姫天満宮

男山の中腹にあります。








鳥居の手前にはお手植えの牡丹が








ちょうど見ごろを迎えて








見事に咲いていました。








羽子板の絵馬

勿論合格祈願です。








幸運のかえる

三福かえる

宝かえる (金運 招福)

無事かえる (交通安全)

若かえる (健康 長寿)







夕食は、宿のオーナーさんに教えて頂いた

Spiceスエヒロ カフェへ行ったのですが、

前日、TVに出たとかで、売り切れ!

そこのオーナーさんのご紹介で、

ちかくのろあんへ・・・

家庭的な韓国料理のお店で、

とっても美味しかったのですが、

写真を撮るのを忘れていました(^^ゞ


ゲストハウスは、シャワーだけでお風呂がないので、

ろあんのママさんに教えて頂いた銭湯で疲れを癒し

就寝に着きました。



***** つづく *****






スポンサーサイト

コメント

Re: オデットさんへ

> わ~~~^けっこう冒険でしたね。
> そう言うところもおもしろいかも。
> 私、全然オッケーかも。
> 清潔ならどこでも。

結構清潔でしたよ(^^)v
でも、仕切りが襖だけなので、
起きている間は落ち着きませんでした(苦笑)
ああいう時は、談話室へ行って、
他の宿泊者とおしゃべりすると楽しいのでしょうね。
私たちは、疲れていたのでパスしましたが・・・

> お寺、見事ですね~~~行ってみたいな。
> でも、姫路城も行きたい。
> この間TVで、修復作業やってましたが、汚れるのを見越しての
> 今の白さなんだとか。
> 今、侘びサビとか言ってるい寺だって、かつてはキンキンマンマンだったのにね。

あの金色に輝く襖は理由があったみたいですよ。
夜、ローソクの光が反射して、
お部屋を明るくするためなんですって。
日本史シリーズのバスツアーの時、
講師の先生に教えて頂きました。


2015/05/02 (Sat) 19:37 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: えてがみっ子さんへ

> まるで自分が体験したような
> そんな気分です。
> 白いお城もここで見られてよかった~

ありがとうございます。
そう言っていただけたら、とても嬉しいです♪

>
> ゲストハウスだなんて
> お若いこと

ガスとハウスって、ご存じだったんですね。
私は、初めて聞きました。
ちょっと貴重な体験かも・・・(苦笑)

>
> カエルの言葉
> 覚えておこう

覚えられないので、写真に撮ってきました。


2015/05/02 (Sat) 19:33 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: スポンジボブさんへ

> 私も姫路城白すぎると思いました〜❤️
> 昨年帰った時に見たんですが、やっぱりそうなんですね。
> でもさすが白鷺城 綺麗ですよね。

3~4年すると、落ち着いた色になるらしいです。
屋根が白過ぎるのは今だけなので、
見る価値があるかもね^^



2015/05/02 (Sat) 19:30 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

わ~~~^けっこう冒険でしたね。
そう言うところもおもしろいかも。
私、全然オッケーかも。
清潔ならどこでも。
お寺、見事ですね~~~行ってみたいな。
でも、姫路城も行きたい。
この間TVで、修復作業やってましたが、汚れるのを見越しての
今の白さなんだとか。
今、侘びサビとか言ってるい寺だって、かつてはキンキンマンマンだったのにね。

2015/05/01 (Fri) 22:49 | odetto | 編集 | 返信

あ~楽しかった

まるで自分が体験したような
そんな気分です。
白いお城もここで見られてよかった~

ゲストハウスだなんて
お若いこと

カエルの言葉
覚えておこう

2015/05/01 (Fri) 22:32 | えてがみっ子 | 編集 | 返信

私も姫路城白すぎると思いました〜❤️
昨年帰った時に見たんですが、やっぱりそうなんですね。
でもさすが白鷺城 綺麗ですよね。

2015/05/01 (Fri) 21:40 | スポンジボブちゃん | 編集 | 返信

Re:rettomamaさんへ

> S さんの晴れ女も、イタリアの雨期には通用しませんでした。私も晴れ女だったけど。このホテル?いいわねえ。私も行ってみたかったです。今度S さんが来訪の折はお誘い頂けたら嬉しいんだけど・・・・

イタリアでは雨だったんですね。
次回、Sさんがいらした時は、お声をおかけしますね。


私たちが泊まったゲストハウスは、
外国の人たちもよく利用されるみたいですが、
プライバシーがあまりないのが難点かもね。
でも、rettomamaさんなら、外国の人たちとの交流を楽しまれた事でしょうね。
ご想像通り、私たちはちょっとめんどくさかったので、
お部屋から出ていきませんでしたが。


2015/05/01 (Fri) 21:24 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

Re: ROUGEさんへ

> Sさんが羨ましいです~
> 私もいつかリラさんにお会いしたいです~

私も、以前からROUGEさんにお逢いしたいって思っています。
もう少し近かったらいいのにね~
20年くらい前に習志野市に住んでいた時だったら
最寄りの駅が東船橋だったので、近かったのだけど・・・

>
> ゲストハウスは10代の頃、よく利用しました~
> 京都とかだと外国の方が多くて楽しかったです。
> でも他の人と襖一枚って事もあって
> ハラハラ・・・・
>
> また泊まりたいです(*^_^*)

外国の人たちとの交流も楽しいかな?って思って宿泊したのですが、
やはり、談話室とは襖一枚のお部屋だったで、
隣の部屋からの話し声(英語も交じっていましたが)で、
ちょっと落ち着きませんでした。
それに、疲れていたので、お話に加わる気力もなかったし・・・

2015/05/01 (Fri) 21:18 | ☆Rilla☆ | 編集 | 返信

晴れ女??

S さんの晴れ女も、イタリアの雨期には通用しませんでした。私も晴れ女だったけど。このホテル?いいわねえ。私も行ってみたかったです。今度S さんが来訪の折はお誘い頂けたら嬉しいんだけど・・・・

2015/05/01 (Fri) 18:03 | rettomama | 編集 | 返信

Sさんが羨ましいです~
私もいつかリラさんにお会いしたいです~

ゲストハウスは10代の頃、よく利用しました~
京都とかだと外国の方が多くて楽しかったです。
でも他の人と襖一枚って事もあって
ハラハラ・・・・

また泊まりたいです(*^_^*)

2015/05/01 (Fri) 10:27 | ROUGE | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック